Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Ceph Storage

5.3. 上書きによるイレイジャーコーディング(テクノロジープレビュー)

デフォルトでは、イレイジャーコーディングのプールは Ceph Object Gateway でのみ機能します。これにより、全オブジェクト書き込みを実行し、追記します。Red Hat Ceph Storage 3 では、イレイジャーコード化されたプールの部分的な書き込みをプールごとに有効にできます。

上書きによるイレイジャーコードプールを使用すると、Ceph のブロックデバイスと CephFS は、イレイジャーコードプールにデータを保存できます。

構文

ceph osd pool set <erasure_coded_pool_name> allow_ec_overwrites true

$ ceph osd pool set ec_pool allow_ec_overwrites true

上書きによるイレイジャーコードプールを有効にすることで、BlueStore OSD を使用するプールにしか存在できません。BlueStore のチェックサムは、ディレップスクラブ中にビットロットやその他の破損を検出するために使用されます。イレイジャーコードによる FileStore の使用は安全でないため、BlueStore と比較してパフォーマンスが低下します。

イレイジャーコードプールは omap をサポートしません。Ceph Block Devices および CephFS で元号のコードプールを使用するには、イレイジャーコードプールにデータを、複製プールにメタデータを保存します。

Ceph ブロックデバイスの場合は、イメージの作成時に --data-pool オプションを使用します。

構文

rbd create --size <image_size>M|G|T --data-pool <erasure_coded_pool_name> <replicated_pool_name>/<image_name>

$ rbd create --size 1G --data-pool ec_pool rep_pool/image01

CephFS にイレイジャーコードプールを使用している場合には、ファイルレイアウトで上書きを設定する必要があります。