Menu Close

4.2. Ceph のオーバーライドオプションの設定および設定解除

Ceph のデフォルト動作を上書きするために、Ceph オプションを設定および設定解除することができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. Ceph のデフォルトの動作を上書きするには、ceph osd set コマンドおよび上書きする動作を使用します。

    ceph osd set FLAG

    動作を設定したら、ceph health には、クラスターに設定したオーバーライドが反映されます。

  2. Ceph のデフォルトの動作を上書きするには、ceph osd unset コマンドおよび停止するオーバーライドを使用します。

    ceph osd unset FLAG
フラグ詳細

noin

OSD が、クラスター での扱いになるのを防ぎます。

noout

OSD が、クラスター での扱いになるのを防ぎます。

noup

OSD が up で稼働している扱いになるのを防ぎます。

nodown

OSD が down 扱いされるのを防ぎます。

full

クラスターが full_ratio に達したように表示され、書き込み操作が阻止されます。

pause

Ceph は読み取り操作および書き込み操作の処理を停止しますが、ステータスの OSD のステータス inoutup、または down は影響を受けません。

nobackfill

Ceph により、新しいバックフィルの操作が回避されます。

norebalance

Ceph により、新たなリバランス操作が回避されます。

norecover

Ceph により、新たなリカバリー操作が回避されます。

noscrub

Ceph は新規スクラビングの操作を回避します。

nodeep-scrub

Ceph は、新たな深層スクラブ作業を行いません。

notieragent

Ceph は、コールド/ダーティーオブジェクトをフラッシュしてエビクトすることを目的とするプロセスを無効にします。