1.14. キーの作成

新しいキーを作成します。subuser を指定すると、デフォルトで作成されたキーは swift タイプになります。access-key または secret-key のいずれかのみが指定された場合、コミットされたキーは自動的に生成されます。secret-key のみが指定されている場合、access-key は自動的に生成されます。デフォルトでは、生成されたキーは、既存のキーペアを置き換えることなくキーリングに追加されます。access-key が指定され、ユーザーが所有する既存のキーを参照すると、そのキーは変更されます。レスポンスは、作成された鍵と同じタイプの鍵をすべて一覧表示するコンテナーです。

注記

swift キーの作成時に、access-key オプションを指定しても効果はありません。また、ユーザーまたはサブユーザーごとに 1 つの swift キーのみを保持することができます。

機能

`users=write`

構文

PUT /admin/user?key&format=json HTTP/1.1
Host FULLY_QUALIFIED_DOMAIN_NAME

表1.23 リクエストパラメーター

Name説明必須

uid

新しいキーを受け取るユーザー ID。

文字列

foo_user

はい

subuser

新しいキーを受け取るサブユーザー ID。

文字列

sub_foo

いいえ

key-type

生成されるキータイプ。オプションは swift、s3 (デフォルト) です。

文字列

s3 [s3]

いいえ

access-key

アクセスキーを指定します。

文字列

AB01C2D3EF45G6H7IJ8K

いいえ

secret-key

秘密鍵を指定します。

文字列

0ab/CdeFGhij1klmnopqRSTUv1WxyZabcDEFgHij

いいえ

generate-key

新しいキーペアを生成し、既存のキーリングに追加します。

ブール値

True [True]

いいえ

表1.24 レスポンスエンティティー

Name説明タイプ

keys

このユーザーアカウントに関連付けられたタイプのキー。

コンテナー

該当なし

user

キーに関連付けられたユーザーアカウント。

文字列

keys

access-key

アクセスキー。

文字列

keys

secret-key

シークレットキー

文字列

keys

表1.25 特別なエラーレスポンス

Name説明コード

InvalidAccessKey

無効なアクセスキーが指定されている。

400 Bad Request

InvalidKeyType

無効なキータイプが指定されている。

400 Bad Request

InvalidSecretKey

無効なシークレットキーが指定されている。

400 Bad Request

InvalidKeyType

無効なキータイプが指定されている。

400 Bad Request

KeyExists

提供されたアクセスキーが存在し、別のユーザーに属している。

409 Conflict