第1章 Red Hat build of OpenJDK の概要

Red Hat build of OpenJDK は、Java Platform の無料でオープンソースの実装 (Java SE) です。これは、アップストリームの OpenJDK 8u、OpenJDK 11u、および OpenJDK 17u プロジェクトをベースとしており、すべてのバージョンに、Shennandoah Galbage Collector が含まれています。

  • マルチプラットフォーム: Red Hat build of OpenJDK が Windows および RHEL でサポートされるようになりました。これは、デスクトップ、データセンター、およびハイブリッドクラウド全体で単一の Java プラットフォームを標準化するのに役立ちます。
  • 頻繁なリリース: Red Hat は、Red Hat build of OpenJDK 8、Red Hat build of OpenJDK 11、および Red Hat build of OpenJDK 17 ディストリビューションに対して、JRE および JDK の四半期の更新を提供します。これらは rpm、portables、msizip ファイル、およびコンテナーとして利用できます。
  • 長期サポート: Red Hat は、最近リリースされた Red Hat build of OpenJDK 8、Red Hat build of OpenJDK 11、および Red Hat build of OpenJDK 17 ディストリビューションをサポートします。サポートライフサイクルの詳細は、OpenJDK のライフサイクルおよびサポートポリシー を参照してください。
  • Java Web Start: Red Hat build of OpenJDK は、RHEL 用の Java Web Start をサポートします。