Menu Close

3.2. Red Hat Ceph Storage のインストールに関する要件チェックリスト

タスク必須セクション推奨事項

オペレーティングシステムのバージョンの確認

はい

「Red Hat Ceph Storage のオペレーティングシステム要件」

 

Ceph ノードの登録

はい

「Red Hat Ceph Storage ノードの CDN への登録およびサブスクリプションの割り当て」

 

Ceph ソフトウェアリポジトリーの有効化

はい

「Red Hat Ceph Storage リポジトリーの有効化」

 

OSD ノードでの RAID コントローラーの使用

いいえ

「OSD ノードで RAID コントローラーを使用する際の考慮事項」

RAID コントローラーでライトバックキャッシュを有効にすると、OSD ノードの小規模な I/O 書き込みスループットが増大する場合があります。

ネットワークの設定

はい

「Red Hat Ceph Storage のネットワーク設定の確認」

少なくとも、パブリックネットワークが必要です。ただし、クラスター通信用のプライベートネットワークが推奨されます。

ファイアウォールの設定

いいえ

「Red Hat Ceph Storage のファイアウォールの設定」

ファイアウォールは、ネットワークの信頼レベルを大きくすることができます。

Ansible ユーザーの作成

はい

sudo アクセスのある Ansible ユーザーの作成」

すべての Ceph ノードで Ansible ユーザーを作成する必要があります。

パスワードを使用しない SSH の有効化

はい

「Ansible のパスワードなし SSH の有効化」

Ansible で必須。

注記

デフォルトでは、ceph-ansible は、NTP/chronyd を要件としてインストールします。NTP/chronyd がカスタマイズされている場合は、「Red Hat Ceph Storage の手動インストール」セクションの「Red Hat Ceph Storage のネットワークタイムプロトコルの設定」を参照して、Ceph で正しく機能するように NTP/chronyd を構成する方法を理解してください。