Menu Close

8.6. Ceph Ansible ノードの手動でのアップグレードと再設定

Red Hat Ceph Storage クラスターノードおよび Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステム上の Ceph Ansible ソフトウェアを、同時に新しいメジャーリリースに手動でアップグレードできます。この手順は、指定しない限り、ベアメタルおよびコンテナーのデプロイメントの両方に適用されます。

重要

Ceph Ansible ノードの hostOS をアップグレードする前に、group_varshosts ファイルのバックアップを取ります。Ceph Ansibleノードを再設定する前に、作成したバックアップを使用します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードで Red Hat Enterprise Linux 7.9 を実行している。
  • ノードが Red Hat Ceph Storageバージョン 3.3z6 または 4.1 を実行している。
  • Red Hat Enterprise Linux 8.3 のインストールソースにアクセスできる。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux 8 用の Red Hat Ceph Storage 4 用のツールリポジトリーを有効にします。

    [root@dashboard ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
  2. Ansible リポジトリーを有効にします。

    [root@dashboard ~]# subscription-manager repos --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
  3. ceph-ansible を設定して、ストレージクラスターを管理します。ダッシュボードがインストールされます。「Ansible を使用した Red Hat Ceph Storage のインストール」 (前提条件を含む) の手順に従ってください。
  4. 上記の手順の一部として ansible-playbook site.yml を実行すると、ダッシュボードの URL が出力されます。URL の場所とダッシュボードへのアクセスに関する詳細は、『ダッシュボード』「Ansible を使用したダッシュボードのインストール」を参照してください。