Menu Close

3.2.2. Ceph コマンドラインインターフェースの対話形式の使用

ceph コマンドラインユーティリティーを使用して、Ceph ストレージクラスターと対話的にインターフェースで接続することができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. インタラクティブモードで ceph ユーティリティーを実行するには、以下を行います。

    1. ベアメタル デプロイメント:

      [root@mon ~]# ceph
      ceph> health
      ceph> status
      ceph> quorum_status
      ceph> mon_status

    2. コンテナー デプロイメント:

      Red Hat Enterprise Linux 7

      docker exec -it ceph-mon-MONITOR_NAME /bin/bash

      Red Hat Enterprise Linux 8

      podman exec -it ceph-mon-MONITOR_NAME /bin/bash

      置き換え
      • MONITOR_NAME は、Ceph Monitor コンテナーの名前に置き換えます。docker ps コマンドまたは podman ps コマンドを実行します。

        [root@container-host ~]# podman exec -it ceph-mon-mon01 /bin/bash

        この例では、mon01 で対話的なターミナルセッションを開き、Ceph インタラクティブシェルを起動することができます。