Menu Close

4.6. Cockpit Ceph インストーラーの環境ページの完了

Environment ページでは、使用するインストールソースや、ストレージにハードディスクドライブ (HDD) とソリッドステートドライブ (SSD) を使用する方法など、クラスターの全体的な側面を構成できます。

前提条件

注記

続いて表示されるダイアログには、一部の設定の右側にあるツールチップがあります。これを表示するには、そのあたりに i のようなアイコンにマウスカーソルを合わせたカーソルをかざすようにカーソルを合わせます。

手順

  1. インストールソース を選択します。Red Hat カスタマーポータルからダウンロードした CD イメージを使用するには、Red Hat Subscription Manager からリポジトリーを使用するか、ISO を選択します。

    cockpit installation source

    Red Hat を選択した場合は、他のオプションを指定せずに Target VersionRHCS 4 に設定されます。ISO を選択すると、Target Version が ISO イメージファイルに設定されます。

    重要

    ISO を選択する場合、イメージファイルは /usr/share/ansible-runner-service/iso ディレクトリーにあり、その SELinux コンテキストは container_file_t に設定する必要があります。

    重要

    インストールソースコミュニティー オプションおよび ディストリビューション オプションには対応していません。

  2. Cluster Type を選択します。実稼働 の選択では、CPU 番号やメモリーサイズなどの特定のリソース要件を満たしていないと、インストールが続行できなくなります。リソース要件を満たしている場合でもクラスターのインストールを続行できるようにするには、Development/POC を選択します。

    cockpit cluster type
    重要

    Development/POC モードは、実稼働環境で使用する Ceph クラスターをインストールしないでください。

  3. Service Account Login および Service Account Token を設定します。Red Hat レジストリーサービスアカウントがない場合は、レジストリーサービスアカウントの Web ページ を使用して作成します。

    cockpit service account
  4. Configure FirewallON に設定して、Ceph サービスのポートを開くルールを firewalld に適用します。firewalld を使用していない場合は、OFF 設定を使用します。

    cockpit firewall
  5. 現在、Cockpit Ceph Installer は IPv4 のみをサポートしています。IPv6 サポートが必要な場合は、Cockpit Ceph Installer を使用を停止し、Ansible スクリプトを直接 使用して Ceph のインストールに進む必要があります。

    cockpit network connectivity
  6. OSD TypeBlueStore または FileStore に設定します。

    cockpit osd type
    重要

    BlueStore はデフォルトの OSD タイプです。以前のバージョンでは、Ceph は FileStore をオブジェクトストアとして使用していました。BlueStore はより多くの機能を提供し、パフォーマンスを向上させるため、この形式は Red Hat Ceph Storage 4.0 で非推奨になっています。FileStore は依然として使用できますが、サポート例外が必要です。BlueStore の詳細は、『アーキテクチャーガイド』「Ceph BlueStore」を参照してください。

  7. Flash ConfigurationJournal/Logs または OSD データ に設定します。ソリッドステートドライブ (SSD) を使用している場合は、NVMe または従来の SATA/SAS インターフェースのどちらを使用する場合でも、実際のデータがハードディスクドライブ (HDD) に保存されている間、ジャーナルとログの書き込みにのみ使用することを選択できます。ジャーナリング、ログ、およびデータに SSD を使用し、CephOSD 機能に HDD を使用しないでください。

    cockpit flash configuration
  8. EncryptionNone または Encrypted に設定します。これは、LUKS1 形式を使用したストレージデバイスの残り暗号化を指します。

    cockpit encryption
  9. インストールタイプContainer または RPM に設定します。従来は、Red Hat Enterprise Linux にソフトウェアをインストールするのに Red Hat Package Manager (RPM) が使用されていました。これで、RPM またはコンテナーを使用して Ceph をインストールできます。コンテナーを使用して Ceph をインストールすると、サービスを分離して共存させることができるため、ハードウェアの使用率が向上します。

    cockpit installation type

  10. すべての環境設定を確認し、Web ページの右下隅にある Hosts ボタンをクリックします。

    cockpit hosts button