Menu Close

7.4. Ceph ブロックパフォーマンスのベンチマーク

Ceph には、ブロックデバイスへの順次書き込みをテストする rbd bench-write コマンドが含まれます。これは、スループットとレイテンシーの測定を行います。デフォルトのバイトサイズは 4096 で、デフォルトの I/O スレッド数は 16 で、書き込みするデフォルトのバイト数は 1 GB です。これらのデフォルトは、それぞれ --io-size オプション、--io-threads オプション、および --io-total オプションで変更できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. rbd カーネルモジュールを読み込んでいない場合は読み込みます。

    [root@mon ~]# modprobe rbd
  2. testbench プールに 1 GB の rbd イメージファイルを作成します。

    [root@mon ~]# rbd create image01 --size 1024 --pool testbench
  3. イメージファイルをデバイスファイルにマッピングします。

    [root@mon ~]# rbd map image01 --pool testbench --name client.admin
  4. ブロックデバイスに ext4 ファイルシステムを作成します。

    [root@mon ~]# mkfs.ext4 /dev/rbd/testbench/image01
  5. 新しいディレクトリーを作成します。

    [root@mon ~]# mkdir /mnt/ceph-block-device
  6. ブロックデバイスを /mnt/ceph-block-device/ にマウントします。

    [root@mon ~]# mount /dev/rbd/testbench/image01 /mnt/ceph-block-device
  7. ブロックデバイスに対して書き込みパフォーマンスのテストを実行します。

    [root@mon ~]# rbd bench --io-type write image01 --pool=testbench

    bench-write  io_size 4096 io_threads 16 bytes 1073741824 pattern seq
      SEC       OPS   OPS/SEC   BYTES/SEC
        2     11127   5479.59  22444382.79
        3     11692   3901.91  15982220.33
        4     12372   2953.34  12096895.42
        5     12580   2300.05  9421008.60
        6     13141   2101.80  8608975.15
        7     13195    356.07  1458459.94
        8     13820    390.35  1598876.60
        9     14124    325.46  1333066.62
        ..

関連情報