Menu Close

9.3. Ceph BlueStore キャッシュ

BlueStore キャッシュババッファーの集合体で、設定によっては OSD デーモンがディスクからの読み込みや書き込みを行う際に、データで埋められることがあります。Red Hat Ceph Storage のデフォルトでは、BlueStore は読み取り時にキャッシュされますが、書き込みは行いません。これは、キャッシュエビクションに関連するオーバーヘッドを回避するために bluestore_default_buffered_write オプションが false に設定されているためです。

bluestore_default_buffered_write オプションが true に設定されていると、データは最初にバッファーに書き込まれ、その後ディスクにコミットされます。その後、書き込みの確認がクライアントに送信されます。これにより、データがエビクトされるまで、キャッシュ内のデータへの読み取り速度が速くなります。

読み取り量の多いワークロードでは、BlueStore キャッシングからすぐに利益を得ることはできません。より多くの読み取りが行われると、キャッシュは時間の経過とともに増大し、後続の読み取りではパフォーマンスが向上するようになります。キャッシュがどのくらいの速さで生成されるかは、BlueStore のブロックおよびデータベースのディスクタイプ、ならびにクライアントのワークロード要件に依存します。

重要

bluestore_default_buffered_write オプションを有効にする前に、Red Hat サポート にお問い合わせください。