1.3. 管理認証要求

Amazon の S3 サービスは、アクセスキー、要求ヘッダーのハッシュ、および秘密鍵を使用して要求を認証します。これは、認証されたリクエスト (特に SSL オーバーヘッドのない大規模なアップロード) を提供する利点があります。

S3 API のほとんどのユースケースには、Java や Python Boto 用の Amazon SDK の AmazonS3Client などのオープンソースの S3 クライアントを使用します。これらのライブラリーは、Ceph Object Gateway 管理 API をサポートしません。これらのライブラリーをサブクラス化および拡張して、Ceph Admin API をサポートすることができます。一意のゲートウェイクライアントを作成できます。

execute() メソッドの作成

本セクションの CephAdminAPI のサンプルクラスでは、要求パラメーターの取得、リクエストの認証、Ceph 管理 API を呼び出してレスポンスを受け取ることができる execute() メソッドの作成方法を説明します。

CephAdminAPI クラスの例は、商用としてはサポートされず、そのように意図されてもいません。これは説明のみを目的としています。

Ceph Object Gateway の呼び出し

クライアントコード には、CRUD 操作を示すために Ceph Object Gateway への 5 つの呼び出しが含まれます。

  • ユーザーの作成
  • ユーザーの取得
  • ユーザーの変更
  • サブユーザーの作成
  • ユーザーを削除します。

この例を使用するには、httpcomponents-client-4.5.3 Apache HTTP コンポーネントを取得します。たとえば、http://hc.apache.org/downloads.cgi からダウンロードできます。その後、tar ファイルを展開して lib ディレクトリーに移動し、JAVA_HOME ディレクトリーの /jre/lib/ext ディレクトリーまたはカスタムクラスパスにコピーします。

CephAdminAPI クラスの例を検査する際に、execute() メソッドは HTTP メソッド、リクエストパス、オプションのサブリソース、未指定の場合は null、およびパラメーターのマップを取得することに注意してください。サブリソース (例: subuserkey など) で実行するには、サブリソースを execute() メソッドの引数として指定する必要があります。

方法の例を以下に示します。

  1. URI をビルドします。
  2. HTTP ヘッダー文字列をビルドします。
  3. HTTP リクエストをインスタンス化します (例: PUTPOSTGETDELETE)。
  4. Date ヘッダーを HTTP ヘッダー文字列および要求ヘッダーに追加します。
  5. Authorization ヘッダーを HTTP リクエストヘッダーに追加します。
  6. HTTP クライアントをインスタンス化し、インスタンス化された HTTP リクエストを渡します。
  7. 要求を行います。
  8. レスポンスを返します。

ヘッダー文字列のビルド

ヘッダー文字列のビルドは、Amazon の S3 認証手順を伴うプロセスの一部です。特に、サンプルメソッドは以下を行います。

  1. PUTPOSTGETDELETE などのリスエストタイプを追加します。
  2. 日付を追加します。
  3. requestPath を追加します。

リクエストタイプは、先頭または最後の空白のない大文字である必要があります。空白を削除しないと、認証は失敗します。日付は GMT で表現される必要があります。さもないと、認証に失敗します。

例示的な方法には、他のヘッダーはありません。Amazon S3 認証手順は、x-amz ヘッダーの辞書式に並べ替えられます。したがって、x-amz ヘッダーを追加する場合は、必ず辞書式で追加する必要があります。

ヘッダー文字列をビルドしたら、次の手順は HTTP リクエストをインスタンス化し、URI を渡すことです。典型的なメソッドは、PUT を使用してユーザーおよびサブユーザーを作成し、GET を使用してユーザーを取得し、POST を使用してユーザーを変更し、DELETE を使用してユーザーを削除します。

リクエストをインスタンス化したら、Date ヘッダーに続けて Authorization ヘッダーを追加します。Amazon の S3 認証は標準の Authorization ヘッダーを使用し、以下の構造を持ちます。

Authorization: AWS ACCESS_KEY:HASH_OF_HEADER_AND_SECRET

CephAdminAPI のサンプルクラスには base64Sha1Hmac() メソッドがあります。これはヘッダー文字列と admin ユーザーの秘密鍵を取得し、SHA1 HMAC を base-64 でエンコードされた文字列として返します。それぞれの execute() 呼び出しは、同じコード行を呼び出して Authorization ヘッダーをビルドします。

httpRequest.addHeader("Authorization", "AWS " + this.getAccessKey() + ":" + base64Sha1Hmac(headerString.toString(), this.getSecretKey()));

