Menu Close

3.5. Red Hat Ceph Storage リポジトリーの有効化

Red Hat Ceph Storage をインストールする前に、インストール方法を選択する必要があります。Red Hat Ceph Storage では、以下の 2 つのインストール方法がサポートされます。

  • コンテンツ配信ネットワーク (CDN)

    インターネットに直接接続可能な Ceph ノードを持つ Ceph Storage クラスターの場合は、Red Hat Subscription Manager を使用して必要な Ceph リポジトリーを有効にします。

  • ローカルリポジトリー

    セキュリティー対策がインターネットにアクセスできない Ceph Storage クラスターでは、ISO イメージとして配信される単一のソフトウェアビルドから Red Hat Ceph Storage 4 をインストールします。これにより、ローカルリポジトリーをインストールできます。

前提条件

  • 有効なカスタマーサブスクリプション
  • CDN インストールの場合:

  • 有効にする場合は、Exttra Packages for Enterprise Linux (EPEL) ソフトウェアリポジトリーを無効にします。

    [root@monitor ~]# yum install yum-utils vim -y
    [root@monitor ~]# yum-config-manager --disable epel

手順

  • CDN インストールの場合:

    Ansible 管理ノード で、Red Hat Ceph Storage 4 Tools リポジトリーおよび Ansible リポジトリーを有効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    [root@admin ~]# subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhceph-4-tools-rpms --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms

    Red Hat Enterprise Linux 8

    [root@admin ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms

  • デフォルトでは、Red Hat Ceph Storage リポジトリーは対応するノードの ceph-ansible により有効になります。リポジトリーを手動で有効にするには、以下を実行します。

    注記

    これらのリポジトリーは不要なため、コンテナー化されたデプロイメントでは有効にしないでください。

    Ceph Monitor ノード で、Red Hat Ceph Storage 4 Monitor リポジトリーを有効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    [root@monitor ~]# subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhceph-4-mon-rpms

    Red Hat Enterprise Linux 8

    [root@monitor ~]# subscription-manager repos  --enable=rhceph-4-mon-for-rhel-8-x86_64-rpms

    Ceph OSD ノード で、Red Hat Ceph Storage 4 OSD リポジトリーを有効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    [root@osd ~]# subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhceph-4-osd-rpms

    Red Hat Enterprise Linux 8

    [root@osd ~]# subscription-manager repos --enable=rhceph-4-osd-for-rhel-8-x86_64-rpms

    RBD ミラーリングCeph クライアントCeph Object GatewaysMetadata ServersNFSiSCSI ゲートウェイDashboard サーバー などのノード種別で Red Hat Ceph Storage 4 Tools リポジトリーを有効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    [root@client ~]# subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhceph-4-tools-rpms

    Red Hat Enterprise Linux 8

    [root@client ~]# subscription-manager repos  --enable=rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

  • ISO インストールの場合:

    1. Red Hat カスタマーポータルにログインします。
    2. Downloads をクリックして、Software & Download センターに移動します。
    3. Red Hat Ceph Storage エリアで Download Software をクリックして、最新バージョンのソフトウェアをダウンロードします。

関連情報

要件のチェックリストに戻ります