Menu Close

8.2. Ceph Monitor ノードとそのオペレーティングシステムを手動でアップグレード

システム管理者は、Red Hat Ceph Storage クラスターノードおよび Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステム上の Ceph Monitor ソフトウェアを、同時に新しいメジャーリリースに手動でアップグレードできます。

重要

一度に 1 つのモニターノードのみで手順を実施します。クラスターアクセスの問題を防ぐために、次のノードに進む に、現在のアップグレードされた Monitor ノードが通常の操作に返されていることを確認してください。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • 各ノード で Red Hat Enterprise Linux 7.9 を使用している。
  • ノードは Red Hat Ceph Storage バージョン 3.3z6 または 4.1 を使用している。
  • Red Hat Enterprise Linux 8.3 のインストールソースにアクセスできる。

手順

  1. monitor サービスを停止します。

    構文

    systemctl stop ceph-mon@MONITOR_ID

    MONITOR_ID を Monitor の ID 番号に置き換えます。

  2. Red Hat Ceph Storage 3 を使用している場合は、Red Hat Ceph Storage 3 リポジトリーを無効にします。

    1. tools リポジトリーを無効にします。

      [root@mon ~]# subscription-manager repos --disable=rhel-7-server-rhceph-3-tools-rpms
    2. mon リポジトリーを無効にします。

      [root@mon ~]# subscription-manager repos --disable=rhel-7-server-rhceph-3-mon-rpms
  3. Red Hat Ceph Storage 4 を使用している場合は、Red Hat Ceph Storage 4 リポジトリーを無効にします。

    1. tools リポジトリーを無効にします。

      [root@mon ~]# subscription-manager repos --disable=rhel-7-server-rhceph-4-tools-rpms
    2. mon リポジトリーを無効にします。

      [root@mon ~]# subscription-manager repos --disable= rhel-7-server-rhceph-4-mon-rpms
  4. leapp ユーティリティーをインストールします。『Red Hat Enterprise Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 8 へのアップグレード』を参照してください。
  5. leapp のアップグレード前チェックを実行します。「コマンドラインからのアップグレード可能性の評価」を参照してください。
  6. /etc/ssh/sshd_configPermitRootLogin yes を設定します。
  7. OpenSSH SSH デーモンを再起動します。

    [root@mon ~]# systemctl restart sshd.service
  8. Linux カーネルから iSCSI モジュールを削除します。

    [root@mon ~]# modprobe -r iscsi
  9. 『RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレードの実行』に従って、アップグレードを実行します。
  10. ノードを再起動します。
  11. Red Hat Enterprise Linux 8 用の Red Hat Ceph Storage 4 用のリポジトリーを有効にします。

    1. tools リポジトリーを有効にします。

      [root@mon ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
    2. mon リポジトリーを有効にします。

      [root@mon ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-mon-for-rhel-8-x86_64-rpms
  12. ceph-mon パッケージをインストールします。

    [root@mon ~]# dnf install ceph-mon
  13. マネージャーサービスが monitor サービスと同じ場所にある場合は、ceph-mgr パッケージをインストールします。

    [root@mon ~]# dnf install ceph-mgr
  14. アップグレードされていない、またはそれらのファイルをすでに復元しているノードから、ceph-client-admin.keyring ファイルおよび ceph.conf ファイルを復元します。
  15. Red Hat Ceph Storage 3 から Red Hat Ceph Storage 4 にアップグレードした後、すべてのデーモンが更新されたら、以下のステップを実行します。

    1. Specify v2 プロトコル msgr2 を有効にします。

      ceph mon enable-msgr2

      これにより、古いデフォルトポート 6789 にバインドされるすべての Ceph Monitor が新しいポート 3300 にバインドされるように指示します。

      重要

      さらに Ceph Monitor 設定を実行する前に、すべての Ceph Monitor が Red Hat Ceph Storage 3 から Red Hat Ceph Storage 4 にアップグレードされていることを確認してください。

    2. monitor のステータスを確認します。

      ceph mon dump
      注記

      nautilus OSD を実行しても、v2 アドレスに自動的にバインドされません。再起動する必要があります。

  16. Red Hat Ceph Storage 3 から Red Hat Ceph Storage 4 にアップグレードされたホストごとに、ceph.conf ファイルを更新して、モニターポートを指定しないか、v2 と v1 の両方のアドレスとポートを参照します。ceph.conf ファイルの設定オプションをストレージクラスターの設定データベースにインポートします。

    [root@mon ~]# ceph config assimilate-conf -i /etc/ceph/ceph.conf

    1. ストレージクラスターの設定データベースを確認してください。

      [root@mon ~]# ceph config dump

    2. オプション: Red Hat Ceph Storage 4 にアップグレードした後、ホストごとに最小限の ceph.conf ファイルを作成します。

      [root@mon ~]# ceph config generate-minimal-conf > /etc/ceph/ceph.conf.new
      [root@mon ~]# mv /etc/ceph/ceph.conf.new /etc/ceph/ceph.conf

  17. leveldb パッケージをインストールします。

    [root@mon ~]# dnf install leveldb
  18. monitor サービスを起動します。

    [root@mon ~]# systemctl start ceph-mon.target
  19. マネージャーサービスが monitor サービスと同じ場所にある場合は、マネージャーサービスも起動します。

    [root@mon ~]# systemctl start ceph-mgr.target
  20. モニターサービスが復旧し、クォーラムになっていることを確認します。

    [root@mon ~]# ceph -s

    services:mon: 行で、ノードが 定足数 の外ではなく 定足数 内に一覧表示されていることを確認します。

    mon: 3 daemons, quorum ceph4-mon,ceph4-mon2,ceph4-mon3 (age 2h)

  21. マネージャーサービスが monitor サービスと同じ場所にある場合は、それも稼働していることを確認します。

    [root@mon ~]# ceph -s

    services の下にある mgr: 行でマネージャーのノード名を検索します。

    mgr: ceph4-mon(active, since 2h), standbys: ceph4-mon3, ceph4-mon2

  22. すべてのアップグレードが完了するまで、すべての監視ノードで上記の手順を繰り返します。