Menu Close

3.2.4. ストレージクラスターイベントの監視

コマンドラインインターフェースを使用して、Ceph Storage クラスターで発生しているイベントを監視することができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. コマンドラインでクラスターの進行中のイベントを確認するには、新しい端末を開き、以下を入力します。

    [root@mon ~]# ceph -w

    Ceph は各イベントを出力します。たとえば、1 台のモニターで構成され、2 つの OSD で構成される小さな Ceph クラスターが以下のように出力されます。

    cluster b370a29d-9287-4ca3-ab57-3d824f65e339
     health HEALTH_OK
     monmap e1: 1 mons at {ceph1=10.0.0.8:6789/0}, election epoch 2, quorum 0 ceph1
     osdmap e63: 2 osds: 2 up, 2 in
      pgmap v41338: 952 pgs, 20 pools, 17130 MB data, 2199 objects
            115 GB used, 167 GB / 297 GB avail
                 952 active+clean
    
    2014-06-02 15:45:21.655871 osd.0 [INF] 17.71 deep-scrub ok
    2014-06-02 15:45:47.880608 osd.1 [INF] 1.0 scrub ok
    2014-06-02 15:45:48.865375 osd.1 [INF] 1.3 scrub ok
    2014-06-02 15:45:50.866479 osd.1 [INF] 1.4 scrub ok
    2014-06-02 15:45:01.345821 mon.0 [INF] pgmap v41339: 952 pgs: 952 active+clean; 17130 MB data, 115 GB used, 167 GB / 297 GB avail
    2014-06-02 15:45:05.718640 mon.0 [INF] pgmap v41340: 952 pgs: 1 active+clean+scrubbing+deep, 951 active+clean; 17130 MB data, 115 GB used, 167 GB / 297 GB avail
    2014-06-02 15:45:53.997726 osd.1 [INF] 1.5 scrub ok
    2014-06-02 15:45:06.734270 mon.0 [INF] pgmap v41341: 952 pgs: 1 active+clean+scrubbing+deep, 951 active+clean; 17130 MB data, 115 GB used, 167 GB / 297 GB avail
    2014-06-02 15:45:15.722456 mon.0 [INF] pgmap v41342: 952 pgs: 952 active+clean; 17130 MB data, 115 GB used, 167 GB / 297 GB avail
    2014-06-02 15:46:06.836430 osd.0 [INF] 17.75 deep-scrub ok
    2014-06-02 15:45:55.720929 mon.0 [INF] pgmap v41343: 952 pgs: 1 active+clean+scrubbing+deep, 951 active+clean; 17130 MB data, 115 GB used, 167 GB / 297 GB avail

    出力には以下が含まれます。

    • クラスター ID
    • クラスターの正常性ステータス
    • モニターマップエポックおよびモニタークォーラムのステータス
    • OSD マップエポックおよび OSD のステータス
    • 配置グループマップバージョン
    • 配置グループとプールの数
    • 保存されるデータの 想定 量および保存されるオブジェクト数
    • 保存されるデータの合計量