ダッシュボードガイド

Red Hat Ceph Storage 4

Ceph Dashboard を使用した Ceph クラスターのモニタリング

Red Hat Ceph Storage Documentation Team

概要

本ガイドでは、監視および管理の目的で Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用する方法を説明します。

第1章 Ceph ダッシュボードの概要

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage Dashboard は管理機能および監視機能を提供します。これにより、クラスターの管理および設定が可能になり、それに関連する情報およびパフォーマンス統計を可視化を可能にします。ダッシュボードは、ceph-mgr デーモンがホストする Web サーバーを使用します。

ダッシュボードは Web ブラウザーからアクセスでき、たとえばマネージャーモジュールの設定や OSD の状態の監視などの有用な管理機能および監視機能が含まれます。

1.1. 前提条件

  • システム管理者レベルの経験

1.2. ダッシュボードコンポーネント

ダッシュボードの機能は複数のコンポーネントで提供されます。

  • デプロイメント用の Ansible 自動化アプリケーション。
  • 埋め込みダッシュボードである ceph-mgr モジュール。
  • 埋め込み Prometheus である ceph-mgr モジュール。
  • Prometheus の時系列データベース。
  • ストレージクラスターの各ノードで実行される Prometheus の node-exporter デーモン。
  • 監視ユーザーインターフェースおよびアラートを提供する Grafana プラットフォーム。

関連情報

1.3. Dashboard の機能

Ceph Dashboard は複数の機能を提供します。

管理機能

  • クラスターの階層の表示: CRUSH マップを表示できます。たとえば、特定の OSD ID が実行されているノードを判別できます。これは、OSD に問題がある場合に便利です。
  • マネージャーモジュールの設定: Ceph マネージャーモジュールのパラメーターを表示および変更できます。
  • ログの表示および絞り込み: イベントおよび監査クラスターのログを表示し、優先順位、キーワード、日付、または時間範囲に基づいてフィルタリングできます。
  • ダッシュボードコンポーネントの切り替え: ダッシュボードのコンポーネントを有効および無効にできるため、必要な機能のみが利用可能になります。
  • OSD 設定の管理: ダッシュボードを使用してクラスター全体の OSD フラグを設定できます。
  • アラートの表示 アラートページでは、現在のアラートの詳細を表示できます。
  • イメージのサービス品質: IOPS の制限や、BPS バーストレートの読み取りなど、イメージにパフォーマンス制限を設定できます。

監視機能

  • ユーザー名およびパスワード保護: 設定可能なユーザー名とパスワードのみを使用してダッシュボードにアクセスできます。
  • SSL および TLS のサポート: Web ブラウザーとダッシュボード間の HTTP 通信はすべて SSL 経由で保護されます。自己署名証明書は組み込みコマンドで作成できますが、認証局 (CA) が署名して発行したカスタム証明書をインポートすることもできます。
  • クラスターの全体的な健全性: クラスター全体のステータス、ストレージ使用率 (オブジェクトの数、生の容量、プールごとの使用量など)、プールのリスト、およびそれらのステータスと使用状況の統計を表示します。
  • ホスト: 実行中のサービスおよびインストールされた Ceph バージョンと共に、クラスターに関連付けられたホストの一覧を提供します。
  • パフォーマンスカウンター: 実行中の各サービスの詳細統計を表示します。
  • モニター: モニター、クォーラムのステータス、およびオープンセッションの一覧を表示します。
  • 設定リファレンス: 利用可能な設定オプション、その説明、デフォルト値の一覧を表示します。
  • クラスターログ: クラスターのイベントおよび監査ログを表示し、フィルタリングします。
  • ストレージクラスターの容量の表示: Red Hat Ceph Storage クラスターの生ストレージ容量は、Ceph Dashboard の Capacity パネルで確認できます。
  • Pools: すべての Ceph プールとその詳細を一覧表示および管理します。たとえば、アプリケーション、配置グループ、レプリケーションサイズ、EC プロファイル、CRUSH ルールセットなどです。
  • OSD: すべての OSD、それらのステータスおよび使用状況の統計に加えて、属性 (OSD マップ)、メタデータ、パフォーマンスカウンター、読み取り/書き込み操作のためのヒストグラムなどの詳細情報を一覧表示および管理します。
  • iSCSI: tcmu-runner サービスを実行するホストの一覧を表示し、読み取り/書き込み操作やトラフィックなど、すべてのイメージとそのパフォーマンスの特性を表示します。
  • イメージ: サイズ、オブジェクト、機能などのすべての RBD イメージと、そのプロパティーを表示します。RBD イメージの作成、コピー、変更、および削除を行います。選択したイメージのスナップショットを作成、削除、およびロールバックし、変更に対してこのスナップショットを保護するか、または保護を解除します。スナップショットをコピーまたは複製し、複製されたイメージを平坦化します。

    注記

    特定のイメージの Overall Performance タブの I/O 変更のパフォーマンスグラフには、Cluster > Manager modules > Prometheusrbd_stats_pool パラメーターを設定すると、そのイメージを含むプールを指定した後にのみ値が表示されます。

  • ミラーリング: 同期状態を含む、すべてのアクティブな同期デーモンとそのステータス、プール、および RBD イメージの一覧を表示します。
  • ファイルシステム: アクティブな Ceph ファイルシステム (CephFS) クライアントと関連するプール (使用状況の統計を含む) の一覧を表示します。
  • オブジェクトゲートウェイ (RGW): アクティブなすべてのオブジェクトゲートウェイとそのパフォーマンスカウンターを表示します。オブジェクトゲートウェイユーザーの表示および管理 (追加、編集、削除) およびその詳細 (クォータなど)、ユーザーのバケットおよびその詳細 (例: 所有者、クォータなど) を表示および管理します。

関連情報

1.3.1. ダッシュボード機能のオンとオフの切り替え

オンデマンドで機能を有効または無効にすることで、Red Hat Ceph Storage ダッシュボードのコンポーネントをカスタマイズできます。デフォルトでは、すべての機能が有効になっています。機能を無効にすると、Web インターフェース要素は非表示になり、関連付けられた REST API のエンドポイントはその機能に対する追加のリクエストを拒否します。ダッシュボード機能の有効化および無効化は、コマンドラインインターフェースまたは Web インターフェースから実行できます。

利用可能な機能:

  • Ceph ブロックデバイス:

    • イメージの管理 (rbd)
    • ミラーリング (mirroring)
    • iSCSI ゲートウェイ (iscsi)
  • Ceph ファイルシステム (cephfs)
  • Ceph Object Gateway (rgw)
注記

デフォルトでは、Ceph Manager は Ceph Monitor と併置されます。

注記

複数の機能を一度に無効にできます。

重要

機能が無効になったら、Web インターフェースの変更を反映するのに最大 20 秒かかる場合があります。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage ダッシュボードソフトウェアのインストールおよび設定
  • Ceph Manager ノードまたはダッシュボードの Web インターフェースへのユーザーアクセス

手順

  1. ダッシュボードの Web インターフェースからダッシュボード機能を切り替えるには、以下を実行します。

    1. ダッシュボードページのナビゲーションバーから Cluster に移動し、Manager Modules に移動してから Dashboard をクリックします。これにより、Edit Manager モジュール ページが開きます。
    2. Edit Manager module ページから、機能名の横にある選択ボックスを選択するか、選択を解除すると、ダッシュボードの機能を有効または無効にすることができます。

      Manager モジュールを編集
    3. 選択が完了したら、ページ下部の Update ボタンをクリックします。

      Update ボタン
  2. コマンドラインインターフェースからダッシュボード機能を切り替えるには、以下を実行します。

    1. Ceph Manager ノードにログインします。
    2. 機能のステータスの一覧を表示します。

      [user@mon ~]$ ceph dashboard feature status
    3. 機能を無効にします。

      [user@mon ~]$ ceph dashboard feature disable iscsi

      以下の例では、Ceph iSCSI ゲートウェイ機能を無効にします。

    4. 機能を有効にします。

      [user@mon ~]$ ceph dashboard feature enable cephfs

      以下の例では、Ceph Filesystem 機能を有効にします。

1.4. Dashboard アーキテクチャー

Dashboard アーキテクチャーは、Ceph Manager のダッシュボードプラグインおよびその他のコンポーネントによって異なります。以下の図を参照し、どのように連携するかを確認します。

Ceph Dashboard アーキテクチャーの図

第2章 Ceph Dashboard のインストールおよびアクセス

システム管理者は、ダッシュボードをインストールして初めてアクセスすることができます。

Red Hat Ceph Storage は、Cockpit Web インターフェースを使用してグラフィックにインストールするか、ceph-ansible RPM が提供する Ansible Playbook を使用してコマンドラインにインストールされます。Cockpit で同じ Ansible Playbook を使用して Ceph をインストールします。これらの Playbook により、デフォルトでダッシュボードがインストールされます。したがって、Ansible Playbook を直接使用するか、または Cockpit を使用して Ceph をインストールするかどうかに関わらず、ダッシュボードがインストールされます。

重要

デフォルトのダッシュボードパスワードを変更します。デフォルトでは、ダッシュボードのパスワードは p@ssw0rd で、安全ではありません。Playbook を使用して Ceph をインストールする前に、Ansible Playbook の all.ymldashboard_admin_password を更新するか、同じ Playbook またはダッシュボード自体を使用してインストールした後に、Ceph をインストールする前にデフォルトのパスワードを変更できます。詳細は、『インストールガイド』「ダッシュボードを使用したダッシュボードパスワードの変更」または「Ansible を使用したダッシュボードのパスワードの変更」を参照してください。

2.1. Cockpit を使用したダッシュボードのインストール

Red Hat Ceph Storage のインストールに Cockpit Web インターフェースを使用する場合、Dashboard はデフォルトでインストールされます。Grafana のインストールには Metrics ロールを持つホストを設定する必要があります。

前提条件

  • 完全な前提条件は 『インストールガイド』を参照してください。この手順では、ダッシュボードのインストールに関連する手順のみを強調しています。

手順

  1. Hosts ページでホストを追加し、Metrics ロールを設定します。

    cockpit でメトリックホストの追加
  2. Add をクリックします。
  3. 残りの Cockpit Ceph Installer の名前変更プロンプトを完了します。
  4. デプロイプロセスが完了したら、ページの右下隅にある Complete ボタンをクリックします。これにより、ceph status コマンドの出力と Dashboard のアクセス情報を表示するウィンドウが開きます。

    完了ボタン
  5. Ceph Cluster Status ウィンドウ下部に、URL、ユーザー名、パスワードなど、Dashboard のアクセス情報が表示されます。この情報を書き留めておいてください。

    Ceph Cluster Status ウィンドウ

2.2. Ansible を使用したダッシュボードのインストール

ダッシュボードは、ceph-ansible RPM が提供する Ansible Playbook を使用して Red Hat Ceph Storage をインストールする際にデフォルトでインストールされます。

前提条件

  • 完全な前提条件は 『インストールガイド』を参照してください。この手順では、ダッシュボードのインストールに関連する手順のみを強調しています。

手順

  1. その下でノードが定義された [grafana-server] グループが Ansible インベントリーファイルに存在することを確認します。Grafana と Prometheus がこのノードにインストールされている。

    [root@jb-ceph4-admin ~]# grep grafana-server -A 1 /etc/ansible/hosts
    [grafana-server]
    jb-ceph4-mon
  2. Ansible Playbook の all.yml で、Dashboard_enabled:False に設定されていないことを確認します。デフォルト設定が True を示すコメントがなければなりません。

    [root@jb-ceph4-admin ~]# grep "dashboard_enabled" /usr/share/ceph-ansible/group_vars/all.yml
    #dashboard_enabled: True
  3. 『インストールガイド』で説明されているように、Ceph をインストールするために必要な残りの手順を実施します。
  4. ベアメタルのインストール用に ansible-playbook site.yml を実行した後、コンテナーインストールの場合は ansible-playbook site-docker.yml を実行すると、Ansible によりダッシュボードのアクセス情報が出力されます。Playbook 出力の最後にあるダッシュボードの URL、ユーザー名、およびパスワードを検索します。

    2019-12-13 15:31:17,871 p=11421 u=admin |  TASK [ceph-dashboard : print dashboard URL] ************************************************************
    2019-12-13 15:31:17,871 p=11421 u=admin |  task path: /usr/share/ceph-ansible/roles/ceph-dashboard/tasks/main.yml:5
    2019-12-13 15:31:17,871 p=11421 u=admin |  Friday 13 December 2019  15:31:17 -0500 (0:00:02.189)       0:04:25.380 *******
    2019-12-13 15:31:17,934 p=11421 u=admin |  ok: [jb-ceph4-mon] =>
      msg: The dashboard has been deployed! You can access your dashboard web UI at http://jb-ceph4-mon:8443/ as an 'admin' user with 'p@ssw0rd' password.

