Menu Close

5.4.6. Ceph ユーザーのコマンドライン使用方法

Ceph では、ユーザー名およびシークレットについて、以下の用途がサポートされます。

--id | --user

詳細
Ceph は、種別と ID を持つユーザーを識別します。たとえば、TYPE.ID または client.adminclient.user1 です。id オプション、name オプション、および -n オプションを使用すると、ユーザー名の ID 部分を指定できます。たとえば、adminuser1foo などです。--id でユーザーを指定し、タイプを省略できます。たとえば、ユーザー client.foo を指定するには、次のコマンドを実行します。
[root@mon ~]# ceph --id foo --keyring /path/to/keyring health
[root@mon ~]# ceph --user foo --keyring /path/to/keyring health

--name | -n

詳細
Ceph は、種別と ID を持つユーザーを識別します。たとえば、TYPE.ID または client.adminclient.user1 です。--name オプションおよび -n オプションを使用すると、完全修飾ユーザー名を指定できます。ユーザータイプ(通常は client) をユーザー ID で指定する必要があります。以下に例を示します。
[root@mon ~]# ceph --name client.foo --keyring /path/to/keyring health
[root@mon ~]# ceph -n client.foo --keyring /path/to/keyring health

--keyring

詳細
1 つ以上のユーザー名およびシークレットが含まれるキーリングへのパス。--secret オプションは、同じ機能を提供しますが、別の目的で --secret を使用する Ceph RADOS Gateway では機能しません。ceph auth get-or-create でキーリングを取得して、ローカルに保存する場合があります。キーリングパスを切り替えなくてもユーザー名を切り替えることができるため、これは優先されます。以下に例を示します。
[root@mon ~]# rbd map foo --pool rbd myimage --id client.foo --keyring /path/to/keyring