Menu Close

6.5. ceph-volumeを使用した Ceph OSD のアクティブ化

アクティベーションプロセスにより、システムの起動時に systemd ユニットが有効になり、正しい OSD 識別子とその UUID が有効になり、マウントされます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスターがある。
  • Ceph OSD ノードへのルートレベルのアクセス。
  • ceph-volume ユーティリティーが準備する Ceph OSD。

手順

  1. OSD ノードから OSD ID および UUID を取得します。

    [root@osd ~]# ceph-volume lvm list
  2. OSD をアクティベートします。

    構文

    ceph-volume lvm activate --bluestore OSD_ID OSD_UUID

    [root@osd ~]# ceph-volume lvm activate --bluestore 0 0263644D-0BF1-4D6D-BC34-28BD98AE3BC8

    アクティブ化用に準備されているすべての OSD を有効にするには、--all オプションを使用します。

    [root@osd ~]# ceph-volume lvm activate --all

関連情報