    出力 You can access your dashboard web UI at http://jb-ceph4-mon:8443/ as an 'admin' user with 'p@ssw0rd' password. を書き留めます。

注記

Ansible Playbook は以下を行います。

  • ceph-mgr の Prometheus モジュールを有効にします。
  • ceph-mgr でダッシュボードモジュールを有効にし、TCP ポート 8443 を開きます。
  • Prometheus の node_exporter デーモンをストレージクラスターの各ノードにデプロイします。

    • TCP ポート 9100 を開きます。
    • node_exporter デーモンを起動します。
  • Ansible インベントリーファイルの [grafana-server] の下にある Docker/systemd の下に Grafana および Prometheus コンテナーをデプロイします。

    • 各 Ceph ホストで実行している ceph-mgr ノードおよび node-exporters からデータを収集するように Prometheus を設定します。
    • TCP ポート 3000 を開きます。
    • Grafana にダッシュボード、テーマ、およびユーザーアカウントを作成します。
    • Ceph Dashboard のログインページの URL を表示します。

2.3. ネットワークポートの要件

ダッシュボードのコンポーネントは、アクセスする必要のある特定の TCP ネットワークポートを使用します。デフォルトでは、Red Hat Ceph Storage のインストール時に、ネットワークポートは firewalld で自動的に開きます。これは、Ansible Playbook の /usr/share/ceph-ansible/group_vars/all.ymlconfigure_firewall: True 行の TrueFalse に設定すると変更できます。firewalld 以外のファイアウォールを使用する場合は、以下のポートが開いていることを確認してください。

表2.1 TCP ポート要件

ポート使用方法ノード

8443

ダッシュボードの Web インターフェース

Ceph Manager ノード。

3000

Grafana

Ansible インベントリーファイルの [grafana-server] の下にあるノード。

9090

基本的な Prometheus グラフ用のデフォルトの Prometheus サーバー

Ansible インベントリーファイルの [grafana-server] の下にあるノード。

9092

Cockpit がデフォルトのポートを使用する場合に使用する基本的な Prometheus グラフ用の Prometheus サーバー

Ansible インベントリーファイルの [grafana-server] の下にあるノード。

9093

Prometheus Alertmanager

すべての Ceph Manager ノード。

9094

複数のインスタンスから作成された可用性の高いクラスターを設定するための Prometheus Alertmanager

すべての Ceph Manager ノード。

9100

Prometheus の node-exporter デーモン

すべてのストレージクラスターノード。

9283

Ceph Manager Prometheus エクスポーターモジュール

すべての Ceph Manager ノード。

9287

Ceph iSCSI ゲートウェイデータ

すべての Ceph iSCSI ゲートウェイノード。

関連情報

2.4. ダッシュボードへのアクセス

ダッシュボードにアクセスすると、Red Hat Ceph Storage クラスターを管理および監視できます。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage Dashboard の正常なインストール
  • NTP はクロックを適切に同期しています。
注記

ノードが適切に同期されない場合に、ダッシュボードノード、クラスターノード、およびブラウザー間で時間ラグが発生する可能性があります。すべてのノードと、ブラウザーを実行するシステムが NTP によって同期されていることを確認します。デフォルトでは、Red Hat Ceph Storage をデプロイすると、Ansible は全ノードに NTP を設定します。確認するには、Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は「ntpd を使用した NTP 設定」を参照してください。Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は「Chrony スイートを使用した NTP の設定」を参照してください。別のオペレーティングシステムでブラウザーを実行する場合は、そのオペレーティングシステムのベンダーに NTP 設定情報を確認してください。

注記

Red Hat Ceph Storage で OpenStack Platform (OSP) を使用しているときに OSP Safe Mode を有効にする場合は、以下のいずれかの方法を使用します。Ansible で Ansible Playbook の group_vars/all.yml を編集し、dashboard_admin_user_ro: true を設定してから、ベアメタルまたはコンテナーデプロイメントのそれぞれ site.yml または site-container.yml に対して ansible-playbook を再実行します。ceph コマンドを使用して OSP Safe Mode を有効にするには、ceph dashboard ac-user-set-roles admin read-only を実行します。Ansible Playbook の ceph-ansible を実行しても変更が維持されるようにするには、group_vars/all.yml を編集して Dashboard_admin_user_ro: true を設定します。

手順

  1. Web ブラウザーに以下の URL を入力します。

    http:// HOST_NAME : PORT

    以下を置き換えます。

    • HOST_NAME は、ダッシュボードノードのホスト名に置き換えます。
    • PORT は、ポート 8443 に置き換えます。

      以下に例を示します。

      http://dashboard:8443
  2. インストール時にパスワードを変更しなかった場合は、ログインページでユーザー名 admin とデフォルトパスワード p@ssw0rd を入力します。

    図2.1 Ceph Dashboard ログインページ

    Ceph Dashboard ログインページ
  3. ログイン後、ダッシュボードのデフォルトランディングページが表示され、Red Hat Ceph Storage クラスターのステータス、パフォーマンス、および容量のメトリックの概要が提供されています。

    図2.2 Ceph Dashboard のデフォルトのランディングページ

    Ceph Dashboard のデフォルトのランディングページ

2.5. Ansible を使用したダッシュボードパスワードの変更

デフォルトでは、ダッシュボードにアクセスするためのパスワードは p@ssw0rd に設定されます。

重要

セキュリティー上の理由から、インストール後にパスワードを変更します。

Ansible を使用してダッシュボードのパスワードを変更できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ansible 管理ノードへのアクセス

手順

  1. Ansible Playbook ファイル /usr/share/ceph-ansible/group_vars/all.yml を開いて編集します。
  2. この行でコメント解除してパスワードを更新します。

    #dashboard_admin_password: p@ssw0rd

    を、以下のようにします。

    dashboard_admin_password: NEW_PASSWORD

    NEW_PASSWORD を、希望するパスワードに置き換えます。

  3. Ceph クラスターをデプロイまたは更新する Ansible Playbook ファイルを再実行します。

    1. ベアメタルのインストールには、Playbook の site.yml を使用します。

      [admin@admin ceph-ansible]$ ansible-playbook -v site.yml
    2. コンテナーのインストールには、Playbook の site-docker.yml を使用します。

      [admin@admin ceph-ansible]$ ansible-playbook -v site-docker.yml
  4. 新しいパスワードを使用してログインします。

2.6. ダッシュボードを使用したダッシュボードパスワードの変更

デフォルトでは、ダッシュボードにアクセスするためのパスワードは p@ssw0rd に設定されます。

重要

セキュリティー上の理由から、インストール後にパスワードを変更します。

ダッシュボードを使用してパスワードを変更するには、Ansible でダッシュボードのパスワード設定を変更して、Red Hat Ceph Storage クラスターの再設定に Ansible が使用されている場合は、パスワードがデフォルトのパスワードに戻らないようにします。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター

手順

  1. group_vars/all.yml ファイルでパスワードを更新し、Ansible を使用して Ceph クラスターを再設定する際にパスワードが p@ssw0rd にリセットされないようにします。

    1. Ansible Playbook ファイル /usr/share/ceph-ansible/group_vars/all.yml を開いて編集します。
    2. この行でコメント解除してパスワードを更新します。

      #dashboard_admin_password: p@ssw0rd

      上記を、以下のようにします。

      dashboard_admin_password: NEW_PASSWORD

      NEW_PASSWORD を、希望するパスワードに置き換えます。

  2. ダッシュボードの Web ユーザーインターフェースでパスワードを変更します。

    1. ダッシュボードにログインします。

      http://HOST_NAME:8443
    2. ツールバーの右上のダッシュボード設定アイコンをクリックして、User management をクリックします。

      ユーザー管理
    3. Username テーブルで admin ユーザーを見つけ、admin をクリックします。

      ユーザー管理
    4. テーブルタイトルの Username にある Edit ボタンをクリックします。
    5. 新しいパスワードを入力し、再入力して Edit User をクリックします。

      ユーザー管理

      ログアウトし、ログイン画面が表示されます。パスワードの変更を確認する通知が表示されます。

  3. 新しいパスワードを使用して再度ログインします。

2.7. Ceph Dashboard のシングルサインオンの有効化

Ceph Dashboard は、Security Assertion Markup Language (SAML) プロトコルを使用したユーザーの外部認証をサポートします。Ceph ダッシュボードにシングルサインオン (SSO) を使用する前に、ダッシュボードのユーザーアカウントを作成して必要なロールを割り当てます。Ceph Dashboard はユーザーの承認を実行し、認証プロセスは既存のアイデンティティープロバイダー (IdP) によって実行されます。Red Hat は、Keycloak を使用してダッシュボードの SSO 機能をテストします。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ceph Dashboard ソフトウェアのインストール
  • Dashboard を起動します。
  • Ceph Manager ノードへのルートレベルのアクセス。
  • 以下のライブラリーパッケージを Ceph Manager ノードにインストールします。

    • python3-saml
    • python3-defusedxml
    • python3-isodate
    • python3-xmlsec

手順

  1. Ceph Dashboard で SSO を設定するには、以下のコマンドを実行します。

    1. ベアメタル デプロイメント:

      構文

      ceph dashboard sso setup saml2 CEPH_DASHBOARD_BASE_URL IDP_METADATA IDP_USERNAME_ATTRIBUTE IDP_ENTITY_ID SP_X_509_CERT SP_PRIVATE_KEY

      [root@mon ~]# ceph dashboard sso setup saml2 http://dashboard_hostname.ceph.redhat.com:8443 idp-metadata.xml username http://10.70.59.125:8080/auth/realms/realm_name /home/certificate.txt /home/private-key.txt
    2. コンテナー デプロイメント:

      構文

      podman exec CEPH_MGR_NODE ceph dashboard sso setup saml2 CEPH_DASHBOARD_BASE_URL IDP_METADATA IDP_USERNAME_ATTRIBUTE IDP_ENTITY_ID SP_X_509_CERT SP_PRIVATE_KEY

      [root@mon ~]# podman exec ceph-mgr-hostname ceph dashboard sso setup saml2 http://dashboard_hostname.ceph.redhat.com:8443 idp-metadata.xml username http://10.70.59.125:8080/auth/realms/realm_name /home/certificate.txt /home/private-key.txt

    置き換え

    • Ceph mgr ノードを使用した CEPH_MGR_NODE。例: ceph-mgr-hostname
    • CEPH_DASHBOARD_BASE_URL は、Ceph Dashboard にアクセスできるベース URL に置き換えます。
    • IDP_METADATA は、リモートパスまたはローカルパス、または IdP メタデータ XML の内容への URL に置き換えます。サポートされる URL タイプは http、https、およびファイルです。
    • 任意: IDP_USERNAME_ATTRIBUTE は、認証応答からユーザー名を取得するために使用される属性に置き換えます。デフォルトは uid です。
    • 任意: IDP_ENTITY_ID は、IdP メタデータに複数のエンティティー ID が存在する場合は IdP エンティティー ID に置き換えます。
    • 任意: SP_X_509_CERT は、署名および暗号化に Ceph Dashboard によって使用される証明書のファイルパスに置き換えます。
    • 任意: SP_PRIVATE_KEY は、署名および暗号化に Ceph Dashboard によって使用される秘密鍵のファイルパスに置き換えます。
  2. 現在の SAML 2.0 設定を確認します。

    1. ベアメタル デプロイメント:

      構文

      ceph dashboard sso show saml2

    2. コンテナー デプロイメント:

      構文

      podman exec CEPH_MGR_NODE ceph dashboard sso show saml2

  3. SSO を有効にするには、以下のコマンドを実行します。

    1. ベアメタル デプロイメント:

      構文

      ceph dashboard sso enable saml2
      SSO is "enabled" with "SAML2" protocol.

    2. コンテナー デプロイメント:

      構文

      podman exec CEPH_MGR_NODE ceph dashboard sso enable saml2
      SSO is "enabled" with "SAML2" protocol.

