2.5. ネットワークの考慮事項

クラスターネットワークの帯域幅要件を慎重に検討し、ネットワークリンクのオーバーサブスクリプションに注意してください。また、クライアント間のトラフィックからクラスター内のトラフィックを分離します。

重要

Red Hat では、Ceph 実稼働環境のデプロイメントに 10 GB のイーサネットを使用することを推奨します。1 GB のイーサネットは実稼働環境のストレージクラスターには適していません。

ドライブに障害が発生した場合、1Gbps ネットワーク全体で 1 TB のデータをレプリケートするには 3 時間かかります。3 TB には 9 時間かかります。3 TB は、通常のドライブ構成です。これに対して、10 GB のネットワークの場合、レプリケーション時間はそれぞれ 20 分と 1 時間になります。OSD が失敗すると、クラスターはプール内の他の OSD に含まれるデータをレプリケートしてリカバリーすることに注意してください。

ラックなどの大規模なドメインに障害が発生した場合は、ストレージクラスターが帯域幅を大幅に消費することになります。ストレージ管理者は、通常、クラスターをできるだけ早く復元することを優先します。

少なくとも 10 GB のイーサネットリンク 1 つをストレージハードウェアに使用する必要があります。Ceph ノードに各ドライブが多数ある場合には、接続およびスループット用にさらに 10 GB のイーサネットリンクを追加します。

重要

個別の NIC にフロントエンドネットワークとバックサイドネットワークを設定します。

Ceph は、パブリック (フロントエンド) ネットワークとクラスター (バックエンド) ネットワークをサポートします。パブリックネットワークは、クライアントのトラフィックと Ceph モニターとの通信を処理します。クラスター (バックエンド) ネットワークは、OSD のハートビート、レプリケーション、バックフィル、およびリカバリーのトラフィックを処理します。

注記

Red Hat では、レプリケートされたプールの倍数の基礎として osd_pool_default_size を使用して、フロントサイドネットワークの倍数になるようにクラスター (バックサイド) ネットワークに帯域幅を割り当てることを推奨します。Red Hat では、パブリックネットワークとクラスターネットワークを別の NIC で実行することを推奨します。

複数のラックで構成されるストレージクラスター (大規模なストレージ実装では一般的) を構築する際には、最適なパフォーマンスを得るために、「ファットツリー」設計でスイッチ間のネットワーク帯域幅をできるだけ多く利用することを検討してください。一般的な 10 GB のイーサネットスイッチには、48 個の 10 GB ポートと 4 個の 40 GB のポートがあります。スループットを最大にするには、Spine (背骨) で 40 GB ポートを使用します。または、QSFP+ および SFP+ ケーブルを使用する未使用の 10Gbps ポートを別のラックおよびスパインルーターに接続するために、さらに 40 GB のポートに集計することを検討します。

重要

ネットワークの最適化には、CPU/帯域幅の比率を高めるためにジャンボフレームを使用し、非ブロックのネットワークスイッチのバックプレーンを使用することを Red Hat は推奨します。Red Hat Ceph Storage では、通信パスのすべてのネットワークデバイスで、パブリックおよびクラスターネットワークの両方について、同じ MTU 値が必要です。実稼働環境で Red Hat Ceph Storage クラスターを使用する前に、環境内の全ノードとネットワーク機器で MTU 値が同一であることを確認します。

関連情報

  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage 設定ガイド』の「 MTU 値の確認 」セクションを参照してください。