5.8.8. 双方向ミラーリングの削除

フェイルバックが完了したら、双方向ミラーリングを削除し、Ceph ブロックデバイスミラーリングサービスを無効にすることができます。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

Procedure

  1. site-b ストレージクラスターを site-a ストレージクラスターからピアとして削除します

    [root@rbd-client ~]# rbd mirror pool peer remove data client.remote@remote --cluster local
    [root@rbd-client ~]# rbd --cluster site-a mirror pool peer remove data client.site-b@site-b -n client.site-a

  2. site-a クライアントで rbd-mirror デーモンを停止し、無効にします。

    構文

    systemctl stop ceph-rbd-mirror@CLIENT_ID
    systemctl disable ceph-rbd-mirror@CLIENT_ID
    systemctl disable ceph-rbd-mirror.target

    [root@rbd-client ~]# systemctl stop ceph-rbd-mirror@site-a
    [root@rbd-client ~]# systemctl disable ceph-rbd-mirror@site-a
    [root@rbd-client ~]# systemctl disable ceph-rbd-mirror.target