  4. ダッシュボードの URL を開きます。以下に例を示します。

    http://dashboard_hostname.ceph.redhat.com:8443
  5. SSO ページで、ログインの認証情報を入力します。SSO はダッシュボードの Web インターフェースにリダイレクトされます。

関連情報

2.8. Ceph Dashboard のシングルサインオンの無効化

Ceph Dashboard のシングルサインオンを無効にできます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ceph Dashboard ソフトウェアのインストール
  • Dashboard を起動します。
  • Ceph Manager ノードへのルートレベルのアクセス。
  • Ceph Dashboard で有効になっているシングルサインオン
  • 以下のライブラリーパッケージを Ceph Manager ノードにインストールします。

    • python3-saml
    • python3-defusedxml
    • python3-isodate
    • python3-xmlsec

手順

  1. SSO の状態を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    1. ベアメタル デプロイメント:

      構文

      ceph dashboard sso status
      SSO is "enabled" with "SAML2" protocol.

    2. コンテナー デプロイメント:

      構文

      podman exec CEPH_MGR_NODE ceph dashboard sso status
      SSO is "enabled" with "SAML2" protocol.

      置き換え

      • Ceph mgr ノードを使用した CEPH_MGR_NODE。例: ceph-mgr-hostname
  2. SSO を無効にするには、以下のコマンドを実行します。

    1. ベアメタル デプロイメント:

      構文

      ceph dashboard sso disable
      SSO is "disabled".

    2. コンテナー デプロイメント:

      構文

      podman exec CEPH_MGR_NODE ceph dashboard sso disable
      SSO is "disabled".

      置き換え

      • Ceph mgr ノードを使用した CEPH_MGR_NODE。例: ceph-mgr-hostname

関連情報

第3章 ダッシュボードでのロールの管理

ストレージ管理者は、ダッシュボードでロールを作成、表示、編集、および削除することができます。ロールにパーミッションを付与でき、ユーザーに特定のロールを割り当てることができます。

3.1. ダッシュボードでのロールの作成

ダッシュボードでは、ユーザーに割り当て可能なダッシュボードでロールを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Dashboard への管理者アクセスレベル。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. Roles タブで、Create ボタンをクリックします。

    ロールを作成
  4. CreateRole ウィンドウで Name を設定し、このロールの Permissions を選択してから CreateRole ボタンをクリックします。

    ロールの作成ウィンドウ
  5. ページの右上隅に対する通知は、ロールが正常に作成されたことを示します。

    ロールの作成通知

3.2. ダッシュボードでのロールの表示

ダッシュボードでは、ダッシュボード上のロールの詳細を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • ダッシュボードへの管理者アクセスレベル。
  • ロールがダッシュボードに作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. ロールの詳細を表示するには、その行をクリックします。

    ロール行をクリック
  4. ロールに提供されるパーミッションの詳細が表示されます。

    ロールの詳細を表示

関連情報

3.3. ダッシュボードでのロールの編集

ダッシュボードでは、ダッシュボードのロールを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Dashboard への管理者アクセスレベル。
  • ダッシュボードでロールが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. ロールを編集するには、行をクリックします。

    ロール行をクリック
  4. Roles タブで、Edit ドロップダウンメニューの Edit を選択します。

    ロールの編集
  5. EditRole ウィンドウで、が含まれるパラメーターを編集して、EditRole ボタンをクリックします。

    Edit role ウィンドウ
  6. ページの右上隅に対する通知は、ロールが正常に更新されたことを示します。

    ロール通知の編集

関連情報

3.4. ダッシュボード上のロールの削除

ダッシュボードで、ダッシュボードのロールを削除できます。

注記

削除できるのは、作成したロールのみです。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Dashboard への管理者アクセスレベル。
  • ダッシュボードでロールが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. ロールを削除するには、行をクリックします。

    ロール行をクリック
  4. Roles タブで、Edit ドロップダウンメニューの Delete を選択します。

    ロールの削除
  5. Delete Role ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete Role をクリックして設定を保存します。

    Delete role ウィンドウ

関連情報

第4章 ダッシュボードでのユーザーの管理

ストレージ管理者は、ダッシュボードでユーザーを作成、編集、および削除できます。

4.1. ダッシュボードでのユーザーの作成

ダッシュボードで、ダッシュボードにユーザーを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Dashboard への管理者アクセスレベル。
注記

Red Hat Ceph Storage Dashboard は、ユーザーパスワードの変更時に電子メールの検証をサポートしません。Dashboard はシングルサインオン (SSO) をサポートし、この機能を SSO プロバイダーに委譲できるため、この動作は意図的です。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. Users タブで Create ボタンをクリックします。

    ユーザーの作成
  4. CreateUser ウィンドウで、ロールを含む Username およびその他のパラメーターを設定し、CreateUser ボタンをクリックします。

    Create user ウィンドウ
  5. ページの右上隅に対する通知は、ユーザーが正常に作成されたことを示しています。

    ユーザー作成通知

関連情報

4.2. ダッシュボードでのユーザーの編集

ダッシュボードでは、ダッシュボードのユーザーを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Dashboard への管理者アクセスレベル。
  • ダッシュボードで作成したユーザー。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. ユーザーを編集するには、行をクリックします。

    ユーザー行をクリック
  4. Users タブで、Edit ドロップダウンメニューで Edit を選択します。

    ユーザーの編集
  5. EditUser ウィンドウで、が含まれるパラメーターを編集して、EditUser ボタンをクリックします。

    Edit user ウィンドウ
  6. ページの右上隅に対する通知は、ユーザーが正常に更新されたことを示しています。

    ユーザー編集通知

関連情報

4.3. ダッシュボードでのユーザーの削除

ダッシュボードで、ダッシュボードのユーザーを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Dashboard への管理者アクセスレベル。
  • ダッシュボードで作成したユーザー。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. Dashboard の右上にある歯車アイコンをクリックして、ユーザー管理 を選択します。

    ユーザー管理をクリック
  3. ユーザーを削除するには、行をクリックします。

    ユーザー行をクリック
  4. Users タブで、Edit ドロップダウンメニューの Delete を選択します。

    ユーザーの削除
  5. Delete User ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete user をクリックし、設定を保存します。

    Delete user ウィンドウ

関連情報

第5章 クラスターの監視

ダッシュボードの監視機能は、ストレージクラスターのさまざまな側面を示すために定期的に更新するさまざまな Web ページを提供します。ランディングページを使用してクラスターの全体的な状態を監視したり、ブロックデバイスイメージの状態など、クラスターの特定の機能を監視したりできます。

5.1. ランディングページへのアクセス

ダッシュボードにログインすると、ランディングページが読み込まれます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。

    ログインプロンプト
  2. ダッシュボードにログインすると、ランディングページが読み込まれます。

    ランディングページ
  3. 他のダッシュボードページを表示した後にランディングページに戻るには、ページの左上隅にある Dashboard をクリックします。

    ダッシュボードのリンク

関連情報

5.2. ランディングページについて

ランディングページには、個別のパネルを使用した Ceph クラスター全体の概要が表示されます。各パネルに、クラスターの状態に関する具体的な情報が表示されます。

カテゴリー

ランディングページでは、パネルが以下の 3 つのカテゴリーに分けられます。

  1. 状態
  2. 容量
  3. パフォーマンス
Ceph Dashboard のランディングページ

Status パネル

ステータスパネルには、クラスターの状態とホストおよびデーモンの状態が表示されます。

Status パネル

クラスターの状態: Ceph クラスターの現在の健常性ステータスを表示します。

ホスト: Ceph Storage クラスターのホストの合計数を表示します。

監視: Ceph Monitor の数およびクォーラムのステータスを表示します。

OSDs: Ceph Storage クラスターの OSD の合計数と、up および in の数を表示します。

マネージャー: Manager Daemon の数およびステータスを表示します。

オブジェクトゲートウェイ: Ceph Storage クラスターのオブジェクトゲートウェイの数を表示します。

メタデータサーバー: Ceph ファイルシステムのメタデータサーバーの数およびステータスを表示します。

iSCSI ゲートウェイ: Ceph ストレージクラスター内の iSCSI ゲートウェイの数を表示します。

容量パネル

容量パネルには、ストレージ使用状況のメトリックが表示されます。

容量パネル

生の容量: クラスターの生のストレージ容量の使用状況および可用性を表示します。

オブジェクト: プール内のオブジェクトの合計数と、オブジェクトを HealthyMisplacedDegraded、または Unfound の状態に分割するグラフを表示します。

PG ステータス: 配置グループの合計数と、PG を CleanWorkingWarning、または Unknown の状態に分割するグラフを表示します。PG ステータスの Working および Warning の表示を簡素化するために、実際には複数の状態が含まれます。

Working の状態には、以下のいずれかの状態の PG が含まれます。

  • activating
  • backfill_wait
  • backfilling
  • creating
  • deep
  • degraded
  • forced_backfill
  • forced_recovery
  • peering
  • peered
  • recovering
  • recovery_wait
  • repair
  • scrubbing
  • snaptrim
  • snaptrim_wait

Warning の状態には、以下のいずれかの状態の PG が含まれます。

  • backfill_toofull
  • backfill_unfound
  • down
  • incomplete
  • inconsistent
  • recovery_toofull
  • recovery_unfound
  • remapped
  • snaptrim_error
  • stale
  • undersized

プール: Ceph クラスター内のストレージプールの数を表示します。

OSD ごとの PG: OSD ごとの配置グループ数を表示します。

パフォーマンスパネル

パフォーマンスパネルには、データ転送速度に関する情報が表示されます。

クラスターパフォーマンスパネル

クライアントの読み取り/書き込み: 1 秒あたりの入出力操作の合計、読み取り、および書き込みを表示します。

クライアントのスループット: クライアントスループット、読み取りスループット、書き込みスループットを表示します。

リカバリーのスループット: クライアントのリカバリー速度を表示します。

スクラビング: データの整合性を確認するために Ceph がスクラビングしているかどうかを表示します。

関連情報

第6章 特定の機能の監視

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用して、ホスト、サービス、データアクセスメソッドなどに基づいてクラスターの特定の要素を監視できます。

6.1. モニターの監視

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、Monitor ノードに関するさまざまな情報を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Cluster をクリックし、Monitors をクリックします。

    Monitor メニューシーケンス
  3. Monitors 概要ページには、全体的な監視ステータスに関する情報と、Monitor ノード in Quorum および Not in quorum のテーブルが表示されます。

    監視の概要
  4. 開いているセッションの数を確認するには、青い点線のトレイルにカーソルを合わせます。

    セッションを開く
  5. モニターのパフォーマンスカウンターを表示するには、ホスト名をクリックします。

    Monitor host name をクリック
  6. パフォーマンスカウンターを表示します。

    パフォーマンスカウンターを監視

関連情報

6.2. ホストの監視

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、ホストに関するさまざまな情報を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Cluster をクリックし、Hosts をクリックします。

    ホストメニューのドロップダウン
  3. ホストの一覧を表示するには、Hosts List タブをクリックします。

    ホスト一覧
  4. ホストの パフォーマンスの詳細 を表示するには、Host タブでその行をクリックし、Grafana Time Picker ドロップダウンメニューから時間の範囲を選択します。

    ホストのパフォーマンスの詳細
  5. ホスト上の特定サービスのパフォーマンスカウンターを表示するには、サービスをクリックします。

    ホストサービスをクリック
  6. パフォーマンスカウンターを表示します。

    ホストパフォーマンスカウンター
  7. すべてのホストのパフォーマンスデータを表示するには、次を実行します。

    1. ページの左上にある Overall Performance タブをクリックします。

      ホスト全体のパフォーマンスをクリック
    2. Grafana Time Picker ドロップダウンから時間の範囲を選択します。

      ホストパフォーマンスの Grafana ドロップダウン
    3. Overall Performance ページを表示します。

      ホスト全体のパフォーマンス

関連情報

6.3. OSD のモニタリング

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、OSD に関するさまざまな情報を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Cluster をクリックし、OSDs をクリックします。

    OSD メニュードロップダウン
  3. OSD の一覧を表示するには、OSDs List タブをクリックします。

    OSD の一覧
  4. OSD の属性を表示するには、OSDS List タブでその行をクリックします。

    OSD 属性
  5. OSD のメタデータを表示するには、OSDs タブでその行をクリックし、Metadata タブをクリックします。

    OSD メタデータ
  6. OSD のパフォーマンスカウンターを表示するには、OSDs タブでその行をクリックし、Performance counter タブをクリックします。

