Menu Close

3.2.7. OSD の使用状況の統計について

ceph osd df コマンドを使用して、OSD 使用率の統計を表示します。

[root@mon]# ceph osd df
ID CLASS WEIGHT  REWEIGHT SIZE    USE     DATA    OMAP    META    AVAIL   %USE VAR  PGS
 3   hdd 0.90959  1.00000  931GiB 70.1GiB 69.1GiB      0B    1GiB  861GiB 7.53 2.93  66
 4   hdd 0.90959  1.00000  931GiB 1.30GiB  308MiB      0B    1GiB  930GiB 0.14 0.05  59
 0   hdd 0.90959  1.00000  931GiB 18.1GiB 17.1GiB      0B    1GiB  913GiB 1.94 0.76  57
MIN/MAX VAR: 0.02/2.98  STDDEV: 2.91
  • ID: OSD の名前。
  • CLASS: OSD が使用するデバイスのタイプ。
  • WEIGHT: CRUSH マップの OSD の重み。
  • REWEIGHT: デフォルトの再重み値です。
  • SIZE: OSD の全体的なストレージ容量
  • USE: OSD の容量
  • DATA: ユーザーデータが使用する OSD 容量
  • OMAP: オブジェクトマップ (omap) データを保存するために使用されている bluefs ストレージの推定値 (rocksdb に保存されたキー/値のペア)。
  • META: 内部メタデータに割り当てられた bluefs の領域、または bluestore_bluefs_min パラメーターで設定された値のうちいずれか大きい方の値で、bluefs に割り当てられた領域の合計から推定 omap データサイズを差し引いた値として計算されます。
  • AVAIL: OSD で利用可能な空き容量
  • %USE: OSD で使用されるストレージの表記率
  • VAR: 平均の使用率を上回るまたは下回る変動。
  • PGS: OSD 内の配置グループ数
  • MIN/MAX VAR: すべての OSD における変更の最小値および最大値。

関連情報