Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.5.5. プール作成時のサービス品質の設定

ストレージ管理者は、プールの作成時にサービス品質 (QoS) を設定できます。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • Dashboard がインストールされている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    Click Pools.
  3. ページの左上隅にある Create ボタンをクリックします。

    Click the Create button.
  4. ダイアログボックスで、1 にプール名を設定して、2 にプールのタイプを erasure に設定します。3 に配置グループの数を設定し、4EC Overwrites を有効にします。5rbd アプリケーションを設定し、最後に 6Create Pool をクリックします。

    Create an EC RBD pool.
  5. 別のプールを作成しますが、今回はその種別を replicated に設定します。

    create a replicated pool
  6. Quality of Service の横にあるプラス記号をクリックして、QoS 設定を開きます。

    Open the QoS settings.
  7. 必要に応じて、個々の設定の横にあるクエスチョンマークをクリックして、その詳細を確認します。

    Click the question mark symbol.
  8. 変更する QoS 設定の値を入力または編集します。

    Enter values for QoS settings.
  9. 必要に応じて、設定の消しゴム記号をクリックしてローカル値を削除し、親グローバル設定から値を継承します。

    Click the eraser symbol to remove local values.

    設定のフィールドは無効になっているため、親から値を継承していることが示されます。

    The field is disabled.
  10. Create Pool ボタンをクリックします。

    Create the pool.