3.3. Ceph File System

ceph -w が CephFS スクラビングについての情報を表示

以前のリリースでは、メタデータサーバー(MDS)ログをチェックする以外に、継続中の Ceph File System(CephFS)のステータスを確認することができませんでした。今回の更新により、ceph -w コマンドが、ステータスをよりよく理解できるように、アクティブな CephFS スクラビングについての情報を表示するようになりました。

CephFS エクスポートを管理するためのceph-mgr ボリュームモジュール

本リリースでは、Ceph File System(CephFS)のエクスポートを管理する Ceph Manager(ceph-mgr)ボリュームモジュールが提供されます。ボリュームモジュールは、以下のファイルシステムのエクスポート抽象化を実装します。

  • fs ボリューム、CephFS ファイルシステムの抽象化
  • fs サブボリューム(独立した CephFS ディレクトリーツリーの抽象化)
  • fs サブボリュームグループ。FS サブボリュームよりも高いディレクトリーの抽象化により、ファイルのレイアウトなどのポリシーがサブボリュームセット全体に影響を与えます。

さらに、これらの新しいコマンドがサポートされるようになりました。

  • サブボリュームを一覧表示する fs サブボリューム
  • サブボリュームグループを一覧表示する fs サブボリュームグループ
  • サブボリュームのスナップショットを一覧表示する fs サブボリュームスナップショットの ls
  • fs サブボリュームグループのスナップショットを一覧 表示するための fs サブボリュームスナップショットのスナップショット
  • スナップショットを削除するための fs サブボリューム