第4章 サーバーおよびラックソリューション

ハードウェアベンダーは、最適化されたサーバーレベルとラックレベルのソリューション SKU を提供することで、Ceph に対する熱意に応えてきました。Red Hat との共同テストで検証されたこれらのソリューションは、特定のワークロードに合わせて Ceph ストレージを拡張するための便利なモジュール式のアプローチにより、Ceph の導入において予測可能な価格対性能比を提供します。

一般的なラックレベルのソリューションには、以下が含まれます。

  • ネットワーク切り替え: 冗長性のあるネットワークスイッチはクラスターを相互に接続し、クライアントへのアクセスを提供します。ネットワークスイッチが少なくとも 1 つ推奨されます。冗長性を確保するためには、2 つのネットワークスイッチが使用され、それぞれのスイッチがパーティション化して 2 つのネットワークセグメントに対応します。
  • Ceph MON ノード: Ceph モニターはクラスター全体の健全性を確保するためのデータストアで、クラスターログが含まれます。実稼働環境でのクラスタークォーラムには、最低 3 台の監視ノードが強く推奨されます。
  • Ceph OSD ホスト: Ceph OSD ホストには、デバイスが HDD または SSD の場合に、個々のストレージデバイスごとに 1 つ以上の OSD が実行され、クラスターのストレージ容量が含まれます。NVME デバイスの場合、Red Hat では、個別のストレージデバイスごとに 2 つ以上の OSD が実行されることを推奨しています。OSD ホストは、ワークロードの最適化と、インストールされているデータデバイス (HDD、SSD、または NVMe SSD) の両方に応じて選択および設定されます。
  • Red Hat Ceph Storage: サーバーおよびラックレベルのソリューション SKU の両方がバンドルされている Red Hat Ceph Storage の容量ベースのサブスクリプションを提供しています。
注記

Red Hat は、サーバーとラックソリューションにコミットする前に、Red Hat Ceph Storage:Supported Configurations のアーティクルを確認することを推奨します。その他のサポートは、Red Hat サポート にお問い合わせください。

IOPS 最適化ソリューション

フラッシュストレージの利用が拡大する中、企業は Ceph ストレージクラスターで IOPS を多用するワークロードをホストし、プライベートクラウドストレージで高性能なパブリッククラウドソリューションをエミュレートするケースが増えています。これらのワークロードは通常、MySQL、MariaDB、または PostgreSQL ベースのアプリケーションからの構造化データを必要とします。

一般的なサーバーには、以下の要素が含まれます。

  • CPU: NVMe SSD ごとの 6 コア。2 GHz CPU を想定します。
  • RAM: 16 GB ベースラインに加えて、OSD ごとに 5 GB
  • Networking: 10 Gigabit Ethernet, GbE, per 2 OSD.
  • OSD メディア: 高性能で高耐久のエンタープライズ NVMe SSD。
  • OSD: NVMe SSD あたり 2 つ。
  • BlueStore WAL/DB: High-performance、high-endurance enterprise NVMe SSD、および OSD と共に共存します。
  • コントローラー: ネイティブ PCIe バス。
注記

非 NVMe SSD の場合は、CPU 用に SSD OSD ごとに 2 つのコアを使用します。

表4.1 IOPS が最適化された Ceph ワークロードのソリューション SKU (クラスターサイズ別)

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

SuperMicro [a]

SYS-5038MR-OSD006P

該当なし

該当なし

[a] 詳細は、「Supermicro® Total Solution for Ceph」を参照してください。

スループットが最適化されたソリューション

スループットが最適化された Ceph ソリューションは通常、半構造化または非構造化データをベースとしています。大規模なブロックの連続 I/O は一般的です。OSD ホストのストレージメディアは通常 HDD で、SSD ベースのボリュームに書き込みジャーナルがあります。

