Menu Close

付録D Ceph のデフォルト設定の上書き

Ansible 設定ファイルに特に指定しない限り、Ceph はデフォルト設定を使用します。

Ansible は Ceph 設定ファイルを管理するため、/usr/share/ceph-ansible/group_vars/all.yml ファイルを編集して Ceph の設定を変更します。ceph_conf_overrides の設定を使用して、デフォルトの Ceph 設定を上書きします。

Ansible は、Ceph 設定ファイル ([global][mon][osd][mds][rgw] など) と同じセクションをサポートします。特定の Ceph Object Gateway インスタンスなどの特定のインスタンスをオーバーライドすることもできます。以下に例を示します。

###################
# CONFIG OVERRIDE #
###################

ceph_conf_overrides:
   client.rgw.server601.rgw1:
      rgw_enable_ops_log: true
      log_file: /var/log/ceph/ceph-rgw-rgw1.log
注記

変数は、ceph_conf_overrides 設定のキーとして使用しないでください。特定の設定値をオーバーライドするセクションに、ホストの絶対ラベルを渡す必要があります。

注記

Ansible には、Ceph 設定ファイルの特定セクションを参照する際に中かっこが含まれません。セクション名および設定名はコロンで終了します。

重要

CONFIG OVERRIDE セクションの cluster_network パラメーターを使用してクラスターネットワークを設定しないでください。競合する 2 つのクラスターネットワークが Ceph 設定ファイルに設定されている可能性があるためです。

クラスターネットワークを設定するには、CEPH CONFIGURATION セクションで cluster_network パラメーターを使用します。詳細は、『Red Hat Ceph Storage インストールガイド』「Red Hat Ceph Storage クラスターのインストール」を参照してください。