Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Ceph Storage

3.4. Nova の設定

すべての nova-compute ノードで、Ceph 設定ファイルを編集して Nova の一時バックエンドを設定し、すべての仮想マシンを Ceph に直接ブートします。

  1. Ceph 設定ファイルを開きます。

    # vim /etc/ceph/ceph.conf
  2. 以下のセクションを Ceph 設定ファイルの [client] セクションに追加します。

    [client]
    rbd cache = true
    rbd cache writethrough until flush = true
    rbd concurrent management ops = 20
    admin socket = /var/run/ceph/guests/$cluster-$type.$id.$pid.$cctid.asok
    log file = /var/log/ceph/qemu-guest-$pid.log
  3. 管理ソケットおよびログファイルのディレクトリーを作成し、qemu ユーザーおよび libvirtd グループを使用するようにパーミッションを変更します。

    mkdir -p /var/run/ceph/guests/ /var/log/ceph/
    chown qemu:libvirt /var/run/ceph/guests /var/log/ceph/
    注記

    ディレクトリーは SELinux または AppArmor が許可している必要があります。

すべての nova-compute ノードで、[libvirt] セクションの下にある /etc/nova/nova.conf ファイルを編集し、以下の設定を行います。

[libvirt]
images_type = rbd
images_rbd_pool = vms
images_rbd_ceph_conf = /etc/ceph/ceph.conf
rbd_user = cinder
rbd_secret_uuid = 4b5fd580-360c-4f8c-abb5-c83bb9a3f964
disk_cachemodes="network=writeback"
inject_password = false
inject_key = false
inject_partition = -2
live_migration_flag="VIR_MIGRATE_UNDEFINE_SOURCE,VIR_MIGRATE_PEER2PEER,VIR_MIGRATE_LIVE,VIR_MIGRATE_PERSIST_DEST,VIR_MIGRATE_TUNNELLED"
hw_disk_discard = unmap

Ceph 設定ファイルが /etc/ceph/ceph.conf ではない場合は、正しいパスを指定します。rbd_user_secret の UUID は、uuid-secret.txt ファイルの UUID に置き換えます。