第1章 OpenShift 用 source-to-image の概要

OpenShift Container Platform は、アプリケーションをビルドして実行する Source-to-Image (S2I) プロセスを提供します。ビルダーイメージ (JBoss EAP などのテクノロジーイメージ) にアプリケーションのソースコードを関連付けることができます。S2I プロセスは、アプリケーションをビルドし、ビルダーイメージの上に階層化してアプリケーションイメージを作成します。アプリケーションイメージのビルド後に、これを OpenShift 内の 統合レジストリー にプッシュするか、スタンドアロンレジストリー にプッシュできます。

S2I for OpenShift を使用すると、OpenShift のコンテナー化されたイメージ内に jat-jarflat classpath などの基本的な Java アプリケーションをビルドし、実行できます。

1.1. イメージストリームの定義

デフォルトでは、Red Hat OpenShift Container Platform には、Red Hat OpenJDK コンテナーイメージなどのイメージストリームが含まれています。

イメージストリーム定義を新しい namespace にインポートするか、再作成できます。これらのイメージストリームテンプレートには、openjdk GitHub ページからアクセスできます。

Red Hat OpenShift Container Platform にはイメージストリームとして java が含まれており、コンテナーイメージの最新バージョンを使用します。このイメージストリームには次のタグが含まれています。

  • :最新 の OpenJDK バージョンをサポートする最新の Red Hat ビルドを提供します。このタグは、このイメージストリームの更新を追跡します。
  • :11。最新の JDK 11 イメージを提供します。
  • :8。最新の JDK 8 イメージを提供します。

以前のイメージストリームとそのタグは、RHEL Universal Base Image (UBI) の最新バージョンに基づいています。

注記

特定の RHEL または Red Hat ビルドの OpenJDK バージョンを選択する場合は、openjdk-X-ubiY 形式のタグを選択します。X は OpenJDK バージョンの Red Hat ビルドを、Y は RHEL バージョンを指します。

次の例は、このの形式に従うタグを示しています。

  • openjdk-8-ubi8
  • openjdk-11-ubi8
  • openjdk-17-ubi8

最新のコンテナーイメージバージョンを正確に追跡するために、特定のイメージストリームが存在します。これらのイメージストリームは ubiX-openjdk-Y 形式に従います。ここで、X は RHEL UBI バージョンを、Y は OpenJDK バージョンを指定します。次の例は、この形式に従うイメージストリームを示しています。

  • ubi8-openjdk-8
  • ubi8-openjdk-11
  • ubi8-openjdk-17

これらのイメージストリームのタグは、1.111.12 などのイメージバージョンに直接マップされます。

関連情報