4.2. プール

Ceph ゾーンは、一連の Ceph Storage クラスタープールにマッピングします。

手動で作成されたプールと 生成されたプール

Ceph Object Gateway のユーザーキーに書き込み機能が含まれる場合、ゲートウェイはプールを自動的に作成することができます。これは使い始めるのに便利です。ただし、Ceph Object Storage クラスターは、Ceph 設定ファイルで設定されない限り、placement グループのデフォルト値を使用します。また、Ceph はデフォルトの CRUSH 階層を使用します。これらの設定は、実稼働システムに適して いません

実稼働システムを設定するには、Red Hat Ceph Storage 4 の『実稼働環境での Ceph Object Gateway』を参照してください。ストレージ戦略は、『実稼働用 Ceph Object Gateway』「ストレージ戦略の開発」セクションを参照してください。

Ceph Object Gateway のデフォルトゾーンのデフォルトプールには以下が含まれます。

  • .rgw.root
  • .default.rgw.control
  • .default.rgw.meta
  • .default.rgw.log
  • .default.rgw.buckets.index
  • .default.rgw.buckets.data
  • .default.rgw.buckets.non-ec

Ceph Object Gateway はゾーンごとにプールを作成します。プールを手動で作成する場合は、ゾーン名の前に追加します。システムプールは、システム制御、ロギング、ユーザー情報などに関連するオブジェクトを保存します。通常、これらのプール名には、プール名の先頭にゾーン名が追加されます。

  • .<zone-name>.rgw.control: コントロールプール。
  • .<zone-name>.log: ログプールには、すべてのバケット/コンテナーのログおよび create、read、update、および delete などのオブジェクトアクションが含まれます。
  • .<zone-name>.rgw.buckets.index: このプールは、そのプールのインデックスを保存します。
  • .<zone-name>.rgw.buckets.data: このプールはバケットのデータを格納します。
  • .<zone-name>.rgw.meta: メタデータプールは user_keys およびその他の重要なメタデータを保存します。
  • .<zone-name>.meta:users.uid: ユーザー ID プールには、一意のユーザー ID のマップが含まれます。
  • .<zone-name>.meta:users.keys: keys プールには、各ユーザー ID のアクセスキーと秘密鍵が含まれます。
  • .<zone-name>.meta:users.email: email プールには、ユーザー ID に関連するメールアドレスが含まれます。
  • .<zone-name>.meta:users.swift: Swift プールには、ユーザー ID の Swift サブユーザー情報が含まれます。

Ceph Object Gateways は、配置プールにバケットインデックス (index_pool) およびバケットデータ (data_pool) のデータを保存します。これらが重複する可能性があります。つまり、インデックスとデータに同じプールを使用できます。デフォルト配置のインデックスプールは {zone-name}.rgw.buckets.index であり、デフォルト配置のデータプールのインデックスプールは {zone-name}.rgw.buckets です。

名前詳細デフォルト

rgw_zonegroup_root_pool

ゾーングループ固有の全情報を格納するプール。

文字列

.rgw.root

rgw_zone_root_pool

ゾーン固有の情報を保存するプール。

文字列

.rgw.root