第3章 新機能

本項では、今回の Red Hat Ceph Storage リリースで導入された主要な更新、機能拡張、および新機能をすべて取り上げます。

このリリースによって追加される主な機能は以下のとおりです。

3.1. ceph-ansible ユーティリティー

ceph-disk で作成された Ceph OSD は、アップグレード時に ceph-volume に移行されます。

Red Hat Ceph Storage 4 にアップグレードする場合、このリリースでは ceph-disk ユーティリティーで作成された実行中の Ceph OSD はすべて ceph-volume ユーティリティーに移行され ます。

Red Hat Ceph Storage のベアメタルおよびコンテナーデプロイメントの場合、ceph-volume ユーティリティーは簡単なスキャンを実行し、ceph-disk ユーティリティーによってデプロイされた既存の Ceph OSD を引き継ぎます。また、後続のデプロイメントでは、これらの移行したデバイスを設定として使用しないでください。アップグレードプロセス中に新しい Ceph OSD を作成することはできない点に注意してください。

アップグレード後、ceph- disk で作成したすべての Ceph OSD が ceph- volume により作成されるすべての Ceph OSD を起動し、操作します。

すべての Ceph サービスをスケーリングするための Ansible Playbook

以前のリリースでは、ceph-ansible Playbook は、モニターや OSD などのコア Ceph 製品にのみ、スケールアップおよびスケールダウンの機能のみを提供していました。今回の更新により、追加の Ansible Playbook により、すべての Ceph サービスのスケーリングが可能になりました。

Ceph iSCSI パッケージが 1 つのパッケージに統合

ceph-iscsi-cli パッケージおよび ceph- iscsi-config パッケージが、ceph-iscsi という名前の 1 つのパッケージに統合されました。

nfs-ganesha サービスがスタンドアロンデプロイメントとしてサポートされるようになりました。

Red Hat Openstack Directory(OSPd)では、ceph-ansible ユーティリティーが nfs-ganesha サービスをデプロイできるようにして、これを外部、アンマネージ、既存の Ceph クラスターを参照するように設定する必要があります。Red Hat Ceph Storage 4 の時点で、ceph-ansible では、外部の Ceph クラスターを使用して内部の nfs-ganesha サービスをデプロイすることができます。

Ceph コンテナーが、それぞれのデーモンファイルにログを作成できるようになりました。

以前の方法でコンテナー化された Ceph 環境へのロギングでは、sosreport コレクションを使用してログデータを確認する際に journalctl の出力を制限することができませんでした。今回のリリースで、以下のコマンドを使用して、特定の Ceph デーモンに対してロギングを有効または無効にできるようになりました。

ceph config set daemon.id log_to_file true

daemon はデーモン のタイプで、id はその ID です。たとえば、ID mon0 の Monitor デーモンのログを有効にするには、次のコマンドを実行します。

ceph config set mon.mon0 log_to_file true

この新機能により、デバッグが容易になります。

TLS 暗号化を使用するように Ceph Object Gateway を設定する機能

Red Hat Ceph Storage の本リリースでは、radosgw_frontend_ssl_certificate 変数を使用して TCP(Transmission Control Protocol)トラフィックのセキュリティーを保護することで、TLS 暗号化の SSL 証明書 で Ceph Object Gateway リスナーを設定する機能が提供されます。

OSD を FileStore から BlueStore に移行する Ansible Playbook

OSD を FileStore から BlueStore に移行するために、新しい Ansible Playbook が追加されました。Red Hat Ceph Storage 4 へのアップグレードプロセスの一環として、オブジェクトストアの移行は行われません。アップグレードの完了後に移行を行います。詳細は、『 Red Hat Ceph Storage Administration Guide』の「 How to migrate the object store from FileStore to BlueStore 」セクションを参照してください