    OSD パフォーマンスカウンター
  7. OSD のヒストグラムを表示するには、OSDs タブでその行をクリックし、Histogram タブをクリックします。

    OSD ヒストグラム
  8. OSD のパフォーマンス情報を表示するには、以下を実行します。

    1. OSDs タブでその行をクリックし、Performance Details タブをクリックします。

      OSD パフォーマンスの詳細をクリック
    2. Grafana Time Picker ドロップダウンメニューから時間の範囲を選択します。

      OSD パフォーマンス Grafana ドロップダウン
    3. OSD のパフォーマンス情報を表示します。

      OSD のパフォーマンス詳細の表示
  9. すべての OSD の全体的なパフォーマンスを表示するには、以下を実行します。

    1. ページの左上にある「Overall Performance」 タブをクリックします。

      OSDs 全体のパフォーマンスをクリック
    2. Grafana Time Picker ドロップダウンから時間の範囲を選択します。

      OSD のパフォーマンス Grafana ドロップダウン
  10. Overall Performance ページを表示します。

    OSD 全体のパフォーマンス

関連情報

6.4. プールの監視

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、クラスター内のプールに関するさまざまな情報を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    プールメニューの選択
  3. プールの一覧を表示します。

    プールの一覧
  4. 使用状況バーグラフの上にマウスをかざすと、実際に使用されている領域および空き領域が表示されます。

    プールの使用に関する詳細
  5. プールに関する詳細情報を表示するには、行をクリックしてそのプールを選択します。

    プール行をクリック
  6. プールの詳細を表示します。プールのパフォーマンスの詳細および設定データを表示するには、関連するタブをクリックします。

    プールの詳細
  7. すべてのプールのパフォーマンスデータを表示するには、ページの左上にある Overall Performance タブをクリックします。

    全体的なパフォーマンスをクリック
  8. Overall Performance ページを表示します。

    全体的なパフォーマンスページ

関連情報

6.5. Ceph ファイルシステムの監視

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用して Ceph File Systems (CephFS) および関連するコンポーネントを監視することができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph File System がインストールされている。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Filesystems をクリックします。

    ファイルシステムをクリック
  3. 以下の例では、cephfs ファイルシステムを確認できます。

    ファイルシステムを表示
  4. ファイルシステムの詳細を表示するには、cephfs の行をクリックします。

    cephfs をクリック
  5. Details タブでは、メタデータサーバーとそのランクに加えて、スタンバイデーモン (1)、プールとその使用状況 (2)、パフォーマンスカウンター (3) を確認できます。

    CephFS の詳細タブ
  6. ファイルシステムをマウントしたクライアントの一覧を表示するには、Clients タブをクリックします。

    Clients をクリック
  7. 以下の例では、jb-ceph4-client ホストで cephfs ファイルシステムが開いていることがわかります。

    Clients テーブル
  8. ファイルシステムのパフォーマンスを表示するには、Performance Details タブをクリックします。

    Performance Details をクリック
  9. 以下の例では、読み取りおよび書き込み操作 (1)、クライアントリクエスト (2) で確認できます。時間の範囲は 3 で変更できます。

    パフォーマンスの詳細

関連情報

6.6. イメージの全パフォーマンスの監視

Red Hat Ceph Storage Dashboard により、Blocks 内のイメージの全体的なパフォーマンスを監視できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • RADOS Block Device (RBD) プールが作成されている。
  • イメージが作成されている。
  • Manager モジュール Prometheus エクスポーターがプールに対して有効になります。

    Prometheus モジュールの有効化

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. Overall Performance タブを選択します。

    Overall performance タブ
  5. Grafana Time Picker ドロップダウンから時間の範囲を選択します。

    イメージパフォーマンスの Grafana ドロップダウン
  6. Overall Performance ページを表示します。

    イメージ全体のパフォーマンス

第7章 クラスターの管理

7.1. クラスターの管理

ダッシュボードの管理機能により、構成設定を表示および変更し、クラスターリソースを管理することができます。

7.2. CRUSH マップの表示

CRUSH マップには、OSD および関連情報の一覧が含まれます。CRUSH マップおよび CRUSH アルゴリズムが一緒になって、データの保存方法と場所を決めます。Red Hat Ceph Storage ダッシュボードでは、OSD ホスト、OSD デーモン、ID 番号、デバイスクラスなど、CRUSH マップのさまざまな側面を確認することができます。

CRUSH マップを使用すると、特定の OSD ID が実行しているノードを決定できます。これは、OSD に問題がある場合に便利です。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。
  3. CRUSH map をクリックします。

    CRUSH Map の初期ビュー

    上記の例では、デフォルトの CRUSH マップ、3 つのノード、および OSD が 3 つあるノードのうち 2 つで実行されているのを確認できます。

  4. CRUSH マップ名、ノード、または OSD をクリックし、各オブジェクトの詳細を表示します。

    CRUSH Map の詳細ビュー

    上記の例では、jb-rhel-osd3 ノードで実行している OSD に関連する変数の値を確認できます。特に、id2 であることに注意してください。

関連情報

7.3. マネージャーモジュールの設定

Red Hat Ceph Storage ダッシュボードでは、マネージャーモジュールパラメーターの表示および設定を行うことができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。
  3. Manager モジュール をクリックします。

    Manager モジュールの初期ビュー

    上記のスクリーンショットは、3 ページのマネージャーモジュールの最初のページを表示します。

  4. 設定するモジュールの行をクリックします。

    Manage modules edit ボタン

    すべてのモジュールに設定可能なパラメーターがあるわけではありません。モジュールが設定できない場合、Edit ボタンは無効になります。

  5. ページの左上にある Edit ボタンをクリックして、設定可能なパラメーターでページを読み込みます。

    マネージャーモジュールバランサーのパラメーター

    上記のスクリーンショットは、バランサーモジュールで変更できるパラメーターを示しています。パラメーターの説明を表示するには、クエスチョンマークボタンをクリックします。

  6. パラメーターを変更するには、パラメーターの状態を変更し、ページ下部の Update ボタンをクリックします。

    Manager module update ボタン

    変更を確認する通知は、ページの右上隅に表示されます。

    Manager モジュール更新オプション通知

関連情報

7.4. ログのフィルタリング

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、複数の基準に基づくログの表示および絞り込みを行うことができます。条件には、優先度キーワード日付、および 時間の範囲 が含まれます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Monitor が最後に起動してからログエントリーが生成されている。
注記

Dashboard ロギング機能は最新の高レベルイベントのみを表示します。イベントは Monitor によってメモリーに保存されます。Monitor を再起動すると、エントリーが消えます。詳細なログまたは古いログを確認する必要がある場合は、ファイルベースのログを参照してください。ファイルベースのログの詳細は、以下の「関連情報」を参照してください。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. 上部ナビゲーションバーの Cluster ドロップダウンメニューをクリックします。

    上部ナビゲーションバーの Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューの Logs をクリックします。

    ドロップダウンメニューの Logs をクリック
  4. 最後にフィルターが適用されていないログエントリーを表示します。

    フィルターが適用されていないクラスターログ
    1. 優先度で絞り込むには、Priority ドロップダウンメニューをクリックし、InfoWarning、または Error のいずれかを選択します。以下の例は、Error の優先度のログエントリーのみを示しています。

      優先度で絞り込む
    2. キーワードで絞り込むには、Keyword フォームにテキストを入力します。以下の例は、osd.2 というテキストが含まれるログエントリーのみを示しています。

      キーワードで絞り込む
    3. 日付で絞り込むには、Date フォームをクリックし、メニューから日付を選択するか、YYYY-MM-DD の形式で日付を入力します。以下の例は、2019-10-15 のログエントリーのみを示しています。

      日付で絞り込む
    4. 時間で絞り込むには、HH:MM - HH:MM 形式を使用して Time range フィールドに範囲を入力します。時間は、数字 0 から 23 に入力する必要があります。以下の例は、12:14 から 12:23 へのログエントリーのみを示しています。

      時間範囲で絞り込む
    5. フィルターを組み合わせるには、2 つ以上のフィルターを設定します。以下の例は、Warning の優先順位と osd のキーワードの両方を持つエントリーのみを示しています。

      組み合わせフィルター。

関連情報

7.5. OSD リカバリー設定の構成

ストレージ管理者は、OSD リカバリーの優先度を変更し、クラスターの復旧方法をカスタマイズできます。これにより、クラスターの再ビルドのパフォーマンスまたはリカバリーの速度に影響を与える可能性もあります。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスター
  • ダッシュボードがインストールされている。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. 上部ナビゲーションバーの Cluster ドロップダウンメニューをクリックします。

    上部ナビゲーションバーの Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューの OSD をクリックします。

    ドロップダウンメニューの OSD をクリックします。
  4. Cluster-Wide flagss ドロップダウンメニューをクリックします。

    Cluster-Wide flagss ドロップダウンをクリック
  5. ドロップダウンで Cluster-wide Recovery Priority を選択します。

    クラスター全体のリカバリー優先度を選択
  6. 必要に応じて、ドロップダウンメニューで Priority を選択し、Submit ボタンをクリックします。

    注記

    定義済みのオプションは、LowDefaultHigh の 3 つです。

    デフォルトの優先度の値
  7. 必要に応じて、Customize priority values をクリックして必要な変更を行い、Submit ボタンをクリックします。

    優先度の値をカスタマイズ
  8. フラグが正常に更新されたことを示すポップアップの右上隅に対する通知。

    OSD リカバリー速度の優先度更新通知

関連情報

7.6. 設定の表示および監視

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、Ceph クラスターの設定オプションの一覧を表示できます。Dashboard で設定を編集することもできます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Cluster をクリックした後、Configuration をクリックします。

    設定メニューのドロップダウン
  3. 設定の詳細を表示するには、その行をクリックします。

    設定の詳細
    • Search ボックスを使用して設定を検索できます。

      設定の検索
    • LevelService、または Source を使用して設定を絞り込むことができますのフィルターを設定できます。

      フィルター設定
  4. 設定を編集するには、行をクリックして 編集 ボタンをクリックします。

    設定の編集
    1. ダイアログウィンドウで必要なパラメーターを編集し、Save ボタンをクリックします。

      設定の編集ウィンドウ

      変更を確認する通知は、ページの右上隅に表示されます。

      設定通知の変更

関連情報

7.7. Prometheus 環境の管理

Prometheus を使用して Ceph ストレージクラスターを監視するには、Prometheus エクスポーターを設定および有効にし、Ceph ストレージクラスターに関するメタデータ情報を収集できるようにします。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage 3.1 以降のクラスター。
  • Red Hat Ceph Storage Dashboard インストール
  • Red Hat Ceph Storage Dashboard ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. /etc/prometheus/prometheus.yml ファイルを開いて編集します。

    1. global セクションで、scrape_interval および evaluation_interval オプションを 15 秒に設定します。

      global:
        scrape_interval:     15s
        evaluation_interval: 15s

    2. scrape_configs セクションの下に honor_labels: true オプションを追加し、ceph-mgr ノードごとに targets オプションおよび instance オプションを編集します。

      scrape_configs:
        - job_name: 'node'
          honor_labels: true
          static_configs:
          - targets: [ 'node1.example.com:9100' ]
            labels:
              instance: "node1.example.com"
          - targets: ['node2.example.com:9100']
            labels:
              instance: "node2.example.com"

      注記

      honor_labels オプションを使用すると、Ceph は Ceph Storage クラスターの任意のノードに関連する適切にラベル付けされたデータを出力できます。これにより、Prometheus が上書きせずに Ceph は適切な instance ラベルをエクスポートできます。

    3. 新規ノードを追加するには、以下の形式で targets オプションおよび instance オプションを追加します。

      - targets: [ 'new-node.example.com:9100' ]
        labels:
          instance: "new-node"

      注記

      instance ラベルは、Ceph の OSD メタデータの instance フィールドに表示されるノードの短いホスト名と一致する必要があります。これにより、Ceph 統計をノードの統計と関連付けるのに役立ちます。

  2. 以下の形式で、Ceph ターゲットを /etc/prometheus/ceph_targets.yml ファイルに追加します。

    [
        {
            "targets": [ "cephnode1.example.com:9283" ],
            "labels": {}
        }
    ]

  3. Prometheus モジュールを有効にします。

    [root@mon ~]# ceph mgr module enable prometheus

7.8. アラートの表示および管理

アラートページでは、アラートの詳細を表示し、それらのアラートのサイレンスを作成できます。Red Hat Ceph Storage には、以下の事前に定義されたアラートが含まれています。

