Menu Close

3.3.22. スタックした配置グループの特定

前述のように、配置グループは、その状態が active+clean ではないため、必ずしも問題になるとは限りません。一般的に、Ceph の自己修復機能は、配置グループが停止しても機能しない場合があります。スタック状態には、以下が含まれます。

  • Unclean: 配置グループには、必要な回数複製しないオブジェクトが含まれます。これらは回復中である必要があります。
  • Inactive: 配置グループは、最新のデータを持つ OSD が up に戻るのを待っているため、読み取りや書き込みを処理できません。
  • Stale: 配置グループは不明な状態です。配置グループは、これらをホストする OSD がしばらくモニタークラスターに報告されず、mon osd report timeout 設定で設定できるためです。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. スタックした配置グループを特定するには、以下のコマンドを実行します。

    ceph pg dump_stuck {inactive|unclean|stale|undersized|degraded [inactive|unclean|stale|undersized|degraded...]} {<int>}