第1章 エグゼクティブサマリー

多くのハードウェアベンダーは、個別のワークロードプロファイル向けに設計された Ceph 最適化サーバーおよびラックレベルのソリューションの両方を提供するようになりました。ハードウェア選択プロセスを単純化し、組織のリスクを低減するために、Red Hat は複数のストレージサーバーベンダーと連携して、さまざまなクラスターサイズおよびワークロードプロファイルの特定のクラスターオプションをテストおよび評価しています。Red Hat の厳密な方法論は、パフォーマンステストと、幅広いクラスター機能とサイズの確立されたガイダンスを組み合わせたものです。適切なストレージサーバーとラックレベルのソリューションを使用することで、Red Hat Ceph Storage は、スループットに敏感でコストおよび容量を重視するワークロードから、新しい IOPS 集約型ワークロードまで、さまざまなワークロードに対応するストレージプールを提供できます。

Red Hat Ceph Storage は、エンタープライズデータの保存コストを大幅に削減し、組織が指数関数的なデータの成長を管理できるようにします。このソフトウェアは、パブリックまたはプライベートのクラウドデプロイメント向けの堅牢かつ最新のペタバイトスケールのストレージプラットフォームです。Red Hat Ceph Storage は、エンタープライズブロックおよびオブジェクトストレージ用に成熟したインターフェースを提供し、テナントに依存しない OpenStack® 環境で対応するアクティブアーカイブ、豊富なメディア、およびクラウドインフラストラクチャーのワークロードに最適なソリューションを提供します。 [1].統合されたソフトウェア定義のスケールアウトストレージプラットフォームとして提供される Red Hat Ceph Storage は、以下のような機能を提供することで、企業がアプリケーションの革新性と可用性の向上に集中できるようにします。

  • 数百のペタバイトへのスケーリング [2].
  • クラスターに単一障害点はありません。
  • 商用サーバーハードウェア上で実行することで、資本経費 (CapEx) を削減します。
  • 自己管理および自己修復プロパティーで運用費 (OpEx) を削減します。

Red Hat Ceph Storage は、多様なニーズを満たすために、業界標準のハードウェア構成で動作することができます。クラスター設計プロセスを単純化および加速するために、Red Hat は、参加するハードウェアベンダーによるパフォーマンスおよび適合性のテストを実施しています。このテストにより、選択したハードウェアを負荷下で評価し、多様なワークロードに必要な性能とサイジングデータを生成することができ、Ceph ストレージクラスタのハードウェア選択を大幅に簡素化できます。本ガイドで説明しているように、複数のハードウェアベンダーが Red Hat Ceph Storage デプロイメントに最適化されたサーバーおよびラックレベルのソリューションを提供しており、IOPS、スループット、コスト、容量を最適化したソリューションが利用可能なオプションとして提供されています。

ソフトウェア定義ストレージは、要求の厳しいアプリケーションや段階的に増大するストレージのニーズを満たすスケールアウトソリューションを求める組織にとって、多くの利点を提供しています。複数のベンダーで実施される優れた方法論と広範囲のテストにより、Red Hat は、あらゆる環境の需要を満たすためにハードウェアを選択するプロセスを単純化します。重要なことは、本書に記載されているガイドラインやシステム例は、サンプルシステムにおける実稼働環境のワークロードの影響を定量化するための代用品ではないということです。

Red Hat Ceph Storage を実行するためのサーバーの設定に関する具体的な情報については、『Red Hat Ceph Storage ストレージ戦略ガイド』で説明されている方法およびベストプラクティスを参照してください。Red Hat Ceph Storage テスト結果などの詳細情報は、一般的なハードウェアベンダーのパフォーマンスおよびサイジングに関するガイドを参照してください。



[1] 年 2 回の OpenStack ユーザー調査によると、Ceph は OpenStack をリードするストレージであり、その地位を確立しています。