第2章 Nagios Core のインストールと設定

ストレージ管理者は、Nagios Core ソースコードをダウンロードし、その後に Nagios Core インスタンスを実行するノードに設定、作成、およびインストールすることで、Nagios Core をインストールできます。

2.1. ソースからの Nagios Core サーバーのインストールおよび設定

Nagios Core ソフトウェアには Red Hat Enterprise Linux パッケージがないため、ソースから Nagios Core ソフトウェアをコンパイルする必要があります。

前提条件

  • OpenSSL へのアクセス。
  • インターネットアクセス。

手順

  1. 前提条件をインストールします。

    [user@nagios]# yum install -y httpd php php-cli gcc glibc glibc-common gd gd-devel net-snmp openssl openssl-devel wget unzip
  2. httpd でポート 80 を開きます。

    [user@nagios]# firewall-cmd --zone=public --add-port=80/tcp
    [user@nagios]# firewall-cmd --zone=public --add-port=80/tcp --permanent
  3. Nagios Core のユーザーおよびグループを作成します。

    [user@nagios]# useradd nagios
    [user@nagios]# passwd nagios
    [user@nagios]# groupadd nagcmd
    [user@nagios]# usermod -a -G nagcmd nagios
    [user@nagios]# usermod -a -G nagcmd apache
  4. 最新バージョンの Nagios Core およびプラグインをダウンロードします。

    [user@nagios]# wget --inet4-only https://assets.nagios.com/downloads/nagioscore/releases/nagios-4.3.1.tar.gz
    [user@nagios]# wget --inet4-only http://www.nagios-plugins.org/download/nagios-plugins-2.2.1.tar.gz
    [user@nagios]# tar zxf nagios-4.3.1.tar.gz
    [user@nagios]# tar zxf nagios-plugins-2.2.1.tar.gz
    [user@nagios]# cd nagios-4.3.1
  5. ./configure を実行します。

    [user@nagios]# ./configure --with-command-group=nagcmd
  6. Nagios Core ソースコードをコンパイルします。

    [user@nagios]# make all
  7. Nagios ソースコードをインストールします。

    [user@nagios]# make install
    [user@nagios]# make install-init
    [user@nagios]# make install-config
    [user@nagios]# make install-commandmode
    [user@nagios]# make install-webconf
  8. イベントハンドラーをコピーし、その所有権を変更します。

    [user@nagios]# cp -R contrib/eventhandlers/ /usr/local/nagios/libexec/
    [user@nagios]# chown -R nagios:nagios /usr/local/nagios/libexec/eventhandlers
  9. プレフライトチェックを実行します。

    [user@nagios]# /usr/local/nagios/bin/nagios -v /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg
  10. Nagios Core プラグインを作成してインストールします。

    [user@nagios]# cd ../nagios-plugins-2.2.1
    [user@nagios]# ./configure --with-nagios-user=nagios --with-nagios-group=nagios
    [user@nagios]# make
    [user@nagios]# make install
  11. Nagios Core ユーザーインターフェースのユーザーを作成します。

    [user@nagios]$ sudo htpasswd -c /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users nagiosadmin
    重要

    nagiosadmin 以外のユーザーを追加する場合は、/usr/local/nagios/etc/cgi.cfg ファイルにユーザー名も更新されていることを確認してください。

    必要に応じて、ユーザー名、氏名、およびメールアドレスで /usr/local/nagios/etc/objects/contacts.cfg ファイルも変更します。