  • OSD(s) Down
  • Ceph Health Error
  • Ceph Health Warning
  • Cluster Capacity Low
  • Disk(s) Near Full
  • MON(s) Down
  • Network Errors
  • OSD Host Loss Check
  • OSD Host(s) Down
  • OSD(s) with High PG Count
  • PG(s) Stuck
  • Pool Capacity Low
  • Slow OSD Responses

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • アラートが発生している。

7.8.1. アラートの表示

アラートが発生したら、そのアラートを確認できます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。

    Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューから Alerts を選択します。

    アラートの初期ビュー
  4. 以下の例では、OSD ダウン のアラートを確認できます。

    アラート
  5. アラートの詳細を表示するには、その行をクリックします。

    アラートの詳細
  6. アラートのソースを表示するには、その行をクリックし、Source をクリックします。

    アラートソース

7.8.2. サイレンスの作成

サイレンスを作成して、指定された期間のアラートをサイレンスにすることができます。

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。

    Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューから Alerts を選択します。

    アラートの初期ビュー
  4. 以下の例では、OSD ダウン のアラートを確認できます。

    アラート
  5. アラートの行をクリックし、Create silence ボタンをクリックします。

    サイレンスの初期ビューの作成
  6. 詳細を追加し、Create Silence ボタンをクリックします。

    サイレンスを作成
  7. ページの右上隅に向かって、サイレンスが正常に作成されたことを示す通知がポップアップ表示されます。

    サイレンス通知の作成

7.8.3. サイレンスの再作成

期限切れのサイレンスからアラートサイレンスを再作成できます。

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。

    Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューから Alerts を選択します。

    アラートの初期ビュー
  4. Silences タブをクリックします。

    Silence タブ
  5. アラートの行をクリックし、Recreate ボタンをクリックします。

    サイレンスの初期ビューの再作成
  6. 詳細を追加し、Recreate Silence ボタンをクリックします。

    サイレンスの再作成
  7. ページの右上隅に向かって、サイレンスが正常に再作成されたことを示す通知がポップアップ表示されます。

    サイレンス通知の再作成

7.8.4. サイレンスの編集

たとえば、アクティブな期間を延長するために、既存のアラートサイレンスを編集できます。

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。

    Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューから Alerts を選択します。

    アラートの初期ビュー
  4. Silences タブをクリックします。

    Silence タブ
  5. アラートの行をクリックし、Edit ボタンをクリックします。

    サイレンスの初期ビューの編集
  6. 詳細を編集し、Edit Silence ボタンをクリックします。

    サイレンスの編集
  7. ページの右上隅に向かって、サイレンスが正常に編集されたことを示す通知がポップアップ表示されます。

    サイレンス通知の編集

7.8.5. サイレンスの終了

サイレンスの期限切れは、一致するアラートが抑制されないようにすることができます。

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Cluster をクリックします。

    Cluster をクリック
  3. ドロップダウンメニューから Alerts を選択します。

    アラートの初期ビュー
  4. Silences タブをクリックします。

    Silence タブ
  5. アラートの行をクリックし、Edit ドロップダウンメニューをクリックし、Expire をクリックします。

    サイレンスの初期ビューの編集
  6. Expire Silence ダイアログで Yes, I am sure を選択し、Expire Silence ボタンをクリックします。

    サイレンスの期限切れ
  7. ページの右上隅に向かって、サイレンスの期限が正常に切れたことを示す通知がポップアップ表示されます。

    サイレンス通知の再作成

7.8.6. 関連情報

7.9. プールの管理

ストレージ管理者は、プールを作成、削除、および編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

7.9.1. プールの作成

プールを作成して、ストレージオブジェクトを論理的にパーティション分割できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    プールをクリック
  3. ページの左上隅にある Create ボタンをクリックします。

    Create をクリック
  4. ダイアログウィンドウで、名前を設定します。

    名前を設定
  5. レプリケートまたはイレイジャーコード (EC) のいずれかのプールタイプを選択します。

    プールタイプを選択
  6. 配置グループ (PG) 番号を設定します。

    PG 番号の設定

    PG 番号の選択には、PG calculator を使用します。不明な場合は、Red Hat テクニカルサポート にお問い合わせください。

  7. 必要に応じて、レプリケートされたプールタイプを使用する場合は、レプリケートされたサイズを設定します。

    レプリケートされたサイズ
  8. 必要に応じて、EC プールタイプを使用する場合には、以下の追加設定を設定します。

    1. 必要に応じて、現在選択されている EC プロファイルの設定を確認するには、クレスチョンマークをクリックします。

      EC プロファイルセット
      1. 選択した EC プロファイルの設定の表が表示されます。

        EC プロファイルテーブル
    2. 必要に応じて、プラス記号をクリックして、新しい EC プロファイルを追加します。

      プラス記号をクリックします。
      1. 新しい EC プロファイルの名前を設定 (1) し、その設定に関する情報のクエスチョンマークをクリック (2) して、必要な設定をすべて変更したら Create EC Profile をクリック (3) します。

        EC プロファイルダイアログ
      2. 新しい EC プロファイルを選択します。

        新しい EC プロファイルの選択
    3. 必要に応じて、EC の上書きが必要な場合は、そのボタンをクリックします。

      EC オーバーライト
  9. 必要に応じて、鉛筆記号をクリックして、プールのアプリケーションを選択します。

    アプリタイプを選択
  10. 必要に応じて、圧縮が必要な場合は、passiveaggressive、または force を選択します。

    圧縮の選択
  11. Create Pool ボタンをクリックします。

    プールの作成をクリック
  12. ページの右上隅に対する通知は、プールが正常に作成されたことを示しています。

    作成されたプール通知

関連情報

7.9.2. プールの編集

Red Hat Ceph Storage Dashboard では、プールの編集が可能です。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • プールが作成されている。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    プールメニューをクリック
  3. プールを編集するには、その行をクリックします。

    プールをクリック
  4. Edit ドロップダウンメニューで Edit を選択します。

    Edit をクリック
  5. ダイアログウィンドウで必要なパラメーターを編集し、EditPool ボタンをクリックします。

    Edit pool ウィンドウ
  6. ページの右上隅に対する通知は、プールが正常に更新されたことを示します。

    プール編集通知

関連情報

  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage アーキテクチャーガイド』「Ceph プール」を参照してください。
  • 圧縮モードの詳細は、『Red Hat Ceph Storage ストレージ戦略ガイド』「プール値」を参照してください。

7.9.3. プールの削除

Red Hat Ceph Storage Dashboard ではプールの削除が可能です。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • プールが作成されている。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. mon_allow_pool_delete の値が true に設定されていることを確認します。

    1. ナビゲーションバーで Cluster をクリックした後、Configuration をクリックします。

      設定メニューのドロップダウン
    2. Level ドロップダウンメニューで、Advanced を選択します。

      レベルドロップダウンをクリック
    3. mon_allow_pool_delete を検索し、値を true に設定します。

      設定の編集
  3. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    プールメニューをクリック
  4. プールを削除するには、行をクリックします。

    プールをクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Delete を選択します。

    Delete をクリック
  6. Delete Pool ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete Pool をクリックし、設定を保存します。

    プールウィンドウの削除
  7. ページの右上隅に対する通知は、プールが正常に削除されたことを示します。

    プール削除通知

関連情報

  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage アーキテクチャーガイド』「Ceph プール」を参照してください。
  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage ダッシュボードガイド』「監視の設定」を参照してください。
  • 圧縮モードの詳細は、『Red Hat Ceph Storage ストレージ戦略ガイド』「プール値」を参照してください。

第8章 Object Gateway

ストレージ管理者は、ダッシュボードのオブジェクトゲートウェイ機能により、Ceph Object Gateway を管理および監視することができます。

たとえば、監視機能を使用すると、ゾーン名や GET および PUT レートのパフォーマンスグラフなどのゲートウェイデーモンの詳細を表示できます。管理機能を使用すると、ユーザーとバケットの両方を表示、作成、編集できます。

オブジェクトゲートウェイ機能は、デーモンの機能、ユーザー機能、およびバケット機能に分けられます。

8.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。

8.2. オブジェクトゲートウェイデーモン機能

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用して Ceph Object Gateway デーモンに関する情報を表示し、監視することができます。

8.2.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。

8.2.2. オブジェクトゲートウェイデーモンの表示

ダッシュボードでは、全 Ceph Object Gateway デーモンの一覧を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Daemons をクリックします。

    デーモンをクリック
  4. 以下の例では、Daemons ListID jb-ceph4-rgw.rgw0 のデーモンが表示されます。

    リスト内のデーモン
  5. 詳細を表示するには、jb-ceph4-rgw.rgw0 の行をクリックしてデーモンを選択します。

    デーモンの詳細

    デーモンがサービスしているゾーン名は default であることを確認できます。

関連情報

8.3. オブジェクトゲートウェイのユーザー機能

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用して Ceph Object Gateway ユーザーの表示および管理を行うことができます。

8.3.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。

8.3.2. オブジェクトゲートウェイユーザーの表示

ダッシュボードでは、全 Ceph Object Gateway ユーザーの一覧を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Users をクリックします。

    Users をクリック
  4. 以下の例では、rgw-user という名前のユーザーが表に表示されます。

    ユーザー一覧
  5. 詳細を表示するには、rgw-user の行をクリックしてユーザーを選択します。

    ユーザーの詳細

関連情報

8.3.3. オブジェクトゲートウェイユーザーの作成

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway ユーザーを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Users をクリックします。

    Users をクリック
  4. Create をクリックします。

    ユーザー一覧
  5. ユーザー名、フルネームを設定し、必要に応じてバケットの最大数を編集します。

    Create User ダイアログの基本設定
  6. 必要に応じて、メールアドレスまたは一時停止のステータスを設定します。

    メールアドレスまたは一時停止のステータスの設定
  7. 必要に応じて、Auto-generate key の選択を解除して、カスタムアクセスキーおよびシークレットキーを設定します。

    1. 自動生成キー の選択を解除します。

      自動生成キーの選択を解除
    2. アクセスキーおよびシークレットキーを設定します。

      カスタムアクセスキーおよびシークレットキーの設定
  8. 必要に応じて、ユーザークォータを設定します。

    1. User quotaEnabled になっていることを確認します。

      有効なチェック
    2. Unlimited size または Unlimited objects の選択を解除します。

      unlimited size または Unlimited objects の選択を解除
    3. Max. size または Max. objects に必要な値を入力します。

      Max. size および Max. objects の値を入力
  9. 必要に応じて、バケットクォータを設定します。

    1. Bucket quotaEnabled になっていることを確認します。

      有効なチェック
    2. Unlimited size または Unlimited objects の選択を解除します。

      unlimited size または Unlimited objects の選択を解除
    3. Max. size または Max. objects に必要な値を入力します。

      Max. size および Max. objects の値を入力
  10. ユーザーの作成の最終処理を行うには、Create User をクリックします。

    ユーザーの作成をクリック
  11. ユーザー作成が正常に行われたことを確認します。通知では、ユーザーが作成され、ユーザーのテーブルに表示されることを確認します。

    ユーザーが作成されたことを確認

関連情報

8.3.4. オブジェクトゲートウェイユーザーの編集

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway ユーザーを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。
  • Ceph Object Gateway ユーザーが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Users をクリックします。

    Users をクリック
  4. ユーザー機能を編集するには、その行をクリックします。

    ユーザー行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Edit を選択します。

    Edit をクリック
  6. EditUser ウィンドウで必要なパラメーターを編集して、EditUser ボタンをクリックします。

    Edit User ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、ユーザーが正常に更新されたことを示しています。

    ユーザー編集通知

8.3.5. オブジェクトゲートウェイユーザーの削除

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway ユーザーを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。
  • Ceph Object Gateway ユーザーが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Users をクリックします。

    Users をクリック
  4. ユーザーを削除するには、その行をクリックします。

    ユーザー行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Delete を選択します。

    Delete をクリック
  6. Delete User ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete User クリックし、設定を保存します。

    Delete User ウィンドウ

8.3.6. オブジェクトゲートウェイサブユーザーの作成

サブユーザーは、S3 インターフェースのユーザーに関連付けられます。ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway サブユーザーを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されている。
  • オブジェクトゲートウェイユーザーが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. ドロップダウンメニューの Users をクリックします。

