Menu Close

9.2. Ceph BlueStore デバイス

本セクションでは、BlueStore バックエンドが使用するブロックデバイスを説明します。

BlueStore は、1 つ、2 つ、または 3 つのストレージデバイスを管理します。

  • プライマリー
  • WAL
  • DB

最も単純なケースでは、BlueStore は単一の (プライマリー) ストレージデバイスを使用します。ストレージデバイスは、以下を含む 2 つの部分に分割されます。

  • OSD メタデータ: OSD の基本的なメタデータが含まれる XFS でフォーマットされた小規模なパーティション。このデータディレクトリーには、OSD に関する情報 (所属するクラスター、およびプライベートキーリング) が含まれます。
  • データ: BlueStore によって直接管理され、すべての OSD データが含まれる残りのデバイスを占有する大容量パーティション。このプライマリーデバイスは、data ディレクトリーのブロックシンボリックリンクで識別されます。

2 つの追加デバイスを使用することもできます。

  • WAL (write-ahead-log) デバイス: BlueStore 内部ジャーナルまたは write-ahead ログを保存するデバイス。これは、data ディレクトリーの block.wal シンボリックリンクによって識別されます。デバイスがプライマリーデバイスよりも高速の場合にのみ WAL デバイスを使用することを検討してください。たとえば、WAL デバイスが SSD ディスクを使用し、プライマリーデバイスが HDD ディスクを使用する場合です。
  • DB デバイス: BlueStore 内部メタデータを保存するデバイス。組み込み RocksDB データベースは、パフォーマンスを向上させるために、プライマリーデバイスではなく DB デバイスにできるだけ多くのメタデータを配置します。DB デバイスが満杯になると、プライマリーデバイスへのメタデータの追加が開始します。デバイスがプライマリーデバイスよりも高速の場合にのみ DB デバイスを使用することを検討してください。
警告

高速デバイスで利用可能なギガバイトストレージのみが存在する場合。Red Hat は、WAL デバイスとして使用することを推奨します。より高速なデバイスがある場合は、DB デバイスとして使用することを検討してください。BlueStore ジャーナルは常に最速のデバイスに配置されるため、DB デバイスを使用すると、WAL デバイスと同じ利点が得られます。また、追加のメタデータを格納することもできます。