Menu Close

3.3.14. プールのリカバリーまたはバックフィル操作の優先度の強制

プールのすべての配置グループに優先度の高いリカバリーまたはバックフィルが必要な場合は、force-recovery または force-backfill オプションを使用して操作を開始します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. 指定されたプールのすべての配置グループで優先度の高いリカバリーまたはバックフィルを強制するには、以下を実行します。

    構文

    ceph osd pool force-recovery POOL_NAME
    ceph osd pool force-backfill POOL_NAME

    [root@node]# ceph osd pool force-recovery pool1
    [root@node]# ceph osd pool force-backfill pool1

    注記

    force-recovery および force-backfill コマンドの使用には注意が必要です。これらの操作の優先度を変更すると、Ceph の内部優先度計算の順序付けが乱れる可能性があります。