Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Ceph Storage

2.10. CRUSH ストレージストラテジーの例

大規模なハードドライブがサポートするほとんどのプールを OSD に指定するとします。ただし、高速ソリッドステートドライブ (SSD) がサポートする OSD にマッピングされているプールもあります。CRUSH は、これらのシナリオを容易に処理できます。

RHCS 2 およびそれ以前

RHCS 2 以前では、同じ CRUSH マップ内に複数の独立した CRUSH 階層を持つことで、異なるパフォーマンスドメインを反映させることができます。ハードディスク (例: "root platter" など) と SSD 用 ("root ssd" など) の 2 つの異なるルートノードを持つ階層を 2 つ定義します。以下に例を示します。

device 0 osd.0
device 1 osd.1
device 2 osd.2
device 3 osd.3
device 4 osd.4
device 5 osd.5
device 6 osd.6
device 7 osd.7

  host ceph-osd-ssd-server-1 {
      id -1
      alg straw
      hash 0
      item osd.0 weight 1.00
      item osd.1 weight 1.00
  }

  host ceph-osd-ssd-server-2 {
      id -2
      alg straw
      hash 0
      item osd.2 weight 1.00
      item osd.3 weight 1.00
  }

  host ceph-osd-platter-server-1 {
      id -3
      alg straw
      hash 0
      item osd.4 weight 1.00
      item osd.5 weight 1.00
  }

  host ceph-osd-platter-server-2 {
      id -4
      alg straw
      hash 0
      item osd.6 weight 1.00
      item osd.7 weight 1.00
  }

  root platter {
      id -5
      alg straw
      hash 0
      item ceph-osd-platter-server-1 weight 2.00
      item ceph-osd-platter-server-2 weight 2.00
  }

  root ssd {
      id -6
      alg straw
      hash 0
      item ceph-osd-ssd-server-1 weight 2.00
      item ceph-osd-ssd-server-2 weight 2.00
  }

  rule data {
      ruleset 0
      type replicated
      min_size 2
      max_size 2
      step take platter
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }

  rule metadata {
      ruleset 1
      type replicated
      min_size 0
      max_size 10
      step take platter
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }

  rule rbd {
      ruleset 2
      type replicated
      min_size 0
      max_size 10
      step take platter
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }

  rule platter {
      ruleset 3
      type replicated
      min_size 0
      max_size 10
      step take platter
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }

  rule ssd {
      ruleset 4
      type replicated
      min_size 0
      max_size 4
      step take ssd
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }

  rule ssd-primary {
      ruleset 5
      type replicated
      min_size 5
      max_size 10
      step take ssd
      step chooseleaf firstn 1 type host
      step emit
      step take platter
      step chooseleaf firstn -1 type host
      step emit
  }

続いて、以下のコマンドを実行して、SSD ルールを使用するようにプールを設定できます。

ceph osd pool set <poolname> crush_ruleset 4
注記
Red Hat は、RHCS 3 以降のリリースの ruleset 設定および crush_ruleset 設定をサポートしません。

SSD プールは、高速ストレージプールとして機能することができます。同様に、ssd-primary ルールを使用して、プール内の各配置グループを、プライマリーとして SSD を使用し、レプリカとしてプラッターを使用して配置することができます。

RHCS 3 以降

RHCS 3 以降では、デバイスクラスを使用します。このプロセスは、各デバイスにクラスを追加するのがはるかに簡単です。以下に例を示します。

# ceph osd crush set-device-class <class> <osdId> [<osdId>]
# ceph osd crush set-device-class hdd osd.0 osd.1 osd.4 osd.5
# ceph osd crush set-device-class ssd osd.2 osd.3 osd.6 osd.7

次に、デバイスを使用するルールを作成します。

# ceph osd crush rule create-replicated <rule-name> <root> <failure-domain-type> <device-class>:
# ceph osd crush rule create-replicated cold default host hdd
# ceph osd crush rule create-replicated hot default host ssd

最後に、ルールを使用するようにプールを設定します。

ceph osd pool set <poolname> crush_rule <rule-name>
ceph osd pool set cold crush_rule hdd
ceph osd pool set hot crush_rule ssd

1 つの階層が複数のデバイスのクラスに対応できるため、CRUSH マップを手動で編集する必要はありません。RHCS 2 の例と比較すると、デバイスクラスを使用する場合、CRUSH マップは RHCS 3 でもはるかに簡単です。

device 0 osd.0 class hdd
device 1 osd.1 class hdd
device 2 osd.2 class ssd
device 3 osd.3 class ssd
device 4 osd.4 class hdd
device 5 osd.5 class hdd
device 6 osd.6 class ssd
device 7 osd.7 class ssd

  host ceph-osd-server-1 {
      id -1
      alg straw
      hash 0
      item osd.0 weight 1.00
      item osd.1 weight 1.00
      item osd.2 weight 1.00
      item osd.3 weight 1.00
  }

  host ceph-osd-server-2 {
      id -2
      alg straw
      hash 0
      item osd.4 weight 1.00
      item osd.5 weight 1.00
      item osd.6 weight 1.00
      item osd.7 weight 1.00
  }

  root default {
      id -3
      alg straw
      hash 0
      item ceph-osd-server-1 weight 4.00
      item ceph-osd-server-2 weight 4.00
  }


  rule cold {
      ruleset 0
      type replicated
      min_size 2
      max_size 11
      step take default class hdd
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }


  rule hot {
      ruleset 1
      type replicated
      min_size 2
      max_size 11
      step take default class ssd
      step chooseleaf firstn 0 type host
      step emit
  }