Menu Close

2.5. インスタンスごとの Ceph デーモンの開始、停止、および再起動

インスタンスごとに Ceph デーモンを起動、停止、または再起動するには、Ceph デーモンを実行するノードで以下の手順に従います。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへの root アクセスを持つ。

手順

  • Ceph Monitor ノード上で以下を行います。

    起動:

    [root@mon ~]# systemctl start ceph-mon@MONITOR_HOST_NAME

    停止:

    [root@mon ~]# systemctl stop ceph-mon@MONITOR_HOST_NAME

    再起動:

    [root@mon ~]# systemctl restart ceph-mon@MONITOR_HOST_NAME

    置き換え

    • MONITOR_HOST_NAME を、Ceph Monitor ノードの名前に置き換えます。
  • Ceph Manager ノードで以下を行います。

    起動:

    [root@mgr ~]# systemctl start ceph-mgr@MANAGER_HOST_NAME

    停止:

    [root@mgr ~]# systemctl stop ceph-mgr@MANAGER_HOST_NAME

    再起動:

    [root@mgr ~]# systemctl restart ceph-mgr@MANAGER_HOST_NAME

    置き換え

    • MANAGER_HOST_NAME は、Ceph Manager ノードの名前に置き換えます。
  • Ceph OSD ノード:

    起動:

    [root@osd ~]# systemctl start ceph-osd@OSD_NUMBER

    停止:

    [root@osd ~]# systemctl stop ceph-osd@OSD_NUMBER

    再起動:

    [root@osd ~]# systemctl restart ceph-osd@OSD_NUMBER

    置き換え

    • OSD_NUMBER を、Ceph OSD の ID 番号に置き換えます。

      たとえば、ceph osd ツリー コマンドの出力を確認すると、osd.0ID0 になります。

  • Ceph Object Gateway ノードで以下を行います。

    起動:

    [root@rgw ~]# systemctl start ceph-radosgw@rgw.OBJ_GATEWAY_HOST_NAME

    停止:

    [root@rgw ~]# systemctl stop ceph-radosgw@rgw.OBJ_GATEWAY_HOST_NAME

    再起動:

    [root@rgw ~]# systemctl restart ceph-radosgw@rgw.OBJ_GATEWAY_HOST_NAME

    置き換え

    • OBJ_GATEWAY_HOST_NAME は、Ceph Object Gateway ノードの名前に置き換えます。