Menu Close

9.4. Ceph BlueStore のサイジングに関する考慮事項

BlueStore OSD を使用して従来のドライブとソリッドステートドライブを混在させる場合には、JusDB 論理ボリューム (block.db) のサイズを適切に設定することが重要です。Red Hat では、オブジェクト、ファイル、混合ワークロードで RocksDB の論理ボリュームをブロックサイズの 4% 以下にすることを推奨しています。Red Hat は、JlowsDB および OpenStack のブロックワークロードにおいて、BlueStore ブロックサイズの 1% をサポートしています。たとえば、オブジェクトワークロードのブロックサイズが 1 TB の場合は、最低でも 40 GB の RocksDB 論理ボリュームを作成します。

ドライブタイプを混合しない場合は、個別の RocksDB 論理ボリュームを持つ必要はありません。BlueStore は、RocksDB のサイジングを自動的に管理します。

BlueStore のキャッシュメモリーは、RocksDB、BlueStoreのメタデータ、オブジェクトデータのキー/値のペアのメタデータで使用されます。

注記

BlueStore キャッシュのメモリー値は、OSD によってすでに使用されているメモリーフットプリントに追加されます。