第4章 Nagios Core サーバーでのリモートノードの設定

Nagios Core サーバーを設定して、リモートノードを認識させます。

前提条件

  • Nagios Core サーバー上のリモートノードへのユーザーレベルのアクセス。
  • インターネットアクセス。

手順

  1. check_nrpe プラグインをインストールします。

    [user@nagios]# cd ~
    [user@nagios]# wget https://github.com/NagiosEnterprises/nrpe/releases/download/nrpe-3.1.0/nrpe-3.1.0.tar.gz
    [user@nagios]# tar xvfz nrpe-3.1.0.tar.gz
    [user@nagios]# cd nrpe-3.1.0
    [user@nagios]# ./configure
    [user@nagios]# make check_nrpe
    [user@nagios]# make install-plugin
  2. リモートホストの設定を作成します。

    [user@nagios]# cd /usr/local/nagios/etc/objects
    [user@nagios]# cp localhost.cfg mon.cfg

    localhost を、リモートホストのホスト名に置き換え、ループバック IP アドレスを、リモートホストの IP アドレスに置き換えます。最後に、ホストグループの定義を削除またはコメントアウトします。

  3. ファイルの所有者を Nagios に変更します。

    [user@nagios]# chown nagios:nagios mon.cfg
  4. /usr/local/nagios/etc/nagios.cfgmon.cfg ファイルに cfg_file= 参照を追加します。

    [user@nagios]# vi /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

    cfg_file=/usr/local/nagios/etc/objects/mon.cfg

  5. Nagios サーバーを再起動します。

    [user@nagios]# systemctl restart nagios
  6. 作成およびインストール手順が機能し、Nagios Core サーバーと NRPE が含まれるリモートホストとの間に接続性があることを確認します。

    [user@nagios]# /usr/local/nagios/libexec/check_nrpe -H IP_ADDRESS_OF_REMOTE_HOST

    正しく機能している場合は、NRPE v3.1.0-rc1 が出力されるはずです。