2.7. ハードウェアを選択する際のよくある間違いの概要

  • パワー不足のレガシーハードウェアを Ceph で使用するために再利用する。
  • 同じプールで異種のハードウェアを使用する。
  • 10Gbps 以上ではなく 1Gbps ネットワークを使用する。
  • パブリックネットワークとクラスターネットワークの両方を設定することを怠っている。
  • JBOD の代わりに RAID を使用する。
  • パフォーマンスやスループットを考慮せずに、価格順でドライブを選択する。
  • スループットの特性が不十分なディスクコントローラーがある。

本書に記載されている Red Hat の異なるワークロード用のテスト済み構成の例を使用して、前述のハードウェアの選択ミスを回避してください。