Menu Close

3.3.6. 配置グループのピア状態

Ceph が配置グループをピアリングする場合、Ceph は配置グループのレプリカを保存する OSD を配置グループ内のオブジェクトおよびメタデータの 状態について合意 に持ち込みます。Ceph がピアリングを完了すると、配置グループを格納する OSD が配置グループの現在の状態について合意することを意味します。ただし、ピアリングプロセスを完了しても、各レプリカに最新のコンテンツがある わけではありません

権威の履歴

Ceph は、動作セットのすべての OSD が書き込み操作を持続させるまで、クライアントへの書き込み操作を 承認しません。これにより、有効なセットの少なくとも 1 つメンバーが、最後に成功したピア操作以降の確認済みの書き込み操作がすべて記録されるようになります。

それぞれの確認応答書き込み操作の正確なレコードにより、Ceph は配置グループの新しい権威履歴を構築して公開することができます。完全かつ完全に命令された一連の操作が実行されれば、OSD の配置グループのコピーを最新の状態にすることができます。