Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.4.4. iSCSI ターゲットの作成

ダッシュボードでは iSCSI ターゲットを作成できます。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイが、少なくとも 2 つのゲートウェイと共にインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI overview
  4. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    iSCSI Targets
  5. ページの左上隅にある Add ボタンをクリックします。

    Create target initial view
  6. 必要に応じて、ターゲット IQN を変更します。

    Modify Target IQN
  7. 必要に応じて、ターゲットの詳細設定を設定します。

    1. 歯車をクリックして、ターゲットの詳細設定を設定します。

      Gear for Advanced Settings for Target IQN
    2. Advanced Settings ダイアログウィンドウに詳細設定を設定します。

      Advanced Settings for Target IQN
    3. Confirm をクリックして設定を保存します。
  8. Add portal ボタンをクリックし、2 つ以上のゲートウェイの最初のゲートウェイを選択します。

    Add portal one
  9. Add portal ボタンをクリックし、2 つ以上のゲートウェイの 2 番目のゲートウェイを選択します。

    Add additional gateways

    追加のゲートウェイに対してこの手順を繰り返します。

  10. Add image ボタンをクリックして、ターゲットによってエクスポートされるイメージを選択します。

    Add an image

    追加のイメージに対してこの手順を繰り返します。

  11. 必要に応じて、イメージを変更します。

    1. イメージの右側にある歯車をクリックします。

      Gear to Configure Images
    2. Configure ダイアログウィンドウでイメージ設定を変更します。

      Configure Image
    3. Confirm をクリックして設定を保存します。
  12. ACL authentication ボックスをクリックし、Add initiator ボタンをクリックします。

    ACL authentication and Add initiator
  13. 最初のテキストボックスに、クライアントの IQN を入力します。

    Client IQN

    イニシエーターソフトウェアが実行されるシステムからクライアント IQN を取得します。詳細は、『ブロックデバイスガイド』「iSCSI イニシエーターの設定」を参照してください。

  14. ターゲットのユーザー名およびパスワードの詳細を入力します。

    Add initiator user name and password
  15. Add image をクリックして、イメージを選択します。

    Add an image

    追加のイメージに対してこの手順を繰り返します。

  16. Create Target ボタンをクリックして手順を完了します。

    Create Target button
  17. Targets ページで検索して、ターゲットが追加されたことを確認します。

    Targets ページを見つけるには、『ダッシュボードガイド』「iSCSI ターゲットの表示」の手順に従います。

関連情報