Menu Close

付録B コマンドラインインターフェースを使用した Ceph ソフトウェアのインストール

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage ソフトウェアのさまざまなコンポーネントを手動でインストールすることを選択できます。

B.1. Ceph コマンドラインインターフェースのインストール

Ceph コマンドラインインターフェース (CLI) により、管理者は Ceph 管理コマンドを実行できます。CLI は ceph-common パッケージにより提供され、以下のユーティリティーが含まれます。

  • ceph
  • ceph-authtool
  • ceph-dencoder
  • rados

前提条件

  • 稼働中の Ceph ストレージクラスター (active + clean の状態が望ましい)。

手順

  1. クライアントノードで、Red Hat Ceph Storage 4 Tools リポジトリーを有効にします。

    [root@gateway ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
  2. クライアントノードで、ceph-common パッケージをインストールします。

    # yum install ceph-common
  3. 最初の監視ノードから、Ceph 設定ファイル (ここでは ceph.conf) と管理キーリングをクライアントノードにコピーします。

    構文

    # scp /etc/ceph/ceph.conf <user_name>@<client_host_name>:/etc/ceph/
    # scp /etc/ceph/ceph.client.admin.keyring <user_name>@<client_host_name:/etc/ceph/

    # scp /etc/ceph/ceph.conf root@node1:/etc/ceph/
    # scp /etc/ceph/ceph.client.admin.keyring root@node1:/etc/ceph/

    <client_host_name> を、クライアントノードのホスト名に置き換えてください。