Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Ceph Storage

2.9. CRUSH マップの設定

通常、Ceph CLI を使用してランタイム時に CRUSH マップを変更すると、CRUSH マップを手動で編集する場合よりも便利です。ただし、デフォルトのバケットタイプの変更や straw 以外のバケットアルゴリズムの使用など、編集を選択できます。

既存の CRUSH マップを編集するには、以下を実行します。

  1. CRUSH マップを取得します
  2. CRUSH マップを 逆コンパイル します。
  3. 1 つ以上のデバイスおよびバケットおよびルールを編集します。
  4. CRUSH マップを 再コンパイル します。
  5. CRUSH マップを設定します

特定のプールの CRUSH マップルールを有効にするには、共通ルール番号を特定し、プールの作成時にそのプールのルール番号を指定します。

2.9.1. CRUSH マップの取得

クラスターの CRUSH マップを取得するには、以下を実行します。

ceph osd getcrushmap -o {compiled-crushmap-filename}

Ceph は、コンパイルされた CRUSH マップを指定したファイル名に出力 (-o) します。CRUSH マップはコンパイルフォームにあるため、これを編集する前に先にコンパイルする必要があります。