    Users をクリック
  4. 以下の例では、ceph-dashboard という名前のユーザーが表に表示されます。行をクリックしてユーザーを選択します。

    ユーザーの選択
  5. Edit ドロップダウンメニューをクリックして Edit を選択します。

    ドロップダウンの編集
  6. +CreateSubuser ボタンをクリックします。

    サブユーザーの作成
  7. サブユーザー 名を入力し、適切なパーティションを選択します。

    Subuser ユーザー名の設定
  8. 自動生成シークレット ボックスをクリックし、Create Subuser ボタンをクリックします。

    Create Subuser ダイアログウィンドウ
    注記

    Auto-generate-secret チェックボックスをクリックすると、オブジェクトゲートウェイの秘密鍵が自動的に生成されます。

  9. Edit User ウィンドウで Edit user ボタンをクリックします。

    Edit User ウィンドウ
  10. サブユーザーの作成が正常に行われたことを確認します。ページの右上隅にある通知がポップアップ表示され、Object Gateway ユーザーが正常に更新されたことを示します。

    Object Gateway のユーザー更新通知

関連情報

8.4. オブジェクトゲートウェイのバケット機能

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用して Ceph Object Gateway バケットを表示し、管理できます。

8.4.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されている。

8.4.2. オブジェクトゲートウェイのバケットの表示

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway バケットを表示し、管理できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されている。
  • オブジェクトゲートウェイバケットが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Buckets をクリックします。

    Buckets をクリック
  4. 以下の例では、テーブルに my-bucket という名前のバケットを確認できます。

    一覧のバケット
  5. 詳細を表示するには、my-bucket の行をクリックしてバケットを選択します。

    バケットの詳細

関連情報

8.4.3. オブジェクトゲートウェイのバケットの作成

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway バケットを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されている。
  • 一時停止していないオブジェクトゲートウェイユーザーが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Buckets をクリックします。

    Buckets をクリック
  4. Create をクリックします。

    Create をクリック
  5. Name に値を入力し、一時停止していないユーザーを選択します。

    名前およびユーザーの設定
  6. Create bucket をクリックします。

    Create bucketをクリック
  7. バケットの作成が正常に行われたことを確認します。バケットが作成されたことを確認する通知が表示され、バケットはバケットのテーブルに表示されます。

    バケットが作成されていることの確認

関連情報

8.4.4. オブジェクトゲートウェイバケットの編集

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway バケットを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されている。
  • 一時停止していない Ceph Object Gateway ユーザーが作成されている。
  • Ceph Object Gateway バケットが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Buckets をクリックします。

    Buckets をクリック
  4. バケットを編集するには、その行をクリックします。

    バケット行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Edit を選択します。

    Edit をクリック
  6. EditBucket ウィンドウで、必要なパラメーターを編集して EditBucket ボタンをクリックします。

    Edit Bucket ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、バケットが正常に更新されたことを示します。

    バケット編集通知

関連情報

8.4.5. オブジェクトゲートウェイバケットの削除

ダッシュボードでは、Ceph Object Gateway バケットを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。
  • オブジェクトゲートウェイのログイン認証情報がダッシュボードに追加されている。
  • 一時停止していない Ceph Object Gateway ユーザーが作成されている。
  • Ceph Object Gateway バケットが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Object Gateway をクリックします。

    Object Gateway をクリックする
  3. Buckets をクリックします。

    Buckets をクリック
  4. バケットを削除するには、その行をクリックします。

    バケット行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Delete を選択します。

    Delete をクリック
  6. Delete Bucket ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete bucket クリックし、設定を保存します。

    Delete Bucket ウィンドウ

8.5. オブジェクトゲートウェイログイン認証情報をダッシュボードに手動で追加

Red Hat Ceph Storage Dashboard は、RADOS Gateway または RGW として知られる Ceph Object Gateway を管理できます。Ceph Object Gateway を管理するには、ダッシュボードは system フラグを使用して RGW ユーザーのログイン認証情報を使用して接続する必要があります。ceph-ansible を使用して Object Gateway をインストールすると、自動的にログイン認証情報がダッシュボードに追加されます。ログインの認証情報を手動で設定することもできます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph Object Gateway がインストールされている。

手順

  1. system フラグを有効にして RGW ユーザーの access_key および secret_key を取得します。

    • system フラグを有効にしている RGW ユーザーがない場合は、これを作成します。

      radosgw-admin user create --uid=USER_ID --display-name=DISPLAY_NAME --system

      以下に例を示します。

      [root@mon ~]# radosgw-admin user create --uid=rgw-user --display-name=RGW-user --system
      {
          "user_id": "rgw-user",
          "display_name": "RGW-user",
          "email": "",
          "suspended": 0,
          "max_buckets": 1000,
          "subusers": [],
          "keys": [
              {
                  "user": "rgw-user",
                  "access_key": "BYC5SWQQH24A2BFHS2RC",
                  "secret_key": "159d94uHK9ADiWZrGsNYWYjRXCDrhL2xVi8PO6kT"
              }
          ],
          "swift_keys": [],
          "caps": [],
          "op_mask": "read, write, delete",
          "system": "true",
          "default_placement": "",
          "default_storage_class": "",
          "placement_tags": [],
          "bucket_quota": {
              "enabled": false,
              "check_on_raw": false,
              "max_size": -1,
              "max_size_kb": 0,
              "max_objects": -1
          },
          "user_quota": {
              "enabled": false,
              "check_on_raw": false,
              "max_size": -1,
              "max_size_kb": 0,
              "max_objects": -1
          },
          "temp_url_keys": [],
          "type": "rgw",
          "mfa_ids": []
      }

      access_key および secret_key の値を書き留めます。上記の例では、access_keyBYC5SWQQH24A2BFHS2RC で、secret_key159d94uHK9ADiWZrGsNYWYjRXCDrhL2xVi8PO6kT です。

    • system フラグが有効な RGW ユーザーがすでに作成されている場合は、radosgw-admin ユーティリティーの user info コマンドを使用して認証情報を取得します。

      radosgw-admin user info --uid=USER_ID

      以下に例を示します。

      [root@mon ~]# radosgw-admin user info --uid=rgw-user
      {
          "user_id": "rgw-user",
          "display_name": "RGW-user",
          "email": "",
          "suspended": 0,
          "max_buckets": 1000,
          "subusers": [],
          "keys": [
              {
                  "user": "rgw-user",
                  "access_key": "BYC5SWQQH24A2BFHS2RC",
                  "secret_key": "159d94uHK9ADiWZrGsNYWYjRXCDrhL2xVi8PO6kT"
              }
          ],
          "swift_keys": [],
          "caps": [],
          "op_mask": "read, write, delete",
          "system": "true",
          "default_placement": "",
          "default_storage_class": "",
          "placement_tags": [],
          "bucket_quota": {
              "enabled": false,
              "check_on_raw": false,
              "max_size": -1,
              "max_size_kb": 0,
              "max_objects": -1
          },
          "user_quota": {
              "enabled": false,
              "check_on_raw": false,
              "max_size": -1,
              "max_size_kb": 0,
              "max_objects": -1
          },
          "temp_url_keys": [],
          "type": "rgw",
          "mfa_ids": []
      }

      access_key および secret_key の値を書き留めます。上記の例では、access_keyBYC5SWQQH24A2BFHS2RC で、secret_key159d94uHK9ADiWZrGsNYWYjRXCDrhL2xVi8PO6kT です。

  2. access_key および secret_key の認証情報をダッシュボードに指定します。

    1. ダッシュボードに access_key を指定します。

      ceph dashboard set-rgw-api-access-key ACCESS_KEY

      以下に例を示します。

      [root@mon ~]# ceph dashboard set-rgw-api-access-key BYC5SWQQH24A2BFHS2RC
      Option RGW_API_ACCESS_KEY updated
    2. secret_key をダッシュボードに指定します。

      ceph dashboard set-rgw-api-secret-key SECRET_KEY

      以下に例を示します。

      [root@mon ~]# ceph dashboard set-rgw-api-secret-key 159d94uHK9ADiWZrGsNYWYjRXCDrhL2xVi8PO6kT
      Option RGW_API_SECRET_KEY updated
  3. オブジェクトゲートウェイのホスト名およびポートをダッシュボードに指定します。

    1. ダッシュボードにホスト名を指定します。

      ceph dashboard set-rgw-api-host HOST_NAME

      以下に例を示します。

      [root@mon ~]# ceph dashboard set-rgw-api-host 192.168.122.193
      Option RGW_API_HOST updated
    2. ポートをダッシュボードに指定します。

      ceph dashboard set-rgw-api-port PORT

      以下に例を示します。

      [root@mon ~]# ceph dashboard set-rgw-api-port 8080
      Option RGW_API_PORT updated
  4. 必要に応じて、自己署名証明書と共に HTTPS を使用している場合は、ダッシュボードで証明書の検証を無効にして、拒否された接続を回避します。

    証明書が不明な認証局によって署名されている場合や、使用するホスト名が証明書のホスト名と一致しない場合は、拒否される接続が発生する可能性があります。

    ceph dashboard set-rgw-api-ssl-verify false

    以下に例を示します。

    [root@mon ~]# ceph dashboard set-rgw-api-ssl-verify false
    Option RGW_API_SSL_VERIFY updated

関連情報

第9章 ブロックデバイス

9.1. ブロックデバイスの概要

ダッシュボードのブロックデバイス機能により、ブロックデバイスイメージを管理および監視できます。この機能は、一般的なイメージ機能、ミラーリング機能、iSCSI 機能、およびサービスの品質設定に分けられます。たとえば、新規イメージの作成、クラスター間でミラーリングされたイメージの状態の表示、iSCSI ターゲットの管理または監視、およびイメージでの IOPS 制限の設定を行うことができます。

9.2. イメージ関数

ダッシュボードは、イメージの管理および監視に関連する複数の機能を提供します。

9.2.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

9.2.2. イメージの作成

ダッシュボードでは、イメージを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. Images タブで、Create ボタンをクリックします。

    イメージの作成
  5. CreateRBD ウィンドウで、パラメーターを入力します。

    Create image ウィンドウ
  6. 必要に応じて Advanced をクリックし、パラメーターを設定します。

    イメージの高度な設定を作成
    イメージの高度な設定パラメーターを作成
  7. CreateRBD ボタンをクリックします。

    Create RBD をクリック
  8. ページの右上隅に対する通知は、イメージが正常に作成されたことを示しています。

    イメージの作成通知

関連情報

9.2.3. イメージの表示

ダッシュボードでは、イメージを表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • イメージがクラスターにある。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. Images をクリックします。

    イメージビュー

    上記の例では、disk_1 という名前の 10 GiB イメージを確認できます。

  4. 詳細を表示するには、disk_1 の行をクリックしてイメージを選択します。

    イメージの表示の詳細

関連情報

9.2.4. イメージの編集

ダッシュボードでは、イメージを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージを編集するには、Images タブでその行をクリックします。

    イメージ行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Edit を選択します。

    Edit をクリック
  6. EditRBD ダイアログで、必要なパラメーターを編集して、EditRBD ボタンをクリックします。

    Edit Image ダイアログ
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージが正常に更新されたことを示しています。

    イメージ編集の通知

関連情報

  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage ダッシュボードガイド』「イメージの作成」セクションを参照してください。

9.2.5. イメージのコピー

ダッシュボードでは、イメージをコピーできます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージをコピーするには、Images タブでその行をクリックします。

    イメージ行をクリック
  5. Edit ドロップダウンの Copy を選択します。

    コピーをクリック
  6. CopyRBD ウィンドウで必要なパラメーターを編集して、CopyRBD ボタンをクリックします。

    Copy Image ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージが正常に更新されたことを示しています。

    イメージのコピー通知

関連情報

  • 詳細は、『Red Hat Ceph Storage ダッシュボードガイド』「イメージの作成」セクションを参照してください。

9.2.6. イメージのごみ箱への移動

ダッシュボードでは、イメージをごみ箱に移動できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージをゴミ箱に移動するには、Images タブでその行をクリックします。

    イメージ行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Move to Trash を選択します。

    トラッシュに移動するをクリック
  6. Moving an image to trash ウィンドウで、イメージが保護する必要のある日付を編集し、Move Image ボタンをクリックします。

    Move image to Trash ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知では、イメージが正常にごみ箱に移動したことが分かります。

    イメージのゴミ箱への移動通知

9.2.7. ごみ箱のパージ

ダッシュボードでは、イメージのごみ箱をパージすることができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージがゴミ箱に捨てられている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. Trash タブで、Purge Trash ボタンをクリックします。

