Menu Close

3.4. Red Hat Ceph Storage ノードの CDN への登録およびサブスクリプションの割り当て

各 Red Hat Ceph Storage ノードをコンテンツ配信ネットワーク (CDN) に登録し、ノードがソフトウェアリポジトリーにアクセスできるように適切なサブスクリプションを割り当てます。各 Red Hat Ceph Storage ノードは、完全な Red Hat Enterprise Linux 8 ベースコンテンツおよび extras リポジトリーコンテンツにアクセスできる必要があります。特に記述がない限り、ストレージクラスター内のベアメタルおよびコンテナーノードで以下の手順を実行します。

注記

インストール時にインターネットにアクセスできないベアメタルの Red Hat Ceph Storage ノードの場合は、Red Hat Satellite サーバーを使用してソフトウェアコンテンツを提供します。ローカルの Red Hat Enterprise Linux 8 Server ISO イメージをマウントし、Red Hat Ceph Storage ノードを ISO イメージに指定します。詳細は、Red Hat サポート にお問い合わせください。

Red Hat Satellite サーバーに Ceph ノードの登録に関する詳細は、Red Hat カスタマーポータルの記事「How to Register Ceph with Satellite 6」および「How to Register Ceph with Satellite 5」を参照してください。

前提条件

  • 有効な Red Hat サブスクリプション
  • Red Hat Ceph Storage ノードはインターネットに接続できるようにする必要があります。
  • Red Hat Ceph Storage ノードへの root レベルのアクセス。

手順

  1. コンテナー デプロイメントの場合には、Red Hat Ceph Storage ノードがデプロイ中にインターネットにアクセス できない 場合に限ります。最初に、インターネットアクセスのあるノードで、以下の手順を実行する必要があります。

    1. ローカルのコンテナーレジストリーを起動します。

      Red Hat Enterprise Linux 7

      # docker run -d -p 5000:5000 --restart=always --name registry registry:2

      Red Hat Enterprise Linux 8

      # podman run -d -p 5000:5000 --restart=always --name registry registry:2

    2. registry.redhat.io がコンテナーレジストリーの検索パスにあることを確認します。

      編集するために、/etc/containers/registries.conf ファイルを開きます。

      [registries.search]
      registries = [ 'registry.access.redhat.com', 'registry.fedoraproject.org', 'registry.centos.org', 'docker.io']

      registry.redhat.io がファイルに含まれていない場合は、これを追加します。

      [registries.search]
      registries = ['registry.redhat.io', 'registry.access.redhat.com', 'registry.fedoraproject.org', 'registry.centos.org', 'docker.io']
    3. Red Hat カスタマーポータルから Red Hat Ceph Storage 4 イメージ、Prometheus イメージ、およびダッシュボードイメージをプルします。

      Red Hat Enterprise Linux 7

      # docker pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-rhel8:latest
      # docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
      # docker pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8:latest
      # docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6
      # docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6

      Red Hat Enterprise Linux 8

      # podman pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-rhel8:latest
      # podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
      # podman pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8:latest
      # podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6
      # podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6

      注記

      Red Hat Enterprise Linux 7 および 8 はいずれも、Red Hat Enterprise Linux 8 をベースとした同じコンテナーイメージを使用します。

    4. イメージにタグを付けます。

      Prometheus のイメージタグのバージョンは、Red Hat Ceph Storage 4.2 の場合は v4.6 です。

      Red Hat Enterprise Linux 7

       # docker tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-rhel8:latest
       # docker tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
       # docker tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8:latest
       # docker tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
       # docker tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

      置き換え
      • LOCAL_NODE_FQDN を、ローカルホストの FQDN に置き換えます。

      Red Hat Enterprise Linux 8

       # podman tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-rhel8:latest
       # podman tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
       # podman tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8:latest
       # podman tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
       # podman tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

      置き換え
      • LOCAL_NODE_FQDN を、ローカルホストの FQDN に置き換えます。
    5. etc/containers/registries.conf ファイルを編集し、ファイルに、ノードの FQDN とポートを追加し、保存します。

      [registries.insecure]
      registries = ['LOCAL_NODE_FQDN:5000']
      注記

      この手順は、ローカルの Docker レジストリーにアクセスするすべてのストレージクラスターノードで行う必要があります。

    6. イメージを、起動したローカルの Docker レジストリーにプッシュします。

      Red Hat Enterprise Linux 7

       # docker push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-rhel8
       # docker push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
       # docker push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8
       # docker push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
       # docker push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

      置き換え
      • LOCAL_NODE_FQDN を、ローカルホストの FQDN に置き換えます。

      Red Hat Enterprise Linux 8

       # podman push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-rhel8
       # podman push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
       # podman push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-4-dashboard-rhel8
       # podman push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
       # podman push --remove-signatures LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

      置き換え
      • LOCAL_NODE_FQDN を、ローカルホストの FQDN に置き換えます。
    7. Red Hat Enterprise Linux 7 では、docker サービスを再起動します。

      # systemctl restart docker
      注記

      デプロイメント中に RedHat Ceph Storage ノードがインターネットにアクセスできない場合の all.yml ファイルの例は、「Red Hat Ceph Storage クラスターのインストール」インストールを参照してください。

  2. すべてのデプロイメントで、ベアメタル または コンテナー の場合:

    1. ノードを登録します。プロンプトが表示されたら、適切な Red Hat カスタマーポータルの認証情報を入力します。

      # subscription-manager register
    2. CDN から最新のサブスクリプションデータをプルします。

      # subscription-manager refresh
    3. Red Hat Ceph Storage で利用可能なサブスクリプションの一覧を表示します。

      # subscription-manager list --available --all --matches="*Ceph*"

      Red Hat Ceph Storage の利用可能なサブスクリプションのリストから Pool ID をコピーします。

    4. サブスクリプションを割り当てます。

      # subscription-manager attach --pool=POOL_ID
      置き換え
      • POOL_ID を、直前の手順で特定したプール ID に置き換えます。
    5. デフォルトのソフトウェアリポジトリーを無効にし、各バージョンの Red Hat Enterprise Linux でサーバーおよび追加のリポジトリーを有効にします。

      Red Hat Enterprise Linux 7

      # subscription-manager repos --disable=*
      # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms
      # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-extras-rpms

      Red Hat Enterprise Linux 8

      # subscription-manager repos --disable=*
      # subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
      # subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

  3. システムを更新して、最新のパッケージを受け取ります。

    1. Red Hat Enterprise Linux 7 の場合:

      # yum update
    2. Red Hat Enterprise Linux 8 の場合:

      # dnf update

関連情報

要件のチェックリストに戻ります