以下の CephAdminAPI のサンプルクラスでは、アクセスキー、シークレットキー、およびエンドポイントをコンストラクターに渡す必要があります。クラスは実行時に変更するためのアクセスメソッドを提供します。

import java.io.IOException;
import java.net.URI;
import java.net.URISyntaxException;
import java.time.OffsetDateTime;
import java.time.format.DateTimeFormatter;
import java.time.ZoneId;

import org.apache.http.HttpEntity;
import org.apache.http.NameValuePair;
import org.apache.http.Header;
import org.apache.http.client.entity.UrlEncodedFormEntity;
import org.apache.http.client.methods.CloseableHttpResponse;
import org.apache.http.client.methods.HttpRequestBase;
import org.apache.http.client.methods.HttpGet;
import org.apache.http.client.methods.HttpPost;
import org.apache.http.client.methods.HttpPut;
import org.apache.http.client.methods.HttpDelete;
import org.apache.http.impl.client.CloseableHttpClient;
import org.apache.http.impl.client.HttpClients;
import org.apache.http.message.BasicNameValuePair;
import org.apache.http.util.EntityUtils;
import org.apache.http.client.utils.URIBuilder;

import java.util.Base64;
import java.util.Base64.Encoder;
import java.security.MessageDigest;
import java.security.NoSuchAlgorithmException;
import javax.crypto.spec.SecretKeySpec;
import javax.crypto.Mac;

import java.util.Map;
import java.util.Iterator;
import java.util.Set;
import java.util.Map.Entry;

public class CephAdminAPI {

	/*
	 * Each call must specify an access key, secret key, endpoint and format.
	 */
	String accessKey;
	String secretKey;
	String endpoint;
	String scheme = "http"; //http only.
	int port = 80;

	/*
	 * A constructor that takes an access key, secret key, endpoint and format.
	 */
	public CephAdminAPI(String accessKey, String secretKey, String endpoint){
		this.accessKey = accessKey;
		this.secretKey = secretKey;
		this.endpoint = endpoint;
	}

	/*
	 * Accessor methods for access key, secret key, endpoint and format.
	 */
	public String getEndpoint(){
		return this.endpoint;
	}

	public void setEndpoint(String endpoint){
		this.endpoint = endpoint;
	}

	public String getAccessKey(){
		return this.accessKey;
	}

	public void setAccessKey(String accessKey){
		this.accessKey = accessKey;
	}

	public String getSecretKey(){
		return this.secretKey;
	}

	public void setSecretKey(String secretKey){
		this.secretKey = secretKey;
	}

	/*
	 * Takes an HTTP Method, a resource and a map of arguments and
	 * returns a CloseableHTTPResponse.
	 */
	public CloseableHttpResponse execute(String HTTPMethod, String resource,
                                        String subresource, Map arguments) {

		String httpMethod = HTTPMethod;
		String requestPath = resource;
		StringBuffer request = new StringBuffer();
		StringBuffer headerString = new StringBuffer();
		HttpRequestBase httpRequest;
		CloseableHttpClient httpclient;
		URI uri;
		CloseableHttpResponse httpResponse = null;

		try {

			uri = new URIBuilder()
				.setScheme(this.scheme)
				.setHost(this.getEndpoint())
				.setPath(requestPath)
				.setPort(this.port)
				.build();


			if (subresource != null){
				uri = new URIBuilder(uri)
					.setCustomQuery(subresource)
					.build();
			}


			for (Iterator iter = arguments.entrySet().iterator();
			iter.hasNext();) {
				Entry entry = (Entry)iter.next();
				uri = new URIBuilder(uri)
					.setParameter(entry.getKey().toString(),
                                 entry.getValue().toString())
					.build();

			}

			request.append(uri);

			headerString.append(HTTPMethod.toUpperCase().trim() + "\n\n\n");

			OffsetDateTime dateTime = OffsetDateTime.now(ZoneId.of("GMT"));
			DateTimeFormatter formatter = DateTimeFormatter.RFC_1123_DATE_TIME;
			String date = dateTime.format(formatter);

			headerString.append(date + "\n");
			headerString.append(requestPath);

			if (HTTPMethod.equalsIgnoreCase("PUT")){
				httpRequest = new HttpPut(uri);
			} else if (HTTPMethod.equalsIgnoreCase("POST")){
				httpRequest = new HttpPost(uri);
			} else if (HTTPMethod.equalsIgnoreCase("GET")){
				httpRequest = new HttpGet(uri);
			} else if (HTTPMethod.equalsIgnoreCase("DELETE")){
				httpRequest = new HttpDelete(uri);
			} else {
				System.err.println("The HTTP Method must be PUT,
				POST, GET or DELETE.");
				throw new IOException();
			}

			httpRequest.addHeader("Date", date);
			httpRequest.addHeader("Authorization", "AWS " + this.getAccessKey()
			+ ":" + base64Sha1Hmac(headerString.toString(),
			this.getSecretKey()));

			httpclient = HttpClients.createDefault();
			httpResponse = httpclient.execute(httpRequest);

		} 	catch  (URISyntaxException e){
			System.err.println("The URI is not formatted properly.");
			e.printStackTrace();
		}  catch (IOException e){
			System.err.println("There was an error making the request.");
			e.printStackTrace();
		}
			return httpResponse;
	}