    Purge Trash をクリック
  5. Purge Trash ウィンドウでプールを選択し、Purge Trash ボタンをクリックします。

    Purge Trash ウィンドウ
  6. ページの右上隅にある通知は、選択したプールから画像が正常に削除されたことを示しています。

    ゴミ箱からパージ通知

関連情報

9.2.8. ゴミ箱からのイメージの復元

ダッシュボードでは、ごみ箱からイメージを復元できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージがゴミ箱に捨てられている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. ゴミ箱からイメージを復元するには、Trash タブでその行をクリックします。

    Image row in Trash タブをクリック
  5. Restore ドロップダウンメニューで Restore を選択します。

    Restore 復元をクリック
  6. Restore Image ウィンドウで、イメージの名前を入力してから、Restore Image をクリックします。

    Restore from Trash ウィンドウ
  7. ページの右上隅にある通知は、イメージがゴミ箱から正常に復元されたことを示しています。

    ゴミ箱から復元通知

関連情報

  • RBD プールでのイメージ作成に関する詳しい情報は、『Red Hat Ceph Storage ダッシュボードガイド』「イメージの作成」セクションを参照してください。

9.2.9. イメージの削除

ダッシュボードでは、イメージを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージを編集するには、Images タブでその行をクリックします。

    イメージ行をクリック
  5. Edit ドロップダウンメニューで Delete を選択します。

    Delete をクリック
  6. Delete RBD ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete RBD をクリックして設定を保存します。

    イメージウィンドウを削除
  7. ページの右上隅に対する通知では、イメージが正常にごみ箱に移動したことが分かります。

    イメージの削除通知

9.2.10. イメージのスナップショットの作成

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットを作成するには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Create ドロップダウンで Create を選択します。

    イメージのスナップショットを作成
  6. CreateRBD Snapshot ダイアログでパラメーターを入力し、CreateRBD Snapshot ボタンをクリックします。

    Create snapshot of the image ダイアログ
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常に作成されたことを示しています。

    イメージ通知のスナップショットの作成

関連情報

9.2.11. イメージのスナップショットの名前変更

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットの名前を変更することができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。
  • イメージのスナップショットが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットの名前を変更するには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンメニューで、Rename を選択します。

    イメージのスナップショットの名前変更
  6. RenameRBD Snapshot ダイアログでパラメーターを入力し、RenameRBD Snapshot ボタンをクリックします。

    イメージダイアログのスナップショットの名前を変更
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常に更新されたことを示しています。

    イメージ通知のスナップショット更新

関連情報

9.2.12. イメージのスナップショットの保護

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットを保護できます。これは、スナップショットのクローンを作成する必要がある場合に必要です。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。
  • イメージのスナップショットが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットの名前を保護するには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンで Protect を選択します。

    イメージのスナップショットを保護
  6. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常に更新されたことを示しています。

    イメージ通知のスナップショット更新

関連情報

9.2.13. イメージのスナップショットのクローン作成

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットのクローンを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。
  • イメージのスナップショットが作成されます。
  • イメージのスナップショットは保護されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットを作成するには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンメニューで、Clone を選択します。

    イメージのスナップショットの名前変更
  6. CloneRBD ダイアログでパラメーターを入力し、CloneRBD ボタンをクリックします。

    Clone snapshot of the image ダイアログ
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットのクローンが正常に作成されたことを示しています。

    イメージのスナップショットのクローン通知

関連情報

9.2.14. イメージのスナップショットのコピー

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットをコピーできます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。
  • イメージのスナップショットが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットをコピーするには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンメニューで Copy を選択します。

    イメージのスナップショットのコピー
  6. CopyRBD ダイアログでパラメーターを入力し、CopyRBD ボタンをクリックします。

    イメージダイアログのスナップショットの名前を変更
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常に更新されたことを示しています。

    イメージ通知のスナップショットのコピー

関連情報

  • RBD プールの作成に関する詳細は、『Red Hat Ceph Storage ダッシュボードガイド』「プールの作成」セクションを参照してください。
  • RBD プールでのイメージ作成に関する詳しい情報は、『Red Hat Ceph Storage ダッシュボードガイド』「イメージの作成」セクションを参照してください。

9.2.15. イメージのスナップショットのロールバック

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットをロールバックできます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。
  • イメージのスナップショットが作成されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットをロールバックするには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンメニューで、Rollback を選択します。

    イメージのスナップショットのロールバック
  6. RBD snapshot rollback ウィンドウで、Rollback ボタンをクリックします。

    Rollback snapshot of the image ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常にロールバックされたことを示しています。

    イメージのスナップショットのロールバック通知

関連情報

9.2.16. イメージのスナップショットの保護解除

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットの保護を解除できます。これは、スナップショットを削除する必要がある場合に必要です。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されます。
  • イメージが作成されます。
  • イメージのスナップショットが作成されます。
  • イメージのスナップショットは保護されます。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショット名の保護を解除するには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンメニューで UnProtect を選択します。

    イメージのスナップショット保護解除
  6. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常に更新されたことを示しています。

    イメージ通知のスナップショット更新

関連情報

9.2.17. イメージのスナップショットの削除

ダッシュボードでは、Ceph ブロックデバイスイメージのスナップショットのクローンを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されている。
  • イメージが作成されている。
  • イメージのスナップショットが作成されている。
  • イメージのスナップショットは保護されていない。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Images を選択します。

    ドロップダウンからイメージを選択
  4. イメージのスナップショットを削除するには、Images タブでその行をクリックし、Snapshots タブをクリックします。

    Snapshots タブをクリック
  5. Rename ドロップダウンメニューで、Delete を選択します。

    イメージのスナップショットを削除
  6. ページの右上隅に対する通知は、イメージのスナップショットが正常に更新されたことを示しています。

    イメージのスナップショット削除通知

関連情報

9.3. ミラーリング機能

ダッシュボードでは、ミラーリング機能の管理および監視を行うことができます。

9.3.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

9.3.2. ミラーリングビュー

ダッシュボードでは、ミラーリング機能の全体的な状態を表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • ミラーリングが設定されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. Mirroring をクリックします。

    イメージビュー

    上記の例では、DaemonsPools、および Images というラベルのテーブルに分類されたミラーリング情報を確認できます。

関連情報

9.3.3. 編集モード

ダッシュボードでは、プールとイメージを含むミラーリング機能全体のモードを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されている。
  • イメージが作成されている。
  • ミラーリングが設定されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Mirroring をクリックします。

    Mirroring をクリック
  4. Pools タブで、その行をクリックします。

    行をクリック
  5. Edit Mode ドロップダウンメニューで Edit Mode を選択します。

    Edit Mode をクリック
  6. Edit Pool mirror mode ウィンドウで、ドロップダウンからモードを選択し、Update ボタンをクリックします。

    Edit Mode ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、ミラーモードが正常に更新されたことを示します。

    ミラーモード編集通知

関連情報

9.3.4. ミラーリングでピアの追加

ダッシュボードでは、「rbd-daemon」ミラーのストレージクラスターピアを追加して、そのピアストレージクラスターを検出できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されている。
  • イメージが作成されている。
  • ミラーリングが設定されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Mirroring をクリックします。

    Mirroring をクリック
  4. Pools タブで、その行をクリックします。

    行をクリック
  5. Edit Mode ドロップダウンメニューで、Add peer を選択します。

    Add peer をクリックします。
  6. Add pool mirror peer ウィンドウでパラメーターを入力し、Submit ボタンをクリックします。

    Add peer ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、ミラーピアが正常に作成されたことを示しています。

    ピアの追加通知

関連情報

9.3.5. ミラーリングのピアの編集

ダッシュボードでは、「rbd-daemon」ミラーのストレージクラスターピアを編集して、そのピアストレージクラスターを検出できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されている。
  • イメージが作成されている。
  • ミラーリングが設定されている。
  • ピアが追加されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Mirroring をクリックします。

    Mirroring をクリック
  4. Pools タブで、その行をクリックします。

    行をクリック
  5. Edit Mode ドロップダウンメニューで、Edit peer を選択します。

    Edit peer をクリック
  6. Edit pool mirror peer ウィンドウでパラメーターを編集し、Submit ボタンをクリックします。

    Edit peer ウィンドウ
  7. ページの右上隅に対する通知は、ミラーピアが正常に更新されたことを示しています。

    ピアの編集通知

関連情報

9.3.6. ミラーリングでピアの削除

ダッシュボードでは、「rbd-daemon」ミラーのストレージクラスターピアを編集して、そのピアストレージクラスターを検出できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • rbd アプリケーションが有効になっているプールが作成されている。
  • イメージが作成されている。
  • ミラーリングが設定されている。
  • ピアが追加されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。

    Block をクリック
  3. ドロップダウンから Mirroring をクリックします。

    Mirroring をクリック
  4. Pools タブで、その行をクリックします。

    行をクリック
  5. Edit Mode ドロップダウンメニューで、Delete peer を 選択します。

    Delete peer をクリック
  6. Delete mirror peer ダイアログウィンドウで Yes, I am sure ボックスをクリックして Delete mirror peer クリックし、設定を保存します。

    イメージウィンドウを削除
  7. ページの右上隅に対する通知では、イメージが正常にごみ箱に移動したことが分かります。

    ピアの削除通知

関連情報

9.4. iSCSI 関数

ダッシュボードでは、iSCSI イメージおよびターゲットを管理および監視できます。ダッシュボードを使用して iSCSI イメージおよびターゲットを管理および監視する前に、ゲートウェイを追加してダッシュボードの iSCSI 機能を有効化する必要があります。

9.4.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイが ダッシュボードに追加 されている。

9.4.2. Dashboard への iSCSI ゲートウェイの手動追加

Red Hat Ceph Storage Dashboard は、Ceph iSCSI Gateway の rbd-target-api サービスによって提供される REST API を使用して iSCSI ターゲットを管理できます。ダッシュボードがこれにアクセスする前に、API アドレスをダッシュボードに追加する必要があります。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイがインストールされている。
重要

Ceph iSCSI ゲートウェイには、高可用性を提供するためにゲートウェイが 2 つ必要です。

手順

  1. Monitor ノードにログインします。
  2. 必要に応じて、iSCSI ゲートウェイの REST API が自己署名証明書を使用して HTTPS モードで設定されている場合は、API へのアクセス時の SSL 証明書の検証を回避するようにダッシュボードを設定する必要があります。以下のコマンドを実行して SSL 検証を無効にします。

    # ceph dashboard set-iscsi-api-ssl-verification false

    以下に例を示します。

    [root@mon ~]# ceph dashboard set-iscsi-api-ssl-verification false
    Option ISCSI_API_SSL_VERIFICATION updated
  3. ダッシュボードに、少なくとも 2 つあるゲートウェイの最初のものを追加します。

    # ceph dashboard iscsi-gateway-add SCHEME :// USERNAME : PASSWORD @ HOST [: PORT ]

    以下に例を示します。

    [root@mon ~]# ceph dashboard iscsi-gateway-add http://admin:admin@192.168.122.157:5000
    Success
    注記

    iSCSI ターゲットの設定 時に USERNAME および PASSWORD が設定されていました。認証情報は、iSCSI ゲートウェイノードの iscsi-gateway.cfg ファイルから取得できます。

  4. ダッシュボードに、少なくとも 2 つあるゲートウェイの 2 つ目のものを追加します。

    # ceph dashboard iscsi-gateway-add SCHEME :// USERNAME : PASSWORD @ HOST [: PORT ]

    以下に例を示します。

    [root@mon ~]# ceph dashboard iscsi-gateway-add http://admin:admin@192.168.122.193:5000
    Success
    注記

    iSCSI ターゲットの設定 時に USERNAME および PASSWORD が設定されていました。認証情報は、iSCSI ゲートウェイノードの iscsi-gateway.cfg ファイルから取得できます。

  5. ゲートウェイが正しく追加されたことを確認します。

    # ceph dashboard iscsi-gateway-list

    以下に例を示します。

    [root@mon ~]# ceph dashboard iscsi-gateway-list
    {"gateways": {"jb-ceph4-rgw": {"service_url": "http://admin:admin@192.168.122.193:5000"}, "jb-ceph4-osd1": {"service_url": "http://admin:admin@192.168.122.157:5000"}}}
  6. 必要に応じて、間違えてゲートウェイを追加した場合は、iscsi-gateway-list コマンドで説明されているようにホスト名を指定することでゲートウェイを削除できます。

    # ceph dashboard iscsi-gateway-rm GATEWAY_NAME

    以下に例を示します。

    [root@mon ~]# ceph dashboard iscsi-gateway-rm jb-ceph4-rgw
    Success

関連情報

9.4.3. iSCSI の概要

ダッシュボードでは、iSCSI 経由でエクスポートされた iSCSI ゲートウェイホストおよびイメージを表示する概要が提供されています。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイがインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI の概要