一般的なサーバー要素には以下が含まれます。

  • CPU: HDD ごとに 0.5 コア (2 GHz CPU を想定)
  • RAM: 16 GB ベースラインに加えて、OSD ごとに 5 GB
  • Networking: 10 GbE per 12 OSD 毎に、クライアントおよびクラスターに表示されるネットワークについて。
  • OSD メディア: 7200 RPM のエンタープライズ HDD
  • OSD: HDD ごとに 1 つ。
  • BlueStore WAL/DB: High-endurance、high-performance enterprise serial-attached SCSI(SAS)または NVMe SSD。
  • ホストバスアダプター(HBA): 大量のディスク (JBOD)。

いくつかのベンダーは、スループットが最適化された Ceph ワークロードのための設定済みのサーバーおよびラックレベルのソリューションを提供しています。Red Hat は、Supermicro および Quanta Cloud Technologies (QCT) からサーバーのテストや評価を徹底して行っています。

表4.2 Ceph OSD、MON、および TOR (top-of-rack) スイッチ向けのラックレベルの SKU。

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

SuperMicro [a]

SRS-42E112-Ceph-03

SRS-42E136-Ceph-03

SRS-42E136-Ceph-03

表4.3 個別の OSD サーバー

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

SuperMicro [a]

SSG-6028R-OSD072P

SSG-6048-OSD216P

SSG-6048-OSD216P

QCT [a]

QxStor RCT-200

QxStor RCT-400

QxStor RCT-400

[a] 詳細は、「QCT: QxStor Red Hat Ceph Storage Edition」を参照してください。

表4.4 スループットが最適化された Ceph OSD ワークロードの追加サーバー設定

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

Dell

PowerEdge R730XD [a]

DSS 7000 [b], twin node

DSS 7000、ツインノード

Cisco

UCS C240 M4

UCS C3260 [c]

UCS C3260 [d]

Lenovo

System x3650 M5

System x3650 M5

該当なし

[c] 詳細は、「Red Hat Ceph Storage hardware reference architecture」を参照してください。
[d] 詳細は、「UCS C3260」を参照してください。

コストおよび容量が最適化されたソリューション

コストと容量が最適化されたソリューションは、一般的に大容量化、またはより長いアーカイブシナリオに焦点を当てています。データは、半構造化または非構造化のいずれかになります。ワークロードには、メディアアーカイブ、ビッグデータアナリティクスアーカイブ、およびマシンイメージのバックアップが含まれます。大規模なブロックの連続 I/O は一般的です。より大きな費用対効果を得るために、OSD は通常、Ceph の書き込みジャーナルを HDD 上に併置してホストされています。

ソリューションには、通常、以下の要素が含まれます。

  • CPU: HDD ごとに 0.5 コア (2 GHz CPU を想定)
  • RAM: 16 GB ベースラインに加えて、OSD ごとに 5 GB
  • ネットワーク: 1 つの OSD ごとに 10GbE(クライアントおよびクラスターに表示されるネットワーク用)。
  • OSD メディア: 7200 RPM のエンタープライズ HDD
  • OSD: HDD ごとに 1 つ。
  • BlueStore WAL/DB: HDD に位置します。
  • HBA: JBOD。

Supermicro および QCT は、コストと容量を重視した Ceph ワークロード向けに、構成済みのサーバーとラックレベルのソリューション SKU を提供しています。

表4.5 構成済みコストと容量が最適化されたワークロードのためのラックレベル SKU

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

SuperMicro [a]

該当なし

SRS-42E136-Ceph-03

SRS-42E172-Ceph-03

表4.6 コストと容量が最適化されたワークロード用の構成済みのサーバーレベル SKU

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

SuperMicro [a]

該当なし

SSG-6048R-OSD216P [a]

SSD-6048R-OSD360P

QCT

該当なし

QxStor RCC-400 [a]

QxStor RCC-400 [a]

[a] 詳細は、「Supermicro's Total Solution for Ceph」を参照してください。

表4.7 コストと容量が最適化されたワークロード用に構成可能な追加サーバー

ベンター小規模 (250TB)中規模 (1PB)大規模 (2PB 以上)

Dell

該当なし

DSS 7000、ツインノード

DSS 7000、ツインノード

Cisco

該当なし

UCS C3260

UCS C3260

Lenovo

該当なし

System x3650 M5

該当なし