Menu Close

B.5. Ceph Object Gateway の手動インストール

Ceph オブジェクトゲートウェイは RADOS ゲートウェイとしても知られている librados API 上に構築されたオブジェクトストレージインターフェースで、RESTful ゲートウェイを Ceph ストレージクラスターに提供します。

前提条件

手順

  1. Red Hat Ceph Storage 4 Tools リポジトリーを有効にします。

    [root@gateway ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-debug-rpms
  2. Object Gateway ノードで、ceph-radosgw パッケージをインストールします。

    # yum install ceph-radosgw
  3. 初期モニターノードで、以下の手順を実施します。

    1. 以下のように Ceph 設定ファイルを更新します。

      [client.rgw.<obj_gw_hostname>]
      host = <obj_gw_hostname>
      rgw frontends = "civetweb port=80"
      rgw dns name = <obj_gw_hostname>.example.com

      ここで、<obj_gw_hostname> はゲートウェイノードの短縮ホスト名です。短縮ホスト名を表示するには、hostname -s コマンドを使用します。

    2. 更新された設定ファイルを新しい Object Gateway ノードおよび Ceph Storage クラスターのその他のノードにコピーします。

      構文

      # scp /etc/ceph/ceph.conf <user_name>@<target_host_name>:/etc/ceph

      # scp /etc/ceph/ceph.conf root@node1:/etc/ceph/

    3. ceph.client.admin.keyring ファイルを新しい Object Gateway ノードにコピーします。

      構文

      # scp /etc/ceph/ceph.client.admin.keyring <user_name>@<target_host_name>:/etc/ceph/

      # scp /etc/ceph/ceph.client.admin.keyring root@node1:/etc/ceph/

  4. Object Gateway ノードで、データディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /var/lib/ceph/radosgw/ceph-rgw.`hostname -s`
  5. Object Gateway ノードで、ユーザーとキーリングを追加して、オブジェクトゲートウェイをブートストラップします。

    構文

    # ceph auth get-or-create client.rgw.`hostname -s` osd 'allow rwx' mon 'allow rw' -o /var/lib/ceph/radosgw/ceph-rgw.`hostname -s`/keyring

    # ceph auth get-or-create client.rgw.`hostname -s` osd 'allow rwx' mon 'allow rw' -o /var/lib/ceph/radosgw/ceph-rgw.`hostname -s`/keyring

    重要

    ゲートウェイキーの機能を提供する場合は、読み取り機能を指定する必要があります。ただし、Monitor 書き込み機能を提供することはオプションです。指定した場合、Ceph Object Gateway はプールを自動的に作成できます。

    このような場合は、プール内の配置グループの数に適切な数を指定してください。そうでない場合には、ゲートウェイはデフォルトの番号を使用しますが、これはニーズに適しているとは 限りません。詳細は、「Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator」を参照してください。

  6. Object Gateway ノードで、done ファイルを作成します。

    # touch /var/lib/ceph/radosgw/ceph-rgw.`hostname -s`/done
  7. Object Gateway ノードで、所有者およびグループのパーミッションを変更します。

    # chown -R ceph:ceph /var/lib/ceph/radosgw
    # chown -R ceph:ceph /var/log/ceph
    # chown -R ceph:ceph /var/run/ceph
    # chown -R ceph:ceph /etc/ceph
  8. Object Gateway ノードで、TCP ポート 8080 を開きます。

    # firewall-cmd --zone=public --add-port=8080/tcp
    # firewall-cmd --zone=public --add-port=8080/tcp --permanent
  9. Object Gateway ノードで、ceph-radosgw プロセスを開始して有効にします。

    構文

    # systemctl enable ceph-radosgw.target
    # systemctl enable ceph-radosgw@rgw.<rgw_hostname>
    # systemctl start ceph-radosgw@rgw.<rgw_hostname>

    # systemctl enable ceph-radosgw.target
    # systemctl enable ceph-radosgw@rgw.node1
    # systemctl start ceph-radosgw@rgw.node1

インストールが完了すると、書き込み機能が Monitor に設定されると、Ceph Object Gateway はプールを自動的に作成します。プールの手動作成に関する詳細は、『ストラテジー戦略ガイド』の「プール」の章を参照してください。

関連情報