7.5.4. VMware ESXi の iSCSI イニシエーターの設定

前提条件

  • 仮想マシンの互換性 6.5 または VMFS 6 での 6.7 を使用した VMware ESXi 6.5 および 6.7u3b
  • VMware ホストクライアントへのアクセス
  • esxcli コマンドを実行する VMware ESXi ホストへの root アクセス

Procedure

  1. HardwareAcceleratedMove (XCOPY)を無効にします。

    > esxcli system settings advanced set --int-value 0 --option /DataMover/HardwareAcceleratedMove
  2. iSCSI ソフトウェアを有効にします。Navigator ペインから、Storage 1 をクリックします。Adapters タブ 2 を選択します。Configure iSCSI 3 をクリックします。

    esx web client storage main mod
  3. 名前 & alias セクションのイニシエーター名 1 を確認します。

    esx web client config iscsi main mod step2
  4. イニシエーター名が gwcli を使用して初期設定中にクライアントを作成する際に使用されるイニシエーター名とは異なる場合は、イニシエーター名を変更します。VMware ESX ホストからこれらの esxcli コマンドを使用します。

    1. iSCSI ソフトウェアのアダプター名を取得します。

      > esxcli iscsi adapter list
      > Adapter  Driver     State   UID            Description
      > -------  ---------  ------  -------------  ----------------------
      > vmhba64  iscsi_vmk  online  iscsi.vmhba64  iSCSI Software Adapter
    2. イニシエーター名を設定します。

      構文

      > esxcli iscsi adapter set -A ADAPTOR_NAME -n INITIATOR_NAME

      > esxcli iscsi adapter set -A vmhba64 -n iqn.1994-05.com.redhat:rh7-client

  5. CHAP を設定します。CHAP 認証セクション 1 を展開します。 2 ターゲットで必要でない限り、「CHAP を使用しないでください」を選択します。初期設定で使用した CHAP 名 および Secret 3 の認証情報を入力します。相互 CHAP 認証セクション 4 が選択されていることを確認します。CHAP は選択されていません。

    esx web client chap mod step3
    警告

    VMware Host Client のバグにより、CHAP 設定が最初に使用されません。Ceph iSCSI ゲートウェイノードでは、カーネルログには、このバグを示す以下のエラーが含まれます。

    > kernel: CHAP user or password not set for Initiator ACL
    > kernel: Security negotiation failed.
    > kernel: iSCSI Login negotiation failed.

    このバグを回避するには、esxcli コマンドを使用して CHAP を設定します。authname 引数は、vSphere Web クライアントの Name です。

    > esxcli iscsi adapter auth chap set --direction=uni --authname=myiscsiusername --secret=myiscsipassword --level=discouraged -A vmhba64
  6. iSCSI 設定を構成します。Advanced settings 1 を展開します。RecoveryTimeout の値を 25 2 に設定します。

    esx web client iscsi recovery timeout mod step4
  7. 検出アドレスを設定します。Dynamic targets セクションで、Add dynamic target 1 をクリックします。 2 Address 3 の下に、Ceph iSCSI ゲートウェイの 1 つの IP アドレスを追加します。IP アドレス を 1 つだけ追加する必要があります。最後に、Save configuration ボタン 4 をクリックします。メインのインターフェースから デバイス タブで、RBD イメージが表示されます。

    esx web client config iscsi main mod step5
    注記

    LUN は、ALUA SATP および MRU PSP を使用して自動的に設定されます。他の SATP および PSP は使用しないでください。これは、esxcli コマンドで確認できます

    構文

    esxcli storage nmp path list -d eui.DEVICE_ID

    DEVICE_ID を適切なデバイス識別子に置き換えます。

  8. マルチパスが正しく設定されていることを確認します。

    1. デバイスを一覧表示します。

      > esxcli storage nmp device list | grep iSCSI
         Device Display Name: LIO-ORG iSCSI Disk (naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b)
         Device Display Name: LIO-ORG iSCSI Disk (naa.6001405057360ba9b4c434daa3c6770c)

    2. 前のステップで Ceph iSCSI ディスクのマルチパス情報を取得します。

      > esxcli storage nmp path list -d naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b
      
      iqn.2005-03.com.ceph:esx1-00023d000001,iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw,t,1-naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b
         Runtime Name: vmhba64:C0:T0:L0
         Device: naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b
         Device Display Name: LIO-ORG iSCSI Disk (naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b)
         Group State: active
         Array Priority: 0
         Storage Array Type Path Config: {TPG_id=1,TPG_state=AO,RTP_id=1,RTP_health=UP}
         Path Selection Policy Path Config: {current path; rank: 0}
      
      iqn.2005-03.com.ceph:esx1-00023d000002,iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw,t,2-naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b
         Runtime Name: vmhba64:C1:T0:L0
         Device: naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b
         Device Display Name: LIO-ORG iSCSI Disk (naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b)
         Group State: active unoptimized
         Array Priority: 0
         Storage Array Type Path Config: {TPG_id=2,TPG_state=ANO,RTP_id=2,RTP_health=UP}
         Path Selection Policy Path Config: {non-current path; rank: 0}

      この出力例から、各パスには、以下の部分を含む iSCSI または SCSI 名があります。

      Initigw Target port group = iqn.2005-03.com.ceph:esx1 ISID = 00023d000002 Target name = iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw Target port group = 2 Device id = naa.6001405f8d087846e7b4f0e9e3acd44b

      Group State の値が active の場合は、iSCSI ゲートウェイへの Active-Optimized パスであることを示します。gwcli コマンドは、iSCSI ゲートウェイ所有者としてアクティブを表示します。残りのパスには Group State 値が最適化されず 、アクティブなパスが停止するとフェイルオーバーパスになります

  9. 各 iSCSI ゲートウェイへのすべてのパスと一致させるには、次のコマンドを実行します。

    > esxcli iscsi session connection list
    vmhba64,iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw,00023d000001,0
       Adapter: vmhba64
       Target: iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw
       ISID: 00023d000001
       CID: 0
       DataDigest: NONE
       HeaderDigest: NONE
       IFMarker: false
       IFMarkerInterval: 0
       MaxRecvDataSegmentLength: 131072
       MaxTransmitDataSegmentLength: 262144
       OFMarker: false
       OFMarkerInterval: 0
       ConnectionAddress: 10.172.19.21
       RemoteAddress: 10.172.19.21
       LocalAddress: 10.172.19.11
       SessionCreateTime: 08/16/18 04:20:06
       ConnectionCreateTime: 08/16/18 04:20:06
       ConnectionStartTime: 08/16/18 04:30:45
       State: logged_in
    
    vmhba64,iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw,00023d000002,0
       Adapter: vmhba64
       Target: iqn.2003-01.com.redhat.iscsi-gw:iscsi-igw
       ISID: 00023d000002
       CID: 0
       DataDigest: NONE
       HeaderDigest: NONE
       IFMarker: false
       IFMarkerInterval: 0
       MaxRecvDataSegmentLength: 131072
       MaxTransmitDataSegmentLength: 262144
       OFMarker: false
       OFMarkerInterval: 0
       ConnectionAddress: 10.172.19.22
       RemoteAddress: 10.172.19.22
       LocalAddress: 10.172.19.12
       SessionCreateTime: 08/16/18 04:20:06
       ConnectionCreateTime: 08/16/18 04:20:06
       ConnectionStartTime: 08/16/18 04:30:41
       State: logged_in

    パス名を ISID 値で一致させ、RemoteAddress の値は、独自の iSCSI ゲートウェイの IP アドレスです。