Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.4.6. iSCSI ターゲットの編集

ダッシュボードでは、iSCSI ターゲットを編集できます。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイが、少なくとも 2 つのゲートウェイと共にインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。
  • iSCSI ターゲットが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI overview
  4. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    Click Targets
  5. ターゲットを編集するには、その行をクリックします。

    Click the target row
  6. ページの左上隅にある Edit ボタンをクリックします。

    Edit target initial view
  7. パラメーターを編集し、Edit Target ボタンをクリックします。

    Edit target window
  8. Targets ページで検索して、ターゲットが編集されたことを確認します。

    Targets ページを見つけるには、『ダッシュボードガイド』「iSCSI ターゲットの表示」の手順に従います。

関連情報