Menu Close

3.9. Ansible のパスワードなし SSH の有効化

Ansible 管理ノードで SSH キーペアを生成し、ストレージクラスター内の各ノードに公開キーを配布して、Ansible がパスワードの入力を求められることなくノードにアクセスできるようにします。

注記

Cockpit の Web ベースのインターフェースを使用して Red Hat Ceph Storage をインストールする場合は、この手順は必要ありません。これは、Cockpit Ceph Installer により独自の SSH キーが生成されるためです。「クラスターのすべてのノードに Cockpit SSH キーをコピー」の手順は、「Cockpit Web インターフェースを使用した Red Hat Ceph Storage のインストール」の章になります。

前提条件

手順

  1. SSH キーペアを生成し、デフォルトのファイル名を受け入れ、パスフレーズを空のままにします。

    [ansible@admin ~]$ ssh-keygen
  2. 公開鍵をストレージクラスター内のすべてのノードにコピーします。

    ssh-copy-id USER_NAME@HOST_NAME
    置き換え
    • USER_NAME は、Ansible ユーザーの新しいユーザー名に置き換えます。
    • HOST_NAME は、Ceph ノードのホスト名に置き換えます。

      [ansible@admin ~]$ ssh-copy-id ceph-admin@ceph-mon01

  3. ユーザーの SSH の config ファイルを作成します。

    [ansible@admin ~]$ touch ~/.ssh/config
  4. config ファイルを編集するために開きます。ストレージクラスター内の各ノードの Hostname および User オプションの値を設定します。

    Host node1
       Hostname HOST_NAME
       User USER_NAME
    Host node2
       Hostname HOST_NAME
       User USER_NAME
    ...
    置き換え
    • HOST_NAME は、Ceph ノードのホスト名に置き換えます。
    • USER_NAME は、Ansible ユーザーの新しいユーザー名に置き換えます。

      Host node1
         Hostname monitor
         User admin
      Host node2
         Hostname osd
         User admin
      Host node3
         Hostname gateway
         User admin

      重要

      ~/.ssh/config ファイルを設定すると、ansible-playbook コマンドを実行するたびに -u USER_NAME オプションを指定する必要がありません。

  5. ~/.ssh/config ファイルに正しいファイルパーミッションを設定します。

    [admin@admin ~]$ chmod 600 ~/.ssh/config

関連情報

要件のチェックリストに戻ります