	/*
	 * Takes a uri and a secret key and returns a base64-encoded
	 * SHA-1 HMAC.
	 */
	public String base64Sha1Hmac(String uri, String secretKey) {
		try {

			byte[] keyBytes = secretKey.getBytes("UTF-8");
			SecretKeySpec signingKey = new SecretKeySpec(keyBytes, "HmacSHA1");

			Mac mac = Mac.getInstance("HmacSHA1");
			mac.init(signingKey);

			byte[] rawHmac = mac.doFinal(uri.getBytes("UTF-8"));

			Encoder base64 = Base64.getEncoder();
			return base64.encodeToString(rawHmac);

		} catch (Exception e) {
			throw new RuntimeException(e);
		}
	}

}

後続の CephAdminAPIClient の例は、CephAdminAPI クラスをインスタンス化する方法、リクエストパラメーターのマップをビルドし、execute() メソッドを使用してユーザーを作成、取得、更新、および削除する方法を示しています。

import java.io.IOException;
import org.apache.http.client.methods.CloseableHttpResponse;
import org.apache.http.HttpEntity;
import org.apache.http.util.EntityUtils;
import java.util.*;


public class CephAdminAPIClient {

	public static void main (String[] args){

		CephAdminAPI adminApi = new CephAdminAPI ("FFC6ZQ6EMIF64194158N",
		                            "Xac39eCAhlTGcCAUreuwe1ZuH5oVQFa51lbEMVoT",
		                            "ceph-client");

		/*
		 * Create a user
		 */
		Map requestArgs = new HashMap();
		requestArgs.put("access", "usage=read, write; users=read, write");
		requestArgs.put("display-name", "New User");
		requestArgs.put("email", "new-user@email.com");
		requestArgs.put("format", "json");
		requestArgs.put("uid", "new-user");

		CloseableHttpResponse response =
			adminApi.execute("PUT", "/admin/user", null, requestArgs);

		System.out.println(response.getStatusLine());
		HttpEntity entity = response.getEntity();

		try {
			System.out.println("\nResponse Content is: "
				+ EntityUtils.toString(entity, "UTF-8") + "\n");
			response.close();
		} catch (IOException e){
			System.err.println ("Encountered an I/O exception.");
			e.printStackTrace();
		}

		/*
		 * Get a user
		 */
		requestArgs = new HashMap();
		requestArgs.put("format", "json");
		requestArgs.put("uid", "new-user");

		response = adminApi.execute("GET", "/admin/user", null, requestArgs);

		System.out.println(response.getStatusLine());
		entity = response.getEntity();

		try {
			System.out.println("\nResponse Content is: "
				+ EntityUtils.toString(entity, "UTF-8") + "\n");
			response.close();
		} catch (IOException e){
			System.err.println ("Encountered an I/O exception.");
			e.printStackTrace();
		}

		/*
		 * Modify a user
		 */
		requestArgs = new HashMap();
		requestArgs.put("display-name", "John Doe");
		requestArgs.put("email", "johndoe@email.com");
		requestArgs.put("format", "json");
		requestArgs.put("uid", "new-user");
		requestArgs.put("max-buckets", "100");

		response = adminApi.execute("POST", "/admin/user", null, requestArgs);

		System.out.println(response.getStatusLine());
		entity = response.getEntity();

		try {
			System.out.println("\nResponse Content is: "
				+ EntityUtils.toString(entity, "UTF-8") + "\n");
			response.close();
		} catch (IOException e){
			System.err.println ("Encountered an I/O exception.");
			e.printStackTrace();
		}


		/*
		 * Create a subuser
		 */
		requestArgs = new HashMap();
		requestArgs.put("format", "json");
		requestArgs.put("uid", "new-user");
		requestArgs.put("subuser", "foobar");

		response = adminApi.execute("PUT", "/admin/user", "subuser", requestArgs);
		System.out.println(response.getStatusLine());
		entity = response.getEntity();

		try {
			System.out.println("\nResponse Content is: "
				+ EntityUtils.toString(entity, "UTF-8") + "\n");
			response.close();
		} catch (IOException e){
			System.err.println ("Encountered an I/O exception.");
			e.printStackTrace();
		}


		/*
		 * Delete a user
		 */
		requestArgs = new HashMap();
		requestArgs.put("format", "json");
		requestArgs.put("uid", "new-user");

		response = adminApi.execute("DELETE", "/admin/user", null, requestArgs);
		System.out.println(response.getStatusLine());
		entity = response.getEntity();

		try {
			System.out.println("\nResponse Content is: "
				+ EntityUtils.toString(entity, "UTF-8") + "\n");
			response.close();
		} catch (IOException e){
			System.err.println ("Encountered an I/O exception.");
			e.printStackTrace();
		}
	}
}

関連情報

  • 詳細は、Red Hat Ceph Storage 開発者ガイドS3 認証 セクションを参照してください。
  • Amazon S3 認証手順の詳細は、Amazon Simple Storage Service ドキュメントの Signing and Authenticating REST Requests セクションを参照してください。