Menu Close

8.2. Ceph パフォーマンスカウンターへのアクセス

パフォーマンスカウンターは、Ceph Monitor および OSD のソケットインターフェースを介して利用できます。各デーモンのソケットファイルは、デフォルトでは /var/run/ceph の下にあります。パフォーマンスカウンターは、コレクション名にグループ化されます。これらのコレクション名はサブシステムまたはサブシステムのインスタンスを表します。

以下は、Monitor および OSD コレクション名のカテゴリーの一覧です。それぞれの簡単な説明を以下に示します。

コレクション名カテゴリーの監視

  • Cluster Metrics - ストレージクラスターに関する情報を表示します (モニター、OSD、プール、PG)。
  • Level Database Metrics - バックエンドの KeyValueStore データベースに関する情報を表示します。
  • Monitor Metrics - 一般的なモニター情報を表示します。
  • Paxos Metrics - クラスタークォーラム管理に関する情報を表示します。
  • Throttle Metrics - モニターのスロットリング方法の統計を表示します。

OSD コレクションの名前カテゴリー

  • Write Back Throttle Metrics - 書き込みバックスロットルがフラッシュされていない IO を追跡する方法についての統計を表示します。
  • Level Database Metrics - バックエンドの KeyValueStore データベースに関する情報を表示します。
  • Objecter Metrics - さまざまなオブジェクトベースの操作に関する情報を表示します。
  • Read and Write Operations Metrics - さまざまな読み取りおよび書き込み操作に関する情報を表示します。
  • Recovery State Metrics - さまざまなリカバリーの状態のレイテンシーを表示します。
  • OSD Throttle Metrics - OSD のスロットリング方法の統計の表示

RADOS ゲートウェイコレクションの名前カテゴリー

  • Object Gateway Client Metrics - GET 要求および PUT 要求の統計を表示します。
  • Objecter Metrics - さまざまなオブジェクトベースの操作に関する情報を表示します。
  • Object Gateway Throttle Metrics: OSD のスロットリングに関する統計の表示