関連情報

9.4.4. iSCSI ターゲットの作成

ダッシュボードでは iSCSI ターゲットを作成できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイが、少なくとも 2 つのゲートウェイと共にインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI の概要
  4. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    iSCSI ターゲット
  5. ページの左上隅にある Add ボタンをクリックします。

    ターゲットの初期ビューの作成
  6. 必要に応じて、ターゲット IQN を変更します。

    ターゲット IQN の変更
  7. 必要に応じて、ターゲットの詳細設定を設定します。

    1. 歯車をクリックして、ターゲットの詳細設定を設定します。

      ターゲット IQN の詳細設定用の歯車
    2. Advanced Settings ダイアログウィンドウに詳細設定を設定します。

      ターゲット IQN の詳細設定
    3. Confirm をクリックして設定を保存します。
  8. Add portal ボタンをクリックし、2 つ以上のゲートウェイの最初のゲートウェイを選択します。

    ポータルを 1 つ追加
  9. Add portal ボタンをクリックし、2 つ以上のゲートウェイの 2 番目のゲートウェイを選択します。

    ゲートウェイの追加

    追加のゲートウェイに対してこの手順を繰り返します。

  10. Add image ボタンをクリックして、ターゲットによってエクスポートされるイメージを選択します。

    イメージの追加

    追加のイメージに対してこの手順を繰り返します。

  11. 必要に応じて、イメージを変更します。

    1. イメージの右側にある歯車をクリックします。

      イメージ設定用の歯車
    2. Configure ダイアログウィンドウでイメージ設定を変更します。

      イメージの設定
    3. Confirm をクリックして設定を保存します。
  12. ACL authentication ボックスをクリックし、Add initiator ボタンをクリックします。

    ACL 認証およびイニシエーターの追加
  13. 最初のテキストボックスに、クライアントの IQN を入力します。

    クライアント IQN

    イニシエーターソフトウェアが実行されるシステムからクライアント IQN を取得します。詳細は、『ブロックデバイスガイド』「iSCSI イニシエーターの設定」を参照してください。

  14. ターゲットのユーザー名およびパスワードの詳細を入力します。

    イニシエーターユーザー名およびパスワードの追加
  15. Add image をクリックして、イメージを選択します。

    イメージの追加

    追加のイメージに対してこの手順を繰り返します。

  16. Create Target ボタンをクリックして手順を完了します。

    Create Target ボタン
  17. Targets ページで検索して、ターゲットが追加されたことを確認します。

    Targets ページを見つけるには、『ダッシュボードガイド』「iSCSI ターゲットの表示」の手順に従います。

関連情報

9.4.5. iSCSI ターゲットの表示

ダッシュボードでは、iSCSI ターゲットを表示できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイがインストールされている。
  • iSCSI ターゲットが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックし、iSCSI をクリックします。

    ブロックをクリックしてから iSCSI をクリック
  3. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    ターゲットをクリック
  4. ターゲットの詳細を表示するには、その行をクリックします。

    ターゲット行をクリック
  5. イニシエーターがログインしているかどうかを含め、iSCSI トポロジーを確認できます。

    iSCSI トポロジー
  6. オブジェクトをクリックして、その詳細情報を表示します。

    ターゲット IQN の詳細

    注記: クリックすると、一部のオブジェクトのみが詳細情報を表示します。

関連情報

9.4.6. iSCSI ターゲットの編集

ダッシュボードでは、iSCSI ターゲットを編集できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイが、少なくとも 2 つのゲートウェイと共にインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。
  • iSCSI ターゲットが作成されている。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI の概要
  4. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    ターゲットをクリック
  5. ターゲットを編集するには、その行をクリックします。

    ターゲット行をクリック
  6. ページの左上隅にある Edit ボタンをクリックします。

    ターゲット初期ビューの編集
  7. パラメーターを編集し、Edit Target ボタンをクリックします。

    Edit target ウィンドウ
  8. Targets ページで検索して、ターゲットが編集されたことを確認します。

    Targets ページを見つけるには、『ダッシュボードガイド』「iSCSI ターゲットの表示」の手順に従います。

関連情報

9.4.7. iSCSI ターゲットの削除

ダッシュボードでは、iSCSI ターゲットを削除できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイが、少なくとも 2 つのゲートウェイと共にインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。
  • iSCSI ターゲットが作成されている。
  • すべての iSCSI イニシエーターを切断します。「iSCSI イニシエーターの切断」を参照してください。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI の概要
  4. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    ターゲットをクリック
  5. ターゲットを削除するには、その行をクリックします。

    ターゲット行をクリック
  6. ページの左上隅にある Edit ドロップダウンをクリックします。
  7. ドロップダウンから Delete を選択します。

    ターゲットの初期ビューの削除
  8. Yes, I am sure ボックスをクリックし Delete iSCSI をクリックして設定を保存します。

    Delete iSCSI ウィンドウ

関連情報

9.4.8. 検出認証の設定

ダッシュボードは、CHAP/CHAP_MUTUAL を使用した検出認証を許可します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • Ceph iSCSI ゲートウェイが、少なくとも 2 つのゲートウェイと共にインストールされている。
  • iSCSI ゲートウェイがダッシュボードに追加されている。
  • ダッシュボードの iSCSI 機能が有効になっている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. Dashboard にログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックします。
  3. iSCSI をクリックします。

    iSCSI の概要
  4. ページの左上隅にある Targets タブをクリックします。

    iSCSI ターゲット
  5. ページの左上隅にある Discovery authentication ボタンをクリックします。

    検出認証
  6. Discovery Authentication ウィンドウで詳細を指定し、Submit ボタンをクリックします。

    Discovery Authentication ウィンドウ

9.5. サービス品質の設定

ストレージ管理者は、サービス品質 (QoS) 制限を使用して、プールまたはイメージのパフォーマンスに優先順位を付けたり、優先順位を下げたりして、すべてのイメージが特定のビジネスニーズを満たすために必要なリソースを取得できるようにすることができます。

9.5.1. 前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。

9.5.2. 既存イメージでのサービス品質の設定

ストレージ管理者は、サービス品質 (QoS) の制限を使用して、既存イメージのパフォーマンスを優先順位を付けたり、優先順位を下げることができます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。
  • 既存のイメージ。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックし、Images をクリックします。

    Block をクリックしてイメージをクリック
  3. イメージの行をクリックして、編集するイメージを選択します。

    イメージを選択
  4. Edit ボタンをクリックします。

    編集ボタンをクリック
  5. ダイアログの右下隅にある Advanced をクリックします。

    Advanced... をクリック
  6. Quality of Service の横にあるプラス記号をクリックして、QoS 設定を開きます。

    QoS 設定を開く
  7. 必要に応じて、個々の設定の横にあるクエスチョンマークをクリックして、その詳細を確認します。

    クエスチョンマークをクリック
  8. 変更する QoS 設定の値を入力または編集します。

    QoS 設定の値を入力
  9. 必要に応じて、設定の消しゴム記号をクリックしてローカル値を削除し、親のプールまたはグローバル設定から値を継承します。

    消しゴム記号をクリックして、ローカル値を削除

    設定のフィールドは無効になっているため、親から値を継承していることが示されます。

    フィールドが無効になっている
  10. 編集 ボタンをクリックして変更を保存します。

    変更を保存します。

9.5.3. 既存のプールでのサービス品質の設定

ストレージ管理者は、既存のプールでサービス品質 (QoS) を設定できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    Click Pools.

  3. RBD アプリケーションを持つ複製されたプールの行をクリックし、編集のために選択します。

    プールを選択
  4. Edit ボタンをクリックします。

    編集ボタンをクリック
  5. Quality of Service の横にあるプラス記号をクリックして、QoS 設定を開きます。

    QoS 設定を開く
  6. 必要に応じて、個々の設定の横にあるクエスチョンマークをクリックして、その詳細を確認します。

    クエスチョンマークをクリック
  7. 変更する QoS 設定の値を入力または編集します。

    QoS 設定の値を入力
  8. 必要に応じて、設定の消しゴム記号をクリックしてローカル値を削除し、親グローバル設定から値を継承します。

    消しゴム記号をクリックして、ローカル値を削除

    設定のフィールドは無効になっているため、親から値を継承していることが示されます。

    フィールドが無効になっている
  9. 編集 ボタンをクリックして変更を保存します。

    変更を保存します。

9.5.4. イメージ作成時のサービス品質の設定

ストレージ管理者は、イメージの作成時にサービス品質 (QoS) の制限を設定できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで Block をクリックし、Images をクリックします。

    Block をクリックしてイメージをクリック
  3. Create ボタンをクリックします。

    Create ボタンをクリック
  4. 1 に名前を設定し、2 にプールを設定し、3 にサイズを設定して、4Advanced をクリックします。

    基本的なイメージを設定
  5. Quality of Service の横にあるプラス記号をクリックして、QoS 設定を開きます。

    QoS 設定を開く
  6. 必要に応じて、個々の設定の横にあるクエスチョンマークをクリックして、その詳細を確認します。

    クエスチョンマークをクリック
  7. 変更する QoS 設定の値を入力または編集します。

    QoS 設定の値を入力
  8. 必要に応じて、設定の消しゴム記号をクリックしてローカル値を削除し、親のローカル設定から値を継承します。

    消しゴム記号をクリックして、ローカル値を削除

    設定のフィールドは無効になっているため、親から値を継承していることが示されます。

    フィールドが無効になっている
  9. Create RBD ボタンをクリックします。

    イメージを作成

9.5.5. プール作成時のサービス品質の設定

ストレージ管理者は、プールの作成時にサービス品質 (QoS) を設定できます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Dashboard がインストールされている。
  • RBD アプリケーションが有効になっている複製されたプール。
  • RBD アプリケーションが有効になっているイレイジャーコーディングされたプール。

手順

  1. ダッシュボードにログインします。
  2. ナビゲーションバーで、Pools をクリックします。

    プールをクリック
  3. ページの左上隅にある Create ボタンをクリックします。

    Create ボタンをクリック
  4. ダイアログボックスで、1 にプール名を設定して、2 にプールのタイプを erasure に設定します。3 に配置グループの数を設定し、4EC Overwrites を有効にします。5rbd アプリケーションを設定し、最後に 6Create Pool をクリックします。

    EC RBD プールを作成
  5. 別のプールを作成しますが、今回はその種別を replicated に設定します。

    複製されたプールを作成
  6. Quality of Service の横にあるプラス記号をクリックして、QoS 設定を開きます。

    QoS 設定を開く
  7. 必要に応じて、個々の設定の横にあるクエスチョンマークをクリックして、その詳細を確認します。

    クエスチョンマークをクリック
  8. 変更する QoS 設定の値を入力または編集します。

    QoS 設定の値を入力
  9. 必要に応じて、設定の消しゴム記号をクリックしてローカル値を削除し、親グローバル設定から値を継承します。

    消しゴム記号をクリックして、ローカル値を削除

    設定のフィールドは無効になっているため、親から値を継承していることが示されます。

    フィールドが無効になっている
  10. Create Pool ボタンをクリックします。

    プールを作成

9.5.6. 関連情報

付録A トラブルシューティング

本項では、ダッシュボードを使用した際の複数のトラブルシューティングシナリオを説明します。

A.1. ダッシュボードの応答が遅い

ダッシュボードの応答が遅い場合には、ブラウザーキャッシュをクリアし、ダッシュボードを再読み込みします。

A.2. ダッシュボードでサービスがダウンしたことを示す

ダッシュボードはクラスターのレプリカのみになります。サービスが停止している場合は、ノードで実行している node-exporter で収集される情報がダッシュボードに表示されるので、ノードでサービスのステータスを確認します。この問題は、クラスター、設定、またはネットワークで発生している可能性があります。

A.3. Dashboard でのタスク障害

ダッシュボードでいずれかのタスクを実行しても、障害が発生した場合には、それぞれの Ceph デーモンを確認してください。詳細は、『トラブルシューティングガイド』を参照してください。

A.4. イメージを表示できない

イメージは、そのイメージにあるプールの RBD アプリケーションが有効にされている場合に限り、Block > Images に表示されます。

RBD アプリケーションが有効になっている
イメージが表示可能

関連情報

詳細は、『トラブルシューティングガイド』を参照してください。

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.