Menu Close

3.6. Red Hat Ceph Storage のネットワーク設定の確認

すべての Red Hat Ceph Storage ノードにはパブリックネットワークが必要です。Ceph クライアントが Ceph monitor ノードおよび Ceph OSD ノードに到達できるパブリックネットワークにネットワークインターフェースカードが設定されている必要があります。

Ceph がパブリックネットワークとは別のネットワークでハートビート、ピアリング、レプリケーション、および復元を実行できるように、クラスターネットワーク用のネットワークインターフェイスカードがある場合があります。

ネットワークインターフェースを設定し、変更を永続化します。

重要

Red Hat では、パブリックネットワークとプライベートネットワークの両方に単一のネットワークインターフェースカードを使用することは推奨していません。

前提条件

  • ネットワークに接続されたネットワークインターフェースカード。

手順

ストレージクラスター内のすべての Red Hat Ceph Storage ノードで、root ユーザーとして以下の手順を実施します。

  1. 以下の設定が、公開されているネットワークインターフェースカードに対応する /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* ファイルにあることを確認します。

    1. 静的 IP アドレスについて BOOTPROTO パラメーターは none に設定されます。
    2. ONBOOT パラメーターは yes に設定する必要があります。

      これが no に設定されていると、Ceph ストレージクラスターがリブート時にピアに機能しなくなる可能性があります。

    3. IPv6 アドレス指定を使用する場合には、IPV6_FAILURE_FATAL パラメーターを除き、IPV6INIT などの IPV6 パラメーターを yes に設定する必要があります。

      また、Ceph 設定ファイル /etc/ceph/ceph.conf を編集して Ceph に IPv6 を使用するように指示します。指定しないと、Ceph は IPv4 を使用します。

関連情報

  • Red Hat Enterprise Linux 8 用のネットワークインターフェーススクリプトの設定の詳細は、Red Hat Enterprise Linux 8 の 『ネットワークの設定および管理』「ifcfg ファイルで IP ネットワークの設定」を参照してください。
  • ネットワーク設定の詳細については、Red Hat Ceph Storage4 の 設定ガイドCeph ネットワーク設定 のセクションを参照してください。

要件のチェックリストに戻ります