Menu Close

5.4.3. キーリングへのユーザーの追加

ユーザーを Ceph Storage クラスターに追加する際に、get 手順を使用してユーザー、キー、およびケイパビリティーを取得し、ユーザーをキーリングファイルに保存します。キーリングごとに 1 人のユーザーのみを使用する場合には、-o オプションを使用した Ceph ユーザー情報の表示 手順により、出力がキーリングファイル形式で保存されます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. client.admin ユーザーにキーリングを作成するには、以下を実行します。

    [root@mon ~]# ceph auth get client.admin -o /etc/ceph/ceph.client.admin.keyring

    個々のユーザーに推奨されるファイル形式を使用することに注意してください。

  2. ユーザーをキーリングにインポートする場合には、ceph-authtool を使用して、宛先キーリングとソースキーリングを指定することができます。

    [root@mon ~]# ceph-authtool /etc/ceph/ceph.keyring --import-keyring /etc/ceph/ceph.